FC2ブログ

秋の証左、夏の名残

てか、もう秋やね。

10月って。

 

s-P1070215

 

早朝バス停に向かう道すがら。

バスの時間に少々余裕があれば、カメラを持ち出す。

まいどの田舎道。

 

 

続きを読む

マチ浅の誘惑

ここ最近、ゼロハリバートン導入は、2016年5月。(左から2つめ)

その時は、その前のモデル(右から2つめ)の修理の間の中継ぎと宣言しておいて、結果修理してない。

その言葉を借りれば、少々ロングリリーフということになるが、正直なところ修理の切迫性とそのコストがつり合っていない故。

ただ、その二つのモデルともディメンジョンは同一。(中央の2つ)

 

この手のブリーフケースではマチが深いタイプ。

1~2泊の出張には何とか対応できる容量を備えているのだが、つまりは通常の通勤には大きいというか深すぎる。

ってことで、浅いモデルを試してみることに。

 

ここ最近、ゼロハリバートンの中古流通価格が一段と下がっていることもその要因。

1万円台が1万円以下というのが、ヤフオク!での相場観。

この機会に是非!(笑)

 

s-P1070227

 

浅いモデルというか、本来こちらがゼロハリバートンのブリーフケースとしては標準なのかも知れない。

最初に買った、一番右のケースは薄いのだが、コンピューターケースを謳うモデルで、いわゆる派生モデル。

いろんな意味であまり気に入ってはいない。

なんかさー。こういうのって本質を理解するまでににこういった失敗っているよね。

というか、若さ故の機能の本質の無理解。

俺は、多々あります。(^^ゞ

 

 

続きを読む

ネイビー&ブライトグリーンの一喜一憂

なんかまるで、俺、スポーツ大好きおっさんやん!

う~ん。

そんなつもりはないのだが。

 

NFL開幕、我がシーホークスは、開幕2連敗(というか、プレシーズンの全敗だったから今季一回も勝ってなかった。)

VS.ブロンコス、VS.ベアーズに連敗。

正直、毎年繰り返される、オフェンスラインの脆弱は気にはなるものの、心配されたオフェンスのランニングゲーム、ディフェンスのセカンダリーの心配はどうも杞憂に終わりそうで、いずれの試合もそれなりのゲームにはなっていた。

 

s-P1070201

 

まあ、シーホークスに何らかの由縁があるわけではないし、多分、ヘッドコーチのピート・キャロルとQBのラッセル・ウィルソンがチームを離れればそれが縁の切れ目という気もしなくもない。(^^ゞ

 

そして、3試合目、VS.カウボーイズで今季初勝利!

それにしても、ホームで強いのは相変わらず。

如何にアウェーで星を拾うか。

 

続きを読む

ブルーの躍動

レノファ山口の低迷の要因の一つ。

これは言いこなしだし、ある意味嬉しい話しなのだが、

それは、

小野瀬のガンバへの移籍。

 

いわゆる引抜なのだが、J2ではよくあることというか、そこら中のチームである話しなので、めでたい話し。

 

そして、その選手がJ1で活躍すれば、もはや文句はないというか、そもそもその移籍チームへと興味の輪は拡がる。

 

s-P1070164

 

移籍後、コンスタントに出場を重ね、得点こそ挙げていないものの、特典の基点となったり、アシストなり、目に見えて活躍。

昨今のガンバの三連勝とも無関係ではない。

 

 

続きを読む

オレンジの憂鬱

6月23日以来。

約3ヶ月。

憂鬱な週末が続いている。

分、負、分、負、分、分、負、分、負、分、負、負、分、負。

実に14試合、勝ってない。

連敗がないという拠り所も、収集前に潰えた。

実は、この件、勝ったらと思って引っ張ってたのだが、、、。

ここは、縁起をかついてアップ。(何の縁起か知らんが。)

 

s-P1070206

 

一時は首位。

正直、J1昇格の夢は見させてもらった。

じゃあ、俺は何を期待してる?

 

 

続きを読む

東京連泊

久々の東京三連泊。

海外事業部以来。

だから、宿舎は当時の常宿を選択。

 

s-P1070174

 

BGMは、この日リリースのくるりの新譜。

南千住~八丁堀~新木場~国際展示場。

 

 

続きを読む

標高4,000mの街角

恒例の書斎の写真の入れ替え。

今回はボリビアはポトシの街角。

てか、今回も?(笑)

 

標高4,000mの光量故か、空気の鮮度もしくは薄さ、あるいは乾燥故なのか。

その高コントラストが、どんな写真でも2割増しという恵まれた環境。

故に、いいと勘違いしてしまう写真が混ざる確率は確かに高かったし、そもそもフォトジェニックな景色がそこかしこに。

 

 

s-P1070151

 

そういう写真を集めてみた。

 

 

続きを読む

シーズンはじまりの作法

来週末からいよいよレギュラーシーズンが始まる。

待望の。

毎年、1つ歳をとったという自覚を何故か強烈に伴って。

多分、それは絶妙なシーズンの期間とその空白期間、そしてプレシーズンの期間が絶妙なことの功罪なんだとも思う。(^^ゞ

8月のプレシーズン1ヶ月(いわゆるオープン戦ね。)。

9月から12月のレギュラーシーズン、4ヶ月、これが17週、16試合。

そして、2月第1週のスーパーボウルまでの1ヶ月、5週。

 

これが、あっという間に終わって、気が付けばオフシーズン。

 

s-P1070152

 

そして、この本の購入が、そのシーズンを迎える儀式。作法。

 

 

続きを読む

苔のむすまで

ここ数年、耐震化、老朽化、補修だとかで向かう施設の建設年は概ね昭和40年代。

下手したら入社後すぐに携わった施設がその対象となったり。

まあ、そりゃもうすぐ55歳。そういう歳であることはそりゃ、自覚してますよ。(^^ゞ

 

s-P1070128

 

そういう現場で苔のむす。

 

 

続きを読む

月虹

風呂上がり、涼むベランダ。

(正確には、シャワーを浴びた後にバスタオルを干す。(^^ゞ)

 

月の周囲に虹。

 

慌てて部屋にカメラをとって、レンズを装換の上、ベランダへ。

虹の構成要素たる薄雲は既に月とベランダを結ぶ直線上からオフセット。

 

s-449D9266_edited

 

仕方ないから、とりあえず500mm最望遠側で一枚。

ここらのセッティングはさすがにもう慣れた。

 

で、少々カメラをベランダに放置。

再現の環境は整っている。

果たして、、、、?

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>