4週連続

関学 Vs. 関大。

生中継を行ったNHKに敬意。

 

 

伝家の宝刀、ロケーションフリーテレビ。

ただし、地デジ非対応。

どうしよう?(笑)

 

続きを読む

至福のレベル

久々にGreen Park Extensionのたむら。

それなりにバージョンアップしてて、宴会場なんかも出来てるらしく。

 

 

この日は金曜日、20:30スタートということでフルハウス。

予約してなかったら危なかった。

 

続きを読む

迎撃態勢

すっかり秋めいてきたデリー。

マラリアのリスクもあるものの、こちらでの一番の驚異はでんぐ熱。

さすがにそのピークは過ぎたが、その迎撃態勢の紹介。

 

         

 

こちらの殺虫剤、途上国でよく見かけるブランド。

 

続きを読む

甲子園への道

関西アメリカンフットボールDivision 1のそれぞれの最終戦を前にした星取表。

関大は、無敗でリード。1敗の関学と立命がそれに続く。

これで昨年の関西学生アメリカンフットボールにおける関大の躍進は、ただの単発ではなかったことが証明された。

総合力、つまりバックアップ、ベンチワークだけでなく練習場やその運営体制を含めた戦いであるアメフトにおいても、正直スーパープレイヤーの出現により1年だけ優勝争いに絡むことはたまにある。

近年では80~90年代の甲南大学、神戸大学がそれにあたろう。

 

 

ただ、2年連続リーグをリードするってのは、間違いなくブラフではなく実力。

そして、今後関西学生リーグは3強の時代に突入したと思って間違いなかろ。

去年はそのターニングポイントだったわけだ。 

 

続きを読む

Qutab Minar Vol.2

クトゥブ・ミナールのもう一つの見物は、この鉄柱。

 

         

 

四世紀のものとのことだが、ご覧のように未だ錆びず。

 

続きを読む

Qutab Minar Vol.1

クトゥブ・ミナール。

デリーでは、レッドフォート、フマユーン廟と並ぶ世界遺産。

一都市に3つの世界遺産があるというのが、多いのかどうかよく判らんが。

 

 

なんだか知らんが、興味ある方は各自ぐぐって下さい。(笑)

ウィキペディアはこちら

1200年頃の構築物で、ヒンドゥー教の寺院を破壊し石材を転用してモスクとしたため、その様式が混在しているらしい。

 

続きを読む

良識のさじ加減

くるりのツアー、1月下旬、新木場 Studio Coast 2days。

幸いにして、火、水のウィークデー。

そして、多分、日本に居る。

 

ただ、それを知った時点で先行予約終了済。

そして、一般販売では砕け散った。(-_-;)

なもんだから、大人の選択。(笑)

 

 

続きを読む

占拠

帰宅途中、アパート直近にて通行止め。

ってのが、このテント。

結局こっから先は歩く羽目に。

 

 

堂々たる公道占拠。

 

続きを読む

屋台の誘惑

実は、昨年来、同僚の腸チフス罹患をうけて自粛していた、屋台での昼飯。

最近、外が涼しいのもあって、この間から気になってしようがなかった。(笑)

 

で、本日、ついにがまん出来ず解禁。

 

 

コモンウェルスゲームズ開催に伴う街道美化に伴ってか、屋根等が無くなって少々小綺麗に。

以前は、このあたり。(その1)(その2)

雨降ったらどうするんやろ?

ただし、後ろに控えるのは、新設なった公衆トイレ。(-_-;)

 

続きを読む

クリームシチュー

本日、日曜日につきクリームシチューを作りおき。

 

 

材料は以上。

実は、ルーの賞味期限が切れてる。(笑)

 

続きを読む

バルブ交換

アパートの部屋にはちまちまと暗い電球が都合4箇所付いていて。

入居後、最初に電球が切れた時、これは今後の居住期間を計算して、5つ電球をストックした。

ところが、昨日そのうちの一つが切れて、全てのストックを使い尽した。

 

 

考えれば、入居後はや1年と8ヶ月となろうとしている。(-_-;)

それにしても、ペース早くね?

 

続きを読む

In a Cage

最近、デリーにおいてもまさしく秋で、日中もクーラー不要。

オフィスにおいても、窓を開けて外の空気を取り入れれば、十分快適。

 

 

北側のそれは、意外と多い緑も伴って、心地よい。

 

続きを読む

Cal.7750

今回の25年来の夢の実現にあたって、一点だけ迷いがあった。

GMT機能を付加するか否か。

 

          

 

ところが、その過程でとんでもない事実を知った。

(注:俺が無知だっただけだが。)

 

続きを読む

Dewaliの夜

ディワーリは昨年に続き2回目。

正確に言えばトリバンドラムでの1回目を加え3回目なのだが、南インドのケララ州はディワーリはそれ程盛んではなく、最大のお祭りを収穫祭であるオーナムに譲る。

 

最後の夜、街中で花火と爆竹そして、それに反応する車のセキュリティーシステムがうるさいなんでもんじゃない。

特に、爆竹は空気が震えるのが判るような強烈なもの。

 

 

日本に電話して、内戦に巻き込まれたって言えば、そのBGMからマジにとらえられそうな勢い。

これが深夜まで続く。

 

続きを読む

Dewaliの午後

デリー到着の夕方は、5日間に及ぶディワーリの4日目。つまり、最終日の前日ということで、交通渋滞。

普段の3倍の時間を要して、帰宅、、、、もとい、アパートに到着。

 

 

ディワーリは要はヒンドゥー教の新年。この時期にお祝いをすることもあって、いわゆる西暦の正月はあまり盛りあがりを見せない。

アパート界隈もこんな調子で、さながらクリスマスのデコレーション。

 

続きを読む

縦断 Vol.2

博多を後にした頃、食事タイム。

で、映画タイム。

その後、対馬、上海上空を通り、中国縦断、だったはず。(笑)

 

 

時たま外を見やると、雲が多く。

 

続きを読む

縦断 Vol.1

8:35、晴天の伊丹を成田に向けて出発。

ちなみにチェックインは伊丹で完結。

富士山を過ぎたあたりから雲が目立ち、成田は小雨。

結果、富士山を拝めず。

名古屋を過ぎたあたりから視界がクリアに。

 

 

おお!我が家が見える!

 

続きを読む

今、ここにある秋

昨日のうちにあらかたのパッキングを済ませ、、、、、とは言っても基本デリーのアパートに置いてきてるからあっという間。

目新しいところでは、現地のスキャンスナップがその動きを止めたということで、新しいものを調達して同梱。

モデルチェンジしているので、詳細は後日。

 

 

日本での最終日は幸いにも祝日。

午前中に、次男の七五三詣を済ませ、午後の比較的遅い時間からその次男を連れて近くの公園。

 

続きを読む

日常を繋ぐ回廊

相変わらずの帰国時の更新頻度。

てか、正直、帰国時、特にこれだけ短いとやるべき事が多すぎて。

勢い、ブログに廻せるのは新幹線の車内に限定されたりする。

 

 

月曜日の朝と金曜日の夜に繋がれるその回廊。

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>