凱旋門

ラオスの最後を飾るのは、こちらの凱旋門。アヌサーワリー・パトゥーサイ。

1962年の内戦の終結を祝って建造されたが、未だに未完成らしい。

 

 

都市計画の丁度へその部分に位置する。

 

 

続きを読む

タート・ルアン

ビエンチャンの数少ない所見の一つ。

タート・ルアンの仏塔。

 

 

16世紀の建造物らしい。 

 

 

続きを読む

LPQ → VTE

ルアンパバンからビエンチャンへの帰路はエアバスA320。

 

 

ラオ航空の虎の子の機材のようで、同行したカウンターパートはこの便半ばご指名。

 

 

続きを読む

セー滝

ルアンパバン近郊にある滝。

 

 

石灰岩から流れ出す水はなんとも美しい乳白色に染まっている。

 

 

続きを読む

ユニセフの村

ナイルクルーズの帰路。

民芸品を売っている村に寄り道。

 

 

ここは、ユニセフの支援で整備されたらしい。

 

 

続きを読む

メコンクルーズ

メコン川流域に点在する調査ポイントの調査のため、ボートをチャーター。

 

 

ええ、別にいい訳するつもりはありませんが、本当に仕事です。(笑)

 

 

続きを読む

A Morning in Luang Phabang

寺院は、当然現役の宗教施設で、多くの僧侶が修行(?)に励んでいて、その食事は早朝の托鉢によってまかなわれる。

 

 

要はお金ではなく、本当の食べ物な訳だ。

 

 

続きを読む

A Night in Luang Phabang

ホテルの近くには観光客相手の夜市がたって、賑わっている。

 

 

この手の観光客相手の店って、大概センスの悪いもので溢れているのだが、ここはさにもあらず。

って、あくまでの俺のセンスなんだけど。(大笑)

 

 

続きを読む

A Day in Luang Phabang

最終目的地のルアンパバン。

コンパクトな世界遺産の街。

そこで現場踏査となると、必然的に世界遺産巡りとなる。(笑)

 

 

と一発いい訳しといて、、、。(笑)

 

 

続きを読む

あちら側の正体

ここ最近の海外出張の行き先はマレーシア、それもクアラルンプールということで、いわゆるこちら側。

ラオスはビエンチャンに到着するや否や、あちら側の匂いプンプンだったのだが、いよいよルアンパバンでそれは確信に変わった。

 

宿所は、カウンターパートのアレンジしてくれた、ホテルというかプチホテルというか民宿。

 

        

 

久々のあちら側だ。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>