Hiroshima

広島のオフィスは原爆ドームの近くにあって、朝に少々寄り道。

 

 

原爆の日を控え、観光客もちらほら。

特に外国人が目立つ。

 

 

続きを読む

蓮花

この時期の朝の通勤時のお楽しみの一つ。

 

 

 

続きを読む

伽藍堂 夏

以前この店を紹介したのは、桜の季節の団子、花より団子と題してであったのだが、なんといってもここの本命は氷であろう。

一言で言えば、定番の宇治金なのであるが、その一つ一つがきちんとしたもので構成されると、それはなかなかない味わいをそこにもたらす。きめ細かい氷にちゃんとした抹茶。きちんと煮た小豆、白玉。そして、練乳。

 

          

 

完璧なる宇治金時。

もとい、それは八女茶のはずだし、メニュー上もあくまでも緑茶氷となる。

 

 

続きを読む

東山茶屋街

東山茶屋街は、景観保存地区として、相当な行政の手が入ってる様子。

そういった努力なしにこういった景観を保存することは出来ないんだろうね。

 

 

平日午前中にもかかわらず相当数の観光客。

努力は実ったようだ。

 

 

続きを読む

浅野川橋場界隈

石川県のプロジェクトもほぼ完了。

故に、金沢への出張もこれで一段落。

ってことで、恒例のサンダーバード1号による意図的早着観光もこれで一段落。

 

選択したのは浅野川近くの橋場、東山茶屋街。

 

 

橋場までバスで10分、200円。

しかし、道中も由緒ありげな建物が点在。

そこに、モダンな店構えの商店が融合し、毎度ながら金沢恐るべし。

 

 

続きを読む

こだまの宿命

前日の山口でのミッション明け、次の目的地三原でのアポは昼から。

移動時間は十分にある。

ことを急ぐのであれば、広島まで行ってそこでこだまに乗り換えというのが定石だろうが、めんどくさいのでこだまを選択。

5駅、204.2km、1時間28分の小旅行。

 

おと、その前に、我が小郡駅(新称 新山口駅)は、リニューアル工事の佳境。

在来線の高架化は選択できなかったようで、駅自体を架橋として整備している。

 

 

 

続きを読む

西へ

夕刻より、西へ。

必然的に、日の入りを追いかけることになり、時速200km/hのそれは多少の延伸をそれにもたらす。

 

 

 

続きを読む

3ピース

ACIDMAN、新世界ツアー、Zepp Namba 参戦。

1階スタンディング席、整理番号89番。文句ない良番号。

結果、躊躇するカップルを尻目にど真ん中の一番前を確保!

オールスタンディングの洗礼はこの間のサカナクションで受けて慣れたので、そこは覚悟済。

 

 

今回は目の前がオープンなので、酸欠もなく、、、、。

ただし、、、、。(-_-;)

 

 

続きを読む

伊予国夏空

2日連続の現場踏査。

といっても、本体は3日連続、途中参加の途中離脱なんで偉そうには言えんが。

暑い。

ただ、大阪のそれとは明らかに違う。

最高気温もであるが、如何に湿度のファクターが大きいか。

 

 

 

続きを読む

ボンバルディア!

好天の伊丹~松山間。

翼はボンバルディア。

一抹の不安を胸に。(笑)

 

 

ま、ベトナムやアフリカ、南米のローカルキャリアに乗ることを思えば、どうって事はない。(笑)

 

 

続きを読む

コンセプトとその行く末

こだまに身を落として、その身を削り、2編成の500系が広島駅に佇む。

 

 

当時の最新鋭のフォルムは、しかし、どこか劇画調かつ、レトロチックな風情を醸し出す。

その高速性のは封印、、、、。あ!各駅停車ということはその加速性能は有利に、、、。って、そのモーターの大食いは有名だし、そもそもこだまに速度を与える必要もそのダイヤ編成上あるまい。 

 

 

続きを読む

隔世の感

久々でもないが、母校訪問。

今回はリクルート絡みではなく、、、。

 

それにしても、変わったもんだ。

まるで大学!(大笑)

 

 

正直、当時は通っていた高校よりしょぼかった。(-_-;)

ほんとしょぼかった。

キャンパスライフって言葉は、当時は都会のものだった。

そもそも生協なんてなかったし。

 

 

続きを読む

アメ横~天空経由

常陸の国から折り返し、羽田から山口へ。

予約したフライトまでの時間調整は、同僚と雷の上野で降りて、軽音東京セクターで常用する飲み屋で。

 

  

関西の同僚とこの景色で一緒って、何となく違和感。(笑)

 

 

続きを読む

都、常陸、霞

月曜日の打合せに備え、日曜日のうちに茨城県へ。

新幹線と特急を乗り継ぐ、約5時間の旅。

そうは言っても、楽なもんだ。

ついでに、常磐線も東京に乗り入れてくれていれば、言うことはないのだが。(-_-;)

 

 

久々の、、、、、そうでもないか!(笑)の東京は、週末終焉のいつもとは違う浮ついた喧騒の渦中。

 

 

続きを読む

最後の機会

生まれ、そして小学校5年生まで過ごした街のとある業務を受注。

故郷に錦?(大笑)

その仕様書を見ただけで、その施設の位置と環境は掌握。

なんせ、通っていた小学校から百メートル少し。うちのバンド(偉そうに)のギターの自宅からも百メートル少し。(大笑)

 

梅雨終盤の豪雨の中、現場踏査。

その道程で、現在架け替え工事で隣接して仮設橋を設置中の、この街にとってはある意味シンボリックな存在であった橋を渡ることができた。

 

 

多分、最後の機会。

 

 

続きを読む

制空権と制海権

我が家の周辺で繰り広げられる、覇権争い。

空では、異種間の制空権争い。

 

  

そして、

海(湖(-_-;))では、目的を同じくするものの制権争い。

 

  

続きを読む

何故の片棒

なんでまた滋賀県?

大阪への通勤を前提とした住所として選択した訳だが、その疑問はよく投げかけられる。

特に東京で。

ま、要はとうきょうでいう茨城県のようなもんなんだが、その距離感の実感が伴わない故なのだろう。

その理由としては、

①そもそもかみさんとも、田舎出身でモータリゼーションを前提としたライフスタイルを欲した。

②新快速が在来線普通電車としては常識外に速い。新大阪にはしかも乗換なし。

③ドライブ見た景色が素敵。

 

ってな理由だったわけだが、こちらも当時は相当魅力的に映った。

 

 

パルコ。(笑)

 

 

続きを読む

きっとここが帰る場所

恒例のトリバンムービーアワード、2013年第二四半期。

おお!って作品に巡り会えなかったものの、佳作はそれなりに。

目標はの四半期で25本は、SupercarのLast Liveのヘビーローテーションがたたり、22本止まり。

 

闇を生きる男、海猿、無言歌、コズモポリス、アベンジャーズ、コロンビアーナ、終の信託、人生の特等席、崖っぷちの男、悪の教典、アンダーグラウンド、夢売るふたり、クライム・シティ、その夜の侍、さあ帰ろうペダルをこいで、鍵泥棒のメソッド、思秋期、きっとここが帰る場所、エデン、セブン・デイズ・イン・ハバナ

、96時間/リベンジ、ワンナイトワンラブ

 

で、栄えあるベスト1は、「きっとここが帰る場所」

 







 

ショーンペン、正直苦手だったんだけど、ミルクも悪くなかったし。

やっぱ、俺、音楽とロードムービーが組み合わさるとどうやらたまらないようで。

 

で、恒例のベストは、

 

 

続きを読む

Grand Front Osaka

金曜日の書庫整理の打ち上げ、新大阪駅横の特設ビアガーデンオープン日というニュースもその空模様から回避。さて、どこへ行こう。ヒューガルデンの誘惑に負け、たまには梅田方面まで足を伸ばそう、ン?そうなるとついでにグランフロントにでも行ってみるか、、、、。って流れ。

 

         

 

 

オープン一ヶ月くらい?

俺のこの手のデビューとしては、出色に早い。(笑)

 

 

続きを読む

Kingの進化

書庫処分の続き。

今回一番苦労したのが、ゴミ分別のための、いわゆるファイルの金属取り外し作業。

 

         

 

当然、十年近く眠っていたものだから、古いものが多く、分別回収を意識していない物が多い。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>