家路を急ぐ人々

明日の未明に備えて、つまりはその前に仮眠を摂るべく、早めの帰宅。

電車の中は、多分同じ穴の狢で埋まっている。

てか、現時点で午後8時を廻っているからそもそも、これが日常なのかもしれない。

 

望外の幸運。攻めた結果としてのドロー。そして、今までにない狡猾さを身につけた上での決勝トーナメント進出。

サッカーのルールやその背景、その正当性、是非、エンターテイメントとしての責務、夢を与える側の義務、教育としての規範。

まあ、この際、ええやん。

てか、

 

なんせ、4年に一度。いや、8年に一度の祭典は今正に佳境。

少なくとも、母国がそのただ中にあることを今はかみしめようではないか。

 

就職前までワールドカップなんて日本と無縁と思ってた。

遠い異国の地で開催される、強者どもの祭典。

ようやく、その扉を叩き、今やその常連。

 

そして、オランダ、イタリアは出場さえ叶わなかったロシア。

ポルトガルとスペインが死闘の末何とか勝ち取った決勝トーナメント進出。

アルゼンチンが首の皮1枚でたどり着いた進出。

あの、ドイツ、ポーランドが果たせなかった進出。

アフリカ勢は姿を消し、アジア勢の唯一の生き残り。

何よりも、予選の1勝であのネイマールが男泣きした予選。

 

その、アルゼンチンも、スペインも既にここを去っている。

 

ここで、砕けるも一興。ベスト8の扉をこじ開けるも一興。

未知の領域へと繋がる少し狭い扉がその障壁には備えられている。

いざ。

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>