裏通り

オフィスから最寄りの駅まで、いつもメインストリートを通ってるのだがか、趣向を変えて裏通り。

当ビルの裏口から繋がっているそれは、メインストリートより若干短くもあるのだが、やっぱ表口から出入りしたいというなんともな理由で回避しがち。当然会社ではマイノリティーである。(^^ゞ

 

s-DSC07529

 

 

続きを読む

孤高

Zepp NAMBAに出撃。

ACIDMAN LIVE TOUR “ANTHOLOGY”。

 

s-DSC07565

 

いや、LIVEあるのは知っていて、半ば忘れていて一週間ほど前チケットサイトからのメールで再認識。

ええ!チケットまだあるんや。(少々のショックを伴って。前回はフルハウスやったのにな~。)

早々、以前より行こうって声をかけていた同僚を誘ってチケットを入手。

ただし、その年齢差、四半世紀。(^^ゞ

それにしても久々の正規購入のような、、、。

 

うーん。

被写体として期待していた、ツアートラックが無印。(^^ゞ

 

 

続きを読む

第三の白

サッポロから新発売された、第三のビール。

 

s-DSC07499

 

=リキュール(発泡性)①

この辺りに全く明るくないというか、味に疎いながら、量を飲む訳ではないので、今まで基本発泡酒系を買うことはなかった。

 

 

続きを読む

象徴と憧景

松江出張。

松江駅のスタバ。

半年くらい前にニュースになった店である。

オープン時の長蛇の列。

スタバ史上オープン時の最高売り上げ。

 

s-DSC07478

 

多分ね、都会出身の人にとっては、一笑に付す話しというか、想像することも難しい話しではあろうが、

田舎の人間にとっては、スターバックス=美味しいコーヒーってだけでないのは勿論、流行り物、オシャレをも通り越して、都会、いやもっと言えば東京の象徴、疑似体験の場とさえなっているのだ。

大津パルコにある直近のスタバでも、少し前まで北陸方面の方で賑わっていた。スタバに行くために、わざわざ滋賀県まで来ていたのだ。

 

 

続きを読む

3列の愉楽

昼間の長距離高速バス初体験。

正直、列車での移動のほうが快適であり、あくまでもコストとのトレードオフだと考えていたが、意外と快適。

 

s-DSC07468

 

続きを読む

京都駅経由

京都駅から高速バスで松江へ。

 

s-DSC07461

 

少々余裕をもっての到着となり、早朝の京都駅を散策。

てか、RX-100m3のサイトに京都駅の写真があって、、、、なんとなくというか、ほぼ確信犯的に。

ま、そのスキルを埋め合わすなんて全くもって難しい訳だが。

 

 

続きを読む

一週間遅れ

五月晴れの日曜日は神戸の母のところへ、これまた次男と。

 

s-DSC07189

 

部屋からは明石大橋が目前。

絶好のロケーションなのだが、なかなかそれを楽しむ訳にもいかないらしく、、、。

てか、いつもそこにあったら、それはそれでどうってことない風景にもなるしね。

 

 

続きを読む

プロパガンダ

週末は2日連続して絶好の五月晴れ。

土曜日は次男と釣り大会。

 

s-DSC07166

 

とは言っても、県主催の外来種駆除のプロパガンダの一環。

竿貸し出しの上の餌釣り。

 

 

続きを読む

○○さんへ

○○さん

 

お疲れ様です。

 

ここ10年間の自選の数枚です。

多少高級とはいえ全てコンデジでの撮影です。

全て、多少の露出補正のみのオート撮影です。

 

s-RIMG0855

 

貴方の買おうとしているカメラとほぼ同等と思ってもらっていいと思います。

自分なりにいい写真を撮ろうと意識した上で、1万枚中にこれくらい混ざります。(笑)

 

 

続きを読む

鏡面の構成

この時期、廊下側から琵琶湖を見やると、その視界の7割方を水面が占める。

 

s-DSC07118

 

川のそれ、水田のそれ、そして琵琶湖のそれ。

それが夕暮れ後の一時、鏡面と化す。

 

 

続きを読む

15年選手&9年選手

土曜日の午後、久々の洗車。

杉花粉であろう緑色のパウダーがなんとも不気味。(^^ゞ

 

s-DSC07067

 

チャームポイントのボンネット上のパワーバルジをなんとか格好良くと思ったものの、うまくいかんね。(^^ゞ

平成11年登録だから、15年選手。

車検も徐々に主要部品の交換に発展しつつある。

 

 

続きを読む

本棚のタイムカプセル

GW、実家よりスコッチを持ち帰り。

 

s-DSC07083

 

外国航路の船員だった親父の土産の品の残り。

当時、ウィスキーやブランデー等のいわゆる洋酒は国内では高価で、まあ体の良い土産になっていて、相当数があった。

まあ、今考えたら怒られるが、例えばスイングやレミーマルタンが料理酒として使われていたり、、。(^^ゞ

結果、十数本残っていて、ロイヤルサルートをはじめ数本は既に失敬していたのだが、今回は4本。

てか、ウィスキーに興味を抱いて初の持ち帰り。(笑)

 

 

続きを読む

最終日の選択 Vol. 2

そもそもの選択として、最終日の移動。

マジョリティーはその前日に通り過ぎており、大概この選択は吉と出る。

考え方次第ではあるが。

 

そして、さらなる選択として、山陽自動車道を使わず中国縦貫自動車道を選択。

 

s-DSC07045

 

 

続きを読む

最終日の選択 Vol. 1

きれいに晴れたゴールデンウィークの最終日。

夕方より帰滋という選択のおかげで、朝からゆっくりとした時間がながれる。

飛び石のおかげか、明けの苦をそれ程感じることもなく。

 

s-IMG_6574

 

天候にも恵まれた後半。

陽気に誘われ、散歩。

 

 

続きを読む

+989m

天候に恵まれたGW。

山口県と島根県の県境に位置する、十種ヶ峰(とくさがみね)に登頂。

 

s-IMG_6522

 

とはいっても、標高600m付近に位置するスキー場からの高低差約400m、小学校3年生を含むパーティーにて約2時間の道程。

とはいいつつ、結構しんどかった。

 

 

続きを読む

光と影

GW、山口の宿はかみさんの実家。

 

s-IMG_6480

 

それなりに古い家で、冬は正直寒いのだが、この時期は快適。

主役は光と影。それを風が演出する。

 

 

続きを読む

葱坊主

恒例のGW山口帰省。

裏の畑に被写体を求めて。

気を惹く花々は数々あれど、昆虫に一番人気は以外に葱坊主。

 

s-IMG_6468

 

甘美な香りに加え、実際に蜜も多いのかも。

でも、ネギの蜜ってどうよ。(^^ゞ

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>