途切れた夢のつづき

1日目のトーナメントを1勝2敗ながら得失点差で何とか2位通過で乗り切り、2日目は1、2位トーナメント。

その1試合目、好ゲームを演じ2-2としながら、PK戦で敗退。

一応トロフィーに繋がるフレンドリーマッチ。

その相手。見覚えのある相手。

 

s-449D4487

 

まあ、子供らにそういった意識は全くない。

リベンジなんて思っている訳でもない。

でも、負けて欲しくない。

そういう試合。

夢が醒める直前の相手。

 

 

続きを読む

かもめはカモメ

この時期の恒例、琵琶湖岸にたたずむゆりかもめ。

奇しくも、蓮の花と同じ場所。

 

s-P1040421

 

うーん。

こっち向けよ。

 

 

続きを読む

完結の向こう側

遂に完結。

 

s-P1040431

 

ブログで振り返ってみる。

大人の作法」でコレクトの開始を告知したのは、2015年の3月。3年弱前。

経過」にて中間報告。この時点では第一弾の30個のコンプリートがゴールで、20個時点での報告。まだ、通常の購入方法に頼っている様子。

コンプリートのその先」において、第一弾のコンプリートを宣言。

コンプリート」において、第三弾までのコンプリートを報告したうえで、その先の不安を露呈。この時の主戦場はヤフオク!

アンディーの増長」と「アンディーの逆襲」で発展、展開。

そして、「モンローの完結」で、残り3個で完結の途中経過を告げたのが2017年の10月。

その時は完結の目処として今年度末を提示していた。

 

 

続きを読む

アンチの正体

毎年のように繰り返される憂鬱。

NFLの終幕。9月までなにもない喪失感。

結局、スーパーボウルは多分、マジョリティーが期待したストーリーに帰着した。

俺だって、本当にペイトリオッツに勝って欲しいと思いつつ、片隅で期待していたストーリー。

 

s-P1040373

 

 

だからこそなのか、今年は年末の失意の先の喪失で、冷めた状態で迎えたことで、いつもよりもしかしたらいろんなことが判った気がする。

 

続きを読む

極寒の寒化粧

今年の冬、確かに寒い。

湖国の南部においては、降雪は例年より少ないものの、氷点下の回数は明かに多い。

 

s-P1040375

 

 

続きを読む

象徴の続き

だもんだから、帰りの新幹線でE席を確保。

 

s-P1040367edited

 

そう、今がハイシーズン。

 

 

続きを読む

象徴

日本人にとっての冨士。

間違いなく何かの、いや多分、国家?国?民族?

う~ん。よく判らんが、象徴として機能している。

 

西日本に住む俺にとっては、それを眺める頻度は非常に少ない。

まあ、新幹線の車窓、飛行機の機窓からってのが大概。

でも、特に冬の時期は結構意識して眺める。

 

だからといって、東京都内から見えることは知っていても、それを意識して眺めることはない。

そもそも、そうは言っても見えるところは限定されるはずだ。

 

s-P1040351

 

それが、泊まったビジネスホテルからこんなにくっきりと。

 

 

続きを読む

前夜

2月の第1週の日曜日の夜。

いや、月曜日の朝。

今年もこの日がやって来る。

 

s-P1040345

 

大方の予想は多分的を得ていて、可能性があるとすれば、

ファルコンズのディフェンスの上出来、そして出戻りセカンダリーQBの覚醒。

一方のディフェンディングチャンピオンににつけいる隙はそうはあるまい。

 

 

続きを読む

復旧の証し

一ヶ月は荷重を一時軽くせよという指示。

TUMIの薄いほうに切り替え、先週一週間の旅程をキャリーオンでやり過ごし、今週を迎える。

まずは、その時生じたくぼみを裏からはハンマーで叩く、素人仕事。

 

 

 

 

 

 

s-P1040316

 

今週からまた不便で高荷重な生活に戻ることとなる。(笑)

 

 

続きを読む

駅の変遷

その駅は、山陽鉄道の駅として生まれ、国有となり、県庁所在地と繋がれ、石炭の街と繋がり、終戦を迎え、ひかりで東京と結ばれ、蒸気機関の起点となり、民営化を経て、近年改名と引き替えにのぞみをまで手に入れた。

そして、それらの証し、つまりは地方交通網の拠点として、次世代に引き継ぐべく今、リニューアルも佳境。

というか、何度も伝えているが、それほど時間がかかってる。

供用を伴う更新。

いやはや、こいつは魔物。

 

これも、何度も伝えているが、そのコンセプト、身の丈感は出色だと思っている。

それだけに、その感性が待ち遠しい。

 

s-P1040303

 

とくとご覧あれ。

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>