光の中へ

それでも時間が余って瑠璃光寺。

なんせ、この街はコンパクトなのである。(-_-;)

 

 

光に溢れた恰好の撮影日和に恵まれた。

 

 

続きを読む

サビエルの鐘

打合せは14時ってことで、後輩を案内して。

火事で焼失し、リニューアルしたモダンな造りの教会。

そろそろ、その鐘の音と共に、定着しつつあることをうかがわせる平日の昼下がり。

 

 

 

続きを読む

ばりそば

後輩と落ち合ったのが正午。

その足で向かったのが、、、、、。

 

 

ばりそば。

山口地区のB級グルメの一方の雄。

 

続きを読む

表口

確かに、当初はそう呼ばれていた。

今となっては、その記憶さえ霞む。

 

時に、北口、在来線口と呼称を替えつつ。

今は何と言われているのであろう。

 

失礼。

本日山口県出張。

苦節26年。初の故郷に錦である。(大笑)

 

で、後輩と待ち合わせたのが標記の場所。

小郡駅(現新山口駅)で、表口と指定したのだが、後輩に判るはずもなく。

 

 

現在、全面新築に向けて取り壊し工事が進行中。

 

 

続きを読む

ROCKはどうしようもなく時代をならす

くるりのNEWアルバム、「坩堝の電圧」(るつぼのぼるつ)。

 

 

今回、くるりは二人のオリジナルメンバーに新たに二人を加えた4人編成となった。

訳あって、ドラムは今は不在。

賛否両論あろう。

かくいう俺も、アンテナ以前が懐かしいことを否定しない。

しかし、くるりはメンバーチェンジの必然をその度に提示し続けてくれてはいる。

 

 

続きを読む

日常への回帰を阻むもの

いよいよ関西への本格復帰が始動。

東京での仕事が大詰めの中、関西の業務のキックオフが相次ぎ、あっち行ったりこっち行ったり。

 

関西のオフィスの最寄りの駅、8年前まで通い慣れた駅だったのだが、この一年の間のリニューアルで動線自体も変更というか追加になって。

 

 

リニューアルも道半ば、好ましい改良ではあるのだが。

どうも帰ってきたよ感が希薄で。(-_-;)

 

 

続きを読む

Welcome to Lake Biwa Museum Vol.2

少々琵琶湖博物館、引張ります。

 

というのは、、、、

 

 

ゲンゴロウ、お恥ずかしい話し、実物をはじめて見た。

こんなにでかいとは。

タガメをはじめガタイの大きい昆虫ほどやはり環境変化に対応しきれないってことなのかもしれない。

 

 

続きを読む

Welcome to Lake Biwa Museum Vol.1

d今週の月、火曜日とインドのケララからの研修員の関西方面アテンド。

月曜日は世界で唯一無二の構造を誇る某施設見学。

火曜日は、なんと琵琶湖博物館。

ま、アレンジしたのが某滋賀県下の大学出身者ってこともあって。

てか、ウルトラご近所。

はじめての海外赴任で1年間過ごした街からの人々なので感慨深いものがある。

 

 

マイクロバスでの移動の道中、あ、あれうちのアパートメントと伝えると一斉に写真を撮ったのには参った。(大笑)

 

 

続きを読む

アルルカン

最近少々ウィスキーに凝っていて、少し前から家呑みもしているのだが。

やはり、いつもの麦茶のグラスではどうも雰囲気も出ないってことで、

 

 

ロックグラスを買ってみた。

 

 

続きを読む

電動

クルーザーの正体はこちら。

 

 

言わずもがなの日産リーフ。

 

 

続きを読む

ロケーション

金曜日、大阪市内のクライアントととあるプロジェクトのキックオフミーティング。

 

        

 

 

続きを読む

早朝のディテール

早朝の岩手行き。

上野駅はまだ通期前の比較的静かな時間。

少々早くついたので、ちょっとディテールを拾ってみることに。

 

 

今のプロジェクトも終盤。

これほど頻繁に上野駅を訪れることは当分なかろう。

    

 

続きを読む

道半ば

実はGW明けより、それなりに一念発起してダイエットを開始した。

目標は-10kg。

その辺りまで減れば少なくとも見苦しくはないだろうという魂胆。

 

現時点で概ね-5kgと道半ば。

 

 

絶対値の公開はそれなりに恥ずかしいので、そこは伏せるがまあリアルな俺を知っている人には容易に想像がつこう。

一目盛り1kgで太線が5kgごと。

 

 

続きを読む

遠ざかる確信

振り返ってみると、昨シーズンの釣果は、ここ数年を大きく上回る好調なものであった。

それに対し、今シーズン、未だノーフィッシュの絶不調にあえいでいる。

思い返せば、春先の今シーズンを占うべき時期に釣行回数が確保できないこともあって、パターンを見失った。

一旦釣果を得ると、やはり何かしかのヒントがそこにあって、なんだか魚の動きが判る(判ったような気という意味ね。)もので、その延長線上に次の釣果という好循環になるのだが。

思えばそれが昨年度のパターン。

 

つまりは今シーズンはその反対の悪循環に陥っており、バス釣りの肝要はなんといってもモチベーションのキープにある訳で。

こんなことから、釣行回数自体もだんだんと少なくなって行き、、、、。(-_-;)

 

 

ミッドサマーも終わり、バスの補食が最も盛んとなる秋の到来。

ここはひとつ流れを取り戻さなければ。

 

 

続きを読む

金曜日夕刻の約束

首相官邸前のシュプレヒコール。

今や、金曜日夕刻のお約束となっている。

確かに大飯原発再稼働前後と比較すると明らかにその規模は縮小しているものの、なんやかんやでもう半年近く続いているのではないだろうか。

 

 

ピーク時はこちらの交差点まで人が溢れていたのだが。

 

 

続きを読む

反対方向の快感

本日、埼玉県の某所へ午前中に出張。

東京方向のすし詰めを尻目に、反対方向はガラガラ。

 

       

 

快感。

明らかに違う空気が漂う。

羨望の反対方向。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>