FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

NO MUSIC, NO LIFE.

タワーレコード。
大学3年生の時、渋谷のそうそう東急ハンズの裏口を少し登ったところにあった店に行ったのがファーストコンタクト。
今考えれば、雑居ビルの1フロアに構える相当質素な店構えであった記憶がある。
そして、その在庫は、田舎住まいの俺にとって圧倒的で、当時田舎のレコード屋ではそもそも入手が不可能なもの、さらには日本未発売の輸入盤。正直、感動を通り越して、自らの無力感さえ感じた記憶がある。

「このままでは」と、「いずれは」。

その辺りが意外と以降の身の振り方を決定づけた要素なのかもとも思う。

そして、このタワーレコード、東急ハンズ、銀座マリオン等々が俺にとっての東京のアイコンと化した。

その後就職して、何故か大阪。
当時大阪のタワーレコードはミナミにしかなく、JRと地下鉄を乗り継ぎ幾度も通うこととなる。

s-P1080025.jpg


数年後、それは梅田にも進出。
そうそう、この丸ビルの地下。
訪れたのは、何年ぶりか。
しかも、所用の前に時間が出来たので立ち寄っただけ。

以降、梅田に出る度に覗くことが習慣となる。

s-P1080023.jpg


その間にアナログ盤からCD、その間のレンタルレコードの繁栄。
そんな中、今を盛りと賑わっていて、その人だかりにストレスを感じるレベルだった記憶が懐かしい。

そして、ネット配信開始、追い打ちをかける定額制ストリーミング。
いつしか、CD店は、ショッピングセンターから淘汰され、アーケード街のそれも違う形態の店に変化。
レンタルショップや書店との併設に活路を見いだし、単独ではこういったフラッグシップ店でなければ集客できない状況と化した。
そして、それも終焉を迎えつつある。

そういう俺だって、THE BEATNIKSのライブの新譜を発見して、すぐさまapplemusicでググって、すかさずダウンロード。m(__)m
ただ、考えてみて欲しい。だからといって買ったかといえば。
つまりは、そもそもCDの価格に対しそもそもの割高感があって、業界はそれにあぐらをかいていたことを否定できまい。

実際店の中も閑古鳥だし、そもそも、音楽配信を前提としてそれでも売れる商品構成となっているため、当然のことながら花がない。なんだが、CDレンタルショップの中古品が並んだ陳列棚然としていて、哀愁を感じることしかできない。

心痛むわけだが、だからといって自分の行動と資本をそちら側に振り向けることはない。
その気持ちは所詮同情であり、ノスタルジー。
そもそもが、だからどうすべきかという解決策を提示なんて出来ない。
しいて言えば、みんなで全部そういうことはなしにしない?って言葉を発して悦に入るだけ。

栄枯盛衰。
産業革命的な変化があれば、劇的に発展する事象がある一方で、それに対応しないものは、枯渇あるのみ。
しかし、それを目撃することは相当なストレスを伴う。
そして、自らもそれに加担しているという自責の念を伴って。

考えてみれば、人生あと30年前後、つまりは、そういう歳ってことなんだが、果たしてこの時代は若者にとって明るい何かを見せているのだろうか。
少なくとも、俺らが若い頃にはそれは確かにあった。

ただ、
NO MUSIC, NO LIFE.
この言葉が霧散した訳ではなく、
音楽が溢れる形態が変化しただけで、利便性はむしろ向上しているはず。
ただ、多分、濃度というか密度は薄まっている。
でも、それは不可逆であることへの確信はある。
8692:
私の生活も、NO MUSIC, NO LIFE です。
外資系の大型レコード・CD 店は、かなりきつそうですね。
ヴァージンメガストアは日本から撤退してけっこうなりますし、タワーレコードは日本国内ではどこかが経営権とったんでしたっけ?
HMV も店舗がずいぶん減りました。
そういう私も、Apple music への再加入とともに CD を買わなくなったので、今のこの流れに加担してしまっている...
8693:
僕は新宿のタワレコが聖地でした。そういえばずいぶん長いことレコード屋に行ってないなぁ。CDを買ったとしてもアマゾンですもんね。
先日ついにCDを処分しました。近日中にブログにアップ予定です。トリバンさんと同じ感慨を覚えました。
8694:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
8695:
>YAPさん
必然なんでしょうね。
ただ、なんというか、例え生活が豊かになり幸福度が上がっても、それが独裁政権下であったとしたら。多分、その感覚に近いんだと思います。
だから、懸念も大きい。そして、今はその利便性に感覚が麻痺しているのではという懸念。

>ヴィーノさん
そうそう!聖地でした。
学生時代は上京したら、ハンズ&タワレコ詣。
その頃は、そういった環境が偏在していたんですよね。
少なくとも、それは解消されつつある。
それは、果たして吉なのか否か。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>