暑い!

ジュバは今、乾季を迎え、1月のピークに向かい日々気温上昇中。

ここ数週間、一滴の雨さえ降っていない。

「わしゃー、あつーてやれんでよ。」といったことろ。

続きを読む

岸辺の風景

白ナイル川の岸辺の風景。

まずは、魚を捕る小舟。

続きを読む

つ・な・が・り

この街にはいわゆる固定電話はない。

つまり、ADSL、ISDNはおろか、モデムだって使えない訳だ。

その「つながり」の正体は、こちら。

続きを読む

釣行

週末、現地調査の間隙をぬって、竿を出してみた。

続きを読む

daVinci

白ナイル河畔にある、レストラン。

いかにも、欧米人が好きそうなロケーション。

そして、雰囲気。

ま、それはこっちも同じ。(-_-;)

続きを読む

アフリカのホタル

ホタルをみるなら

あのまちが一番さ

小さな川には

いくつも橋がかかってよ

ひっそりと そしてあったかい

その川のまわりには

いろんなみせがぽつぽつと

飲み屋やらメシ屋やら

それがまたうまくてよ

続きを読む

Land Rover 110 Defender

正直全く詳しくないのだが、

現地業者の乗っていた車。

相当古そうだったので、好きな人は興味ありかと思いアップ。

続きを読む

PROJECT OFFICE

ジュバでのプロジェクトオフィス。

こんなところで仕事をしている訳だ。

続きを読む

IDP Area

IDP = Internally Displaced People = 国内避難民。

彼らの仮住まい用のスペースが、ジュバ市内にも数カ所準備されている。

基本的にジュバ市内は撮影禁止とされていることに加え、こういった場所なので及び腰でのシャッター、車内からの窓越しの撮影のため、相当イマイチな写真であることはご容赦。

続きを読む

THURAYA

今回、場所が場所だけに通常の携帯電話だけでは郊外での調査及び非常時に不安があるということで、標記のスラーヤ衛星携帯電話を導入している。

続きを読む

現地調査

街を出て、現地調査。

荒野へ分け入ると書くとカッコイイが、正直ちょっと郊外へ出るレベル。

ただし、例の川を横断して。

何とか、大陸の地平線というか広々感を出したかったのだが、19mmで撮ってもこんな感じ。(-_-;)

続きを読む

BEIJING JUBA HOTEL

本プロジェクトを受注前、ジュバに関するホテルの事前情報は限定されており、かつホテルはテントだとかまともなホテルはUNが押さえているだとか、要は非常に不安な状況であった。

そんな中、唯一ググって引っかかったのがこののホテル。

HP上に映るこの建物の偉容は、正に当時の我々にとっては、希望の星でここにすがりつきたい気分になったものだ。(笑)

続きを読む

WONDERFUL CHINESE RESTAURANT(その2)

ジュバ随一の中華料理店、WONDERFUL CHINESE RESTAURANTのついては、前回お伝えしたが、料理の写真を失念。

今回、同僚の帰国にかこつけて、出動したので、再度。

おお!今度は夜だ!ちゅうか、開始時間が少々遅いか。

図らずも、空にはアフリカの満月!

続きを読む

JB

JB_Japan Basspro Association、日本バスプロ協会。

ま、本日大部分の人にとってはどうでもいい話しである。

要は、日本にもバスフィッシングのプロという資格があって、

よく知らないが、何らかの資格試験なりが存在する。

勿論、プロになってたからといって、これだけで食っていける訳ではなく、釣り具メーカーの開発担当とか経営者であればまだしも、大概はガイドや釣具店、はたまたサラリーマンと二足のわらじという決して儲からない世界である。

で、なんでわざわざそんなことをスーダンから?

というのは、

続きを読む

インジェラ

エチオピアの主食で、テフの粉を水で溶いて発酵させ焼いたもの。

発酵させているためだろうが、ちょっと酸っぱい。

食感は厚いクレープといったところか。

テフというのは非常に小粒な穀物とのことだ。

そして、デカイ!

続きを読む

Strategy

事前情報。

フィッシュイーター存在。アベレージ30cm。外国人向け貸し竿有り。

水質マッドステイン。流速本流2m/sec!。流れ藻多数。

ということで、結局ベイトパックロッドを持参。

続きを読む

MAITHAI

日曜日の昼食、ホテルから歩いて行ける距離にあるタイ料理レストランへ。

ここ、味はともかくその施設は、ディリにあっては相当なレベル。

比較的高級住宅街(?)の会議施設中にある。

続きを読む

Room Number 122

ようやく本来の宿に移動。

正直に告白すると、一人で初めてのホテル、少々不安でした。寂しかった。(笑)

一人で宿泊なんて良くあることなのであるが、セキュリティーに不安があるし。

ま、どちらのホテルも五十歩百歩ではあろうが、数週間無事に過ごした経験から来る安心感は大きい。

しまいには、部屋の大きさ、ベットの弾性、虫からの防護、遮音、水質、お湯の温度、掃除のレベル、タオルの匂い、レストランの質、サービスのレベル、ネットの繋がり易さ等々全てのものを本来の宿と較べて本来の宿が如何に優れているかその根拠を探している自分がいたりする。

何よりも、荷解きして、明日以降の結構長い滞在に備えることが出来るのがありがたい。

今回の部屋番号は122号室。

コピー ~ s-RIMG0687

続きを読む

That's Why.....その2

ジュバは、南スーダンの暫定的首都で、その人口は50万人以上と云われている。

無論、南スーダン最大の都市。(?)

都市の定義が良く判らないが、インフラは脆弱そのもの。

何一つまともには機能していない。

俺の少ない経験からも、これだけ人口が集積している場所(あえて、都市とはいわない)としては最悪と言っていい。

ポルポトから開放されて間もないプノンペン、はたまた東ティモールの首都ディリであっても、少なくとも俺が訪問した時点ではもっとマシであった。

水道もほとんど体をなしておらず、市民のほとんどはナイル川の水(無論未処理、場所によっては塩素消毒はしている。)の運搬給水に頼っているのが現状である。

2093546849369882818882125731113d1.jpg

続きを読む

オバマの日

ナイロビからは、ケニアの新興航空会社JetLinkでジュバへ。

ここら辺は、前回のトレース。

約2時間半のフライト。

眼下は見渡す限りのサバンナ(だと思う。(-_-;))。

s-RIMG0632.jpg

続きを読む

Nairobi

ナイロビは、丁度雨期に入ったようで、不安定な天候。

ところで、

ドバイのラウンジでは、丁度大統領選の雌雄が決し、CNNを映し出すディスプレイはいつもの数倍の注目度。

ちなみに、ケニアはオバマ新大統領の父親の出身地ということで、それなりに盛り上がっているようで、前回泊まった手頃なホテルがフルハウスであったのも、その影響によるものらしい。

ま、おかげで今回はちょっといいホテルに。(笑)

続きを読む

GATE 226

昨夜の関空発のJL5099(EK0317)で、スーダンはジュバに向けて出発。
ドバイには予定通り到着。
s-RIMG0580.jpg

続きを読む

Liga de Fútbol Profesional Boliviano

ボリビアのプロフットボールリーグ。

前回出張時には、2回ほどレアルポトシの試合を見に行った。

特に、地元レアルポトシとコチャバンバのアウロラの試合は、何れもゆかりのチームでエキサイト。結局2-2の引き分けであった。(こちら参照

その後、両チームとも検討し、ベスト4で行われるチャンピオンシップにどちらも進出。

そして、準決勝で再び激突!

ホームアンドアウェーで争われ、結局コチャバンバの勝利。

ポトシのカウンターパートは、この話題で持ちきりであったが残念な結果。

コチャバンバに移動した日曜日、サンタクルスのブルーミングとの間で争われる決勝のアウロラのアウェイ戦をテレビ観戦。

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>