のぞみは西へ

「ひかりは西へ」

山陽本線博多延伸時のコピー。(たぶん)

それは、その未来と発展を大いに期待させる響きを有していた。

しかし、結果としてそれは東京への流入を許し、通過という儀式を定着されるに過ぎなかった。

といいつつ、ではそれが無かったからといって、そうはならなかったことは確信としてある。

ただ、一定の加速度をもたらしたことに疑いの余地はない。

 

と、いきなりの脱線。

本日はのぞみ1号より前の品川始発の99号で帰阪、いや、正確には大阪は通過して朝一の神戸での打合せのためのとんぼ帰り。

ただ、新神戸までの道程は、さきほどの「西へ」というフレーズを想起させた。

それにしても、なぜ新幹線のフラッグシップたる「ひかり」の呼称を放棄したのだろう。

いまや、ひかりの本数は激減。

ひかりより早いものはこの世の中に存在しないはず。

そこに、音速を象徴する「こだま」を配置。

なんとも、勿体ないと未だに思う。

果たして、「のぞみ」は、光速を凌駕しうるのか?

 

と、さらに脱線。

 

s-P1020429

 

と、

期せずして既にそれなりのボリュームが確保されたし、本題は次回。

なんやねん。(^^ゞ

日本の中心で何を想う

故あっての東京の中心の中心に出張。

午前から午後の早い時間には日程を完了し、東京駅徒歩圏内。

日比谷公園を横目に、皇居をかすめて、丸の内を横切るルート。

 

そもそも東京のオフィスも中心地にあるに違いないのだが、ここにはもう少し濃密な自覚が漂っている。(笑)

 

s-P1020063

 

丸の内の街並みは日本の外のどことも違う。混ざり気がないのだ。混沌とは無縁。整然と、適度にトップブランドのショップが配置される。

 

s-P1020064

 

バブル崩壊以降、空白の20年なんて言葉を耳にするが、少なくとも東京の再構築はひとときたりともその歩みを止めた印象はない。

そこら中で街がリビルドされている。

その土台の上に、オリンピックに向けた開発が乗っかると思うと、想像しただけでも楽しくなるというもんだ。

 

s-P1020069

 

ということで、今からその後に万博開催を目論むフォローワーの街に戻ります。

いや、速度は違えど、そうはいっても随分変わってるのよ。

 

いずれも、

きっと、

悪い方向ではないと思っている。

 

新幹線車中でトリバンが綴りました。

東京の距離感

日比谷公園から、途中で南インド料理を食して東京駅に至る。

 

s-DSC07618

 

歩いたな~。なんて感慨を覚えるような距離でもなく、あっけなく到着。

 

 

続きを読む

浅草そぞろ歩き

その日の宿は、浅草界隈。

インドから一時帰国中の同僚と久々に一杯やった後、最寄りの地下鉄駅から宿に向かって、てか大幅に寄り道。(笑)

 

ちなみに、その同僚ってのがインドのトリバンドラム滞在時に共同生活していた奴で、まあ何というか、同士?そもそも1年間生活を共にすることなんてめったにあるもんじゃない。特別な関係。(笑)

1年に2回程度の一時帰国。さすがにインド料理って意地悪をすることもなく、典型的な居酒屋を選択。(笑)

 

s-DSC07598

 

桜もようやくつぼみを緩め、そぞろ咲き始め。

やはり、大阪より一週間以上は早い。

 

 

続きを読む

ケララバワン

東京での業務を終え、昨晩に引き続き本日はナツパパさんの領域への侵入を試みる。(笑)

ケララの名を冠したインド料理店。

行かない訳にはいかない。(笑)

 

s-DSC07531

 

我こそは、ケララ州の州都、トリバンドラム(ティルマラタプラム)の名を拝借した、トリバン也。(大笑)

 

 

続きを読む

風雨の向こう側

大阪ではあがっていた雨を追いかけてきてしまった。

昔でいう時速250km/hはその能力を有しているようだ。

高から低への春に向かっての空気の入れ換えは時に春の嵐とその呼称を変える。

その先には、間違いなく春はある。

まあ、ゴタクを並べているが、とりあえずこの季節の雨の花粉の恐怖を和らげる効果は歓迎に値する。(^^ゞ

 

東京で中央線に乗り換え、四谷へ。

俺だって迷わずに行けるんだぞ!

東京都区内の切符が得した気分。(大笑)

 

s-DSC07526

 

ビル風も相まって思いの外風が強い。

この先に桃源郷があるはず。

この雨じゃGoogleMapを確認するのも一苦労。

 

 

続きを読む

朱のトラス

故あっての東京早朝行き。

故もなく、都バスに乗って東京タワーへ。

 

 

 

s-DSC07117

 

物心つく以前に来たことがあるハズだが、記憶に全く残っていない。

ふむ。小高い丘の上にあるのね。(^^ゞ

 

 

続きを読む

Mid Tokyo

最近行く機会の多い東京。

本社は東京のほぼど真ん中にあることもあり、その中枢エリアをうろうろすることになる。

 

s-DSC06076

 

東京ってどっかが違う。

 

 

続きを読む

東京行

久々の東京。

 

s-DSC05771

 

富士山がきれいに見える季節。

冬。

 

 

続きを読む

東京 10:00AM

7時台の後半に京都を発ったのぞみは、10時には東京着。

 

s-DSC05143

 

久々といっても2ヶ月ぶりの東京なのだが、少し前まで日常だった上京、東京駅もなんだが非日常的な出来事にはじめて感じた気がする。

そういえば、東京に来るってそんなしょっちゅうあるもんではなかったよな。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>