アンディーの増長

ここんとこのウォーホールネタの席巻、すみませんねえ。

まあ、そもそもがブログネタ前提の行動故、ご容赦を。(^^ゞ

 

s-P1020849

 

アンディー・ウォーホールの全版画集。

 

 

続きを読む

第1レグの31/45

味覚糖ウォーホル缶、残りの第4、第5弾は調査の結果30+15の計45種。

すでに販売は完了してる。つまりは、狩り場はオークション市場。

ヤフオク!に加え、最近流行りのメルカリ。

 

第1レグは、今流通している全ての第4、5弾に対して発動。

その成果は45種中31種。

 

s-P1020842

 

つまりは、106/120済、残り14/120。

 

 

続きを読む

マニアな境界線

なんだか、部屋のカメラ置き場がザワザワしている。

というのが、指定された置き場所が手狭になりつつある。

 

s-P1020834

 

 

続きを読む

持論の崩壊

デジカメの画質(ぼけ具合だとか暗所での能力を含めて)って、所詮センサーのサイズで決まる。つまりは、センサーサイズが同じであればその性能差は少なくとも俺が判るようなレベルにはない。

と、ずっと思っていた。

 

そして、実践もしていた。つまりは、Canonでいえば、Kissで十分。APS-Cでそれ以上のスペックのカメラの存在意義が判らない。

と、ずっと思っていた。

 

買い替えるのであれば、フルサイズにするしかない。でなければ買い替えは不要。

と、ずっと思っていた。

「Kissという選択」参照

 

故に、ずっとメインの機材はKiss。少なくとも、防水性能を除いて今までそこに不満を感じたことは一度たりともなかった。

500mmのズームレンズを使うまでは。

買った時だって、本体はずっとKissで十分と思っていた。

 

いや、通常の領域においては今でもそう思っている。

 

s-P1020808

 

500mmで踏み入れたことのない領域に踏み込んだ途端、状況は一変した。

 

 

続きを読む

畔にて

さてと、レンズ沼の件。

といっても、今回は事情が異なる。

本来、次なる一本は以前より超広角系のズームとこころに決めていたのだが、愚息のサッカー観戦にてどうしても、望遠が欲しくなって。だって、250mmでは物足りないというか、そもそも限界がある。

てかさ、そうなると愚息も最終学年。つまり、このレンズが活躍するのは1年。

じゃあ、早く買わないと!

って、こういうのを人は沼に例えるのか?(^^ゞ

 

s-P1020774

 

SIGMAの、

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

 

 

続きを読む

半月のディテール

今までより、半分ほどその距離が縮まった。

面積比で言えば4倍。

 

s-IMG_8483

 

ノートリミングにて。

小出しもいい加減にしろよと、そろそろお叱りを頂きそうなので、まあそろそろね。

そもそも、そんなにもったいぶる話しでもない沼。

 

 

続きを読む

集光の制約

集光する範囲を限定すると、結果としてそこから得られる映像は拡大される。

故にその器具はサイズの拡大を求め、そのうえで光の減衰を極力排除しようとする。

しかし、そのサイズには自ずと限界があり、

減衰を排除し得たとしても、

そもそも光を増幅する仕組みはいまのところない。

そして、減衰の排除には強烈なコストを伴う。

 

故に、どの機器もその妥協点によって、そのサイズとコストが決まる。

 

s-IMG_8181

 

メインの目的は、愚息のサッカー。

今までの-250mmのズームではどうしても撮れなかった領域に踏み込むべく。

 

まずはベランダより試写。

 

続きを読む

完成

Amazonとお友達となった、書斎の音響機器整備も概ねの完成を見た。

 

s-P1020741

 

まあ、要するにこっそりとPCとTVをパーソナルに楽しむ空間。

残念ながら、そこには本来はその主役となるはずの本格的アンプとスピーカーの姿はない。

 

 

続きを読む

ブレイクの刷新

さてと、我が職場でも話題のネスカフェドルチェグストを導入。

 

s-P1020707

 

今までは、いわゆるドリップパックだったのだが、高くなったとはいえ結構美味い。ただし、一杯60円也。福利厚生の一環で無料ってな太っ腹な会社では残念ながらない。まあ、自販機の100円レギュラーコーヒーと比較しても随分ましなんで文句はない。

 

 

続きを読む

回帰

5年を越える歳月を経て、戻って参りました。(笑)

(前回はこちら)

その後、YAMAHABeats×2を経て。

直接の同期としては、Beatsの紛失なのだが、じゃあどうする?って考えたら、そういや俺って昔はずっとSHUREだったよねって。

で、ググったらなんと、前回つまりは5年前のモデルが現役。

未だSHURE掛けで使うことが多いし、ここは原点回帰。

 

s-P1020685

 

その間、マイナーチェンジ、改良があったか否か。

正直をレを判断する耳なんてありゃしない。(笑)

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>