117/365 → 256/365

本年も最後の記事。

恒例の海外滞在記録。

結果、117日、約32%、約3.9ヶ月。

10月の関西復帰もあり、ここ数年では圧倒的に国内が長かった。

 

ただし、相変わらずの東京で、評価軸を海外+東京とすると。256日約70%と、期せずして昨年までの海外滞在割合と同等な数値。

来年以降はこちらの評価軸としよう。

 

ただ、その東京滞在の要因というのは、、、、、、。

 

         

 

 

続きを読む

他を圧倒するもの

恒例の2011年度、トリバンムービーアワード。(大笑)

てか、去年からだけど。(-_-;)

 

今年のエントリーは81本。

ただし、今年は他を圧倒する、とんでもない映画が。

 

 

てかさ、去年と同じ選者とは思えんな。(大笑)

続きを読む

栞の憂鬱

ボリビア行き前に成田のBOOKOFFで買った単行本。

上下巻共に105円なり。

 

 

その理由の一つは多分この栞(栞ひも?)。

 

 

続きを読む

この地 Vol.2

この地では昨夏、国体が開催された。

前回は俺の生まれた年。48都道府県を廻り、再び山口県へ。

故に、48歳。(笑)

 

それに併せて、随分道路に手が入った。

 

 

国道9号線も4車線に拡幅。

 

 

続きを読む

この地 Vol.1

金曜日に関西支社に出社すると、連絡があって急遽帰省することに。

一旦滋賀へ帰って、京都からのぞみで新山口へ。

まったく、JRからダイヤモンド並のステイタスをもらいたいものだ。(大笑)

 

実家の車は昨夏処分した帰省して、兎にも角にも困るのが移動手段。

田舎の公共交通は完全な制度不全に陥ってる。

というのとは、実は事情は違っていて、豆バス等の新たなコミュニティーツールを持ち込み、行政はそれなりに頑張っていると思う。

問題なのは、それ以前の自家用車を前提とした都市計画なんだと思う。

青写真に公共交通機関を加味したとは思えない。

 

勢い、移動はタクシーとなるのだが、正直そのコストは大した問題ではない。ただ、その度に呼んで、小額の支払いに恐縮するのが面倒。

逆に、例えば今回それなりの規模の電気店に行ったのだが、そうなるとタクシーだと往復で8千円くらい、、、、。結局、中学校の同級生にほぼ無理矢理連れて行ってもらった。ありがとうございました。m(__)m

 

前書きが長くなったが、面倒なのでタクシーをやめて徒歩で。

結果として、中学校時代の通学路をトレースすることとなった。

 

 

この竹やぶの坂道。

昔は未舗装でもっと鬱蒼としていた。

 

 

続きを読む

一足飛び

仙台への打合せを終え、帰路はダイレクトに伊丹へ跳んだ。

 

 

仙台空港。

ある意味、復興のシンボルの一つとなったが、そこまでのアクセス鉄道も含めて見かけ上は完全に復旧していた。

アクセス鉄道周辺はまだなのかも知れないが、何せ既に辺りは暗く確認すべくもなかった。

 

 

続きを読む

やまびこ

盛岡から仙台へはやまびこで移動。

 

 

よく判らんが、こだまクラスの各駅停車。

東北新幹線はクラスに加え、分岐もあり、目的地によって名称が変わっているので、さっぱ判らん。(-_-;)

 

 

続きを読む

はやぶさ Vol.2

多分3度目の東北新幹線。

富士山が拝めるとは知らなかった。

 

 

というか、関東平野からこんなに大きく富士山が見えるのもはじめての経験で。(-_-;)

 

 

続きを読む

はやぶさ Vol.1

盛岡へ出張。

そうなると、当然選択するのははやぶさ。

 

 

 

続きを読む

試投

先日のスピニングの追加で、ついにトリバン流琵琶湖陸っぱり3本セットが完成。

 

 

構想5年。(笑)

 

 

続きを読む

精度の報酬

今年の甲子園ボウル、関学が制した。

24-3。

スコア上、そして1タッチダウン以上のリードを常にキープしていたこともあって安心して見ることができた。

しかし、そのスタッツからも判るように、決して安堵して見ることのできる圧倒的な勝ちでななかった。

ただし、負けることは多分なかったろうとも思う。

 

 

しかし、はじめてハイビジョンで観戦したが、圧倒的やね。

ただし、十分ではない。

この上の解像度を実現する動きが既にあるようだが、その必要性も認識する結果となった。

そして、コマ送り間隔も十分とはいえない。

 

 

続きを読む

完結 Vol.2

てことで、徒歩出張の帰路に簡単な撮り較べ。

 

 

 

画角が違うのは当たり前。

何れも絞り優先で全開放(DP2:F2.8、DP1s:F4.0)でのRAW撮影。SIGMAの現像ソフトで、オート現像。

 

 

続きを読む

完結 Vol.1

積年のカメラシステムの完結。

1年以上前から構想が固まっていたことを告知しつつ、結果としてその後のミラーレス一眼の台頭、GX-Rというある意味際物の登場によりその度に揺らいではいた。

一方で、家族用といいつつのEOS Kissの導入も、国内への異動に伴い、自らに課した国内限定という使用範囲の制約も意味を持たなくなり、いわゆる一眼レフの追加は必要と無くなった訳だ。

 

つまりは、

①スナップ用の常携+マクロ用としてのGX-200

②趣味としての撮影用28mm単焦点+フォビオンのDP1s

③一眼レフ、特に望遠用としてのEOS Kiss

という現有機に加えて、35-50mm程度の単焦点を加えれば、俺としてはまあシステムとして完結のイメージ。

では、その35-50mm程度の単焦点の選択肢としては、

①フォビオンの買い足しとしての40mm単焦点のレンズのDP2系

②GX-R+35-40mm程度の単焦点ユニット

③Kissにて単焦点レンズの追加

といった、3つの選択肢が残された。

 

ここで、今回ボリビア出張において、フォビオンの使いこなしに一定の目処が立つと、どうしても時として際立つその発色の快感のイメージが増幅。

一気に選択肢①に傾いた訳だ。

 

ってことで、要はDP2買いましたって報告です。(-_-;)

 

         

 

ちなみに下側がDP2。

あ、ヤフオクの中古ね。(-_-;)

 

 

続きを読む

時を刻むこと

普段着におけるほぼ唯一のこだわり。

それは、ジーパン。

学生以来、ほぼずっと501で通していること。

現有は、写真の3世代。

前回(2008年7月)の写真の一番新しいものが下の写真の左から2本目。

 

         

 

では、何故に4本?

 

 

続きを読む

必然の具現化 Vol.3

ロッド自体はボリビア行き前にオーダーしておいたのだが、帰国前に組み上がっており、ようやく取りに。

 

 

 

続きを読む

金曜日の夜と月曜日の朝

関西支社復帰のハズが、相変わらずの生活が当面は続きそう。(-_-;)

 

 

舞台は海外から東日本の彼の地へ。

 

 

続きを読む

月が欠ける夜

本日皆既月食。

曇りがちではあったが、それなりの観察日より。

 

 

Kissにて撮影。

さすがに、GX-200とは数ランク違う。(笑)

 

 

続きを読む

必然の具現化 Vol.2

選択したリールは、シマノのステラ3000番のシャロースプール。SHIMANO STELLA C3000S。

シマノのスピニングリールのフラッグシップモデル。

 

 

ヤフオクで落札。

 

 

続きを読む

必然の具現化 Vol.1

今夏のスピニングタックル水没事件以降、スピニングタックル無しでの釣行を強いられてきた。

と、いいつつここ数年スピニングを握ることは皆無に近く、逆に次男用と化していた訳で。つまり、上記の一件はある意味の必然といったところで。(-_-;)

 

ただ、俺の釣行環境は劇的に改善するハズで、そうなるとキャストの楽しみというよりは、獲る楽しみを強化する必要もあろう。

 

そうなると、、、、。

スピニングタックルの再導入は必然となろう。

 

まあ、水没したタックル自体は中級もので、正直ベイトの2つのシステムと較べると、コストの面からも見劣りするもので、以前からスピニングの追加は頭の中にあったわけだ。

つまり、今回のスピニングタックルの導入で、ベイト×2(巻物用とヘビテキフリップ用)+スピニング×1の我がタックルシステムは基本的に完結することになる。

  

ってことで、早々riprapのロッドカスタムビルダーの岩崎氏との協議を開始。

 

 

 

続きを読む

赤と青の今度こそ甲子園ボウル

日大フェニックスVS関西学院大学ファイターズ、赤と青の甲子園ボウル。

その対決が久しく途絶えた後、18年ぶりの対決となったのが前回。

5年前のそれは、奇しくも甲子園が改修中で長居陸上競技場での対決となった。

 

 

 

続きを読む

顛末

キャリーオンのZR21が、アメリカン航空にてアメリカ空港トランジットの洗礼を受けたのは既報のとおりであるが、成田でチェックインバゲージのキャスターの破損も発見。

 

(写真は、ロンドンホテル行きバスにて。)

 

しかし、同時にドック入りとは、、、、。

 

 

続きを読む

経年変化

購入後、6年3ヶ月、走行距離54,000km。

 

 

恒例の帰国直後洗車。

続きを読む

岸辺の風景

テムズ側対岸に渡って、地上駅を見学。

 

 

残念ながら、構内の写真は不許可。

イメージとしては、ハイカラな上野駅。(笑)

 

  

続きを読む

払拭の印象

ええ、二回連続の定番スポット。お許しを。(笑)

ウェストミンスター寺院。

 

         

 

ただし、ここのエリア、カーネーションにはご注意あれ。

その旨を信じてかつ賛同されるのならその限りではないが、、、。

正直、きちんとした団体なのかも知れないが、俺の場合それとは知らずポケットに刺されたカーネーションにThank youと言ったあと、ドネーションを要求され、それを断ったもんだから一悶着あった。(-_-;)

いや、これがデリーだったら刺される前に制止出来ていたと思う。

それが、、、。先進国故の油断。無念。(-_-;)

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>