順延の顛末

順延された愚息のサッカー決定戦。

一週間の時を経ていざ。

再度の台風も少しばかりオフセット。

雨中とはいえ、開催可能な状況で土曜日を迎える。

 

結果として、県大出場は成らず。

 

s-449C5997

 

夢は十分に見せてもらった。

本当にワクワクの一週間であった。

 

 

続きを読む

10.27の構成要素

さてと、10月27日のブレードランナー2049の公開を目前に控え、なにやらブレランバブルの様相。

ハイセンスを自認する雑誌はこぞってその特集。

「当然知ってますよ。ボクらが知らない訳ないじゃないですか!」とばかりの、免罪符的な。

 

その狂騒は、悪い事ばかりでもなく(てか、無害なんだけど)、こんな本を出版させるエネルギーにも転化された。

 

s-P1030702

 

「THE MOVIE ART OF SYD MEED」

こんな調子だわ、Penの特集号は思わず手を伸ばしたわで、人のことは言えんのだけどね。(笑)

 

 

続きを読む

雨に煙る日曜日

台風前日。

投票日。

タイトルリマッチの日。

ブレードランナー2049日本公開前最後の安息日。(笑)

 

我がチームの歴代雨男のなんと強力なこと。

あらためて、その能力。そして、奇跡を現実とする想いを思い知ることとなった。

台風さえ見方につけ、そのルート、強度、時系列の見事なまでのコントロール。

 

警報どころか、一日中携帯のアラートさえ鳴り響く力の入れよう。

おまけに、月曜日の通勤時間に混乱を招く余計なおまけまで、、、、、。

(会社着いたら昼休み、、、、、。)

 

軽口はさておき、

早々に投票を済ませ、引き籠もりのお伴を調達。

なんせ気分はいいから、俺には珍しく昼飲みの算段。

(てか、家で昼飲みって人生初かも。)

 

s-P1030722

 

 

続きを読む

決戦は土曜日

決戦の日は雨。

ここから3試合のトーナメント。

勝ち抜けば県大出場となる。

負けた時点で、U-12での公式戦は終了。

 

初戦は季節外れの台風前の雨中の決戦。

 

ss-449C5750

 

結果、1-1のドロー。PK戦の末の勝利。

 

 

続きを読む

音場のエトセトラ

サカナクションのライブ。

6.1チャンネルサラウンドがうたい文句@大阪城ホール。

 

s-P1030698

 

競争の激しいチケットを先行でゲットしたものの、残念ながらの後方スタンド。

 

ところが、、、、、。

 

 

続きを読む

867日のギャップ

2年と4.5ヶ月ぶりの琵琶湖釣行。

 

当然のように、最も自信のあるポイントに。

 

s-P1030680

 

フォトジェニックなポイントでもある。(^^ゞ

 

 

続きを読む

妥協の落としどころ

普段使いの筆記用具。

長年、ブルーブラックと赤の万年筆の2本で運用してきた。

確かに万年筆の書き味は、格別な時もあるんだけど、やっぱ常にメンテとインクの補充の手間からは免れない。

これを怠ると肝心なときに役に立たないってことも多々発生する。

そもそも、それにより思考を書き写す機会を逸することだって多々あるのだ。

 

さて、どうしたもんだ。

そんなの安価なボールペン系で事済むやん!

って、もっともなご指摘で。(笑)

そんなことは百も承知な訳だ。

まあでも、筆記用具に宿るなんちゃらってものやっぱりどっかで引っかかる訳よ。

 

う~ん。

まあ、最近文具メーカーの書き味へのこだわりは尋常じゃなく、ある意味ガラパゴス化してる風情なんだけど、これって世界が後を追う予感はある。

油性、水性、ゲルインク、フリクション系。数種類の太さ×メーカー。

その数は尋常ではない。

いや、すごいよね。

 

その中から、俺の好みは、ゲルインクの0.5mmと定まった。

そして、ブルーブラックがラインナップされてることが必須となる。

 

でもさ、決定的に問題なのは、そこに高級路線というか長年の仕様にも耐えるクールな奴がないってこと。

 

ってことで、選択したのは、、、、、、、。

掟破り。(笑)

 

s-P1030662

 

 

続きを読む

モンローの完結

アンディー・ウォーホール×味覚糖のど飴。

コンプリートの道は半ば。

あれから、2つを加えるに留まり、

それでも、ようやく3種のモンローがコンプリート、と同時に第4弾もコンプリート。

残すは、第5弾格言シリーズの3つ。

 

こちらのオークション等での取引きは既に佳境を過ぎているので、今後も根気の継続が必須となろう。

 

s-P1030670

 

 

続きを読む

金字塔の呪縛

10月5日、ブレードランナー2049が全米公開され、様々な雑音が聞こえてきつつある。

 

s-P1030672

 

てかさ、だからどうした!

そもそも、こちとらだってそもそも続編がオリジナルを越えるなんて思ってない。

観客動員数が芳しくない。てかさ、そもそもオリジナルだって全くもって特筆に値するものではない。

制作費が高額。って、そんなのリドリー・スコットに総指揮させりゃ金だって引き出せるだろう。

観客層の性別、年齢的な偏在を問題としているようだが、そんなのあたり前だ。

ここでも50代のおっさんが公開前から大騒ぎしてるのだ。

 

続編の小説、シナリオ。

現れては立ち消えになることは2度3度ではない。

 

期待はしていない。

ただ、落とし前をつけてもらわない訳にはいかないのだ。

そして、落胆はしたくない。

 

 

続きを読む

沈黙-サイレンス-

恒例のトリバンムービーアワード、2017年第3四半期。

 

対象は以下の22本。

ブリジット・ジョーンズの日記ダメな私の最後のモテ期、ジョン・ウィック2、裁かれるのは善人のみ、オアシス:スーパーソニック、ブルーに生まれついて、トランスフォーマー最後の騎士王、イエスタデイ、ブリーダー、太陽のめざめ、エル、好きにならずにいられない、ブリーダー、君の名は、ゴースト・イン・ザ・シェル、パッセンジャー、沈黙-サイレンス-、灼熱、彷徨える河、エイリアン・コヴェナント、百円の恋、フレンチ・ラン、ダンケルク

 

その中でのベストは、沈黙-サイレンス-。

 

 

俺の中では圧倒的だった。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>