FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

再開に寄せて

2020年6月27日。
Jリーグが再開された。

想像していたより、随分あっけなく、そして粛々と。
自分にとっても。

s-200628-003.jpg


2月末の開幕戦以来、指折り数えてこの日を待っていた。
大真面目は話し、泣いちゃうかも知れないとさえ思っていた。
(ここ、笑ってもらっていいとこよ。(^^ゞ)
続きを読む

スキャンされた時代 Vol.1

フィルム時代のプリントをスキャナーで取り込むという、作業を行ったのは既報のとおり。
その中から、ブログネタとなりそうなものをピックアップしていこう。

その内容は、基本的にはハードウエアがその中心を成すことになろう。
ジャンル別ではなく、時系列に辿ってみようと思う。
とはいえ、それは一連の連続した事象として繋がることはないと思う。
あくまでも、断片的に。
脈絡なく。


さて、遡る基点は、、、、、、。
ここらにしようか。

s-AL010_0051.jpg


大学の一回性。
多分、入学式に向かうの図。
続きを読む

今故の、

さて、ここ数ヶ月の自粛期間。
果たして、何が響いたのか。
今故の、なにがしかの傾向はあるもんなのか。

ってことで、ここ数ヶ月、なにげに選択したり、聴きたくなったりしたものをセットリストにしてみた。

2020コロナ


いかがでしょうか?(大笑)
続きを読む

準備万端?!

日曜日の日蝕。
天候にも恵まれそうだったんで、準備。
連続写真に加え、その拡大をと画策。


減光フィルタは入手済。

s-200621-003.jpg


てかさ、
うまく撮れてたら、最初にこの写真載せんわな。(大笑)
続きを読む

梅雨の晴れ間

故あって、土曜日に山口に日帰り帰省。
県境を跨ぐ往来が全面解禁になったことと、無関係ではないことを言い添えておこう。


金曜日までのまとまった雨が収まった、いわゆる梅雨の晴れ間。
その恩恵はあえて必要のないものであったとはいえ、

s-200620-004.jpg


ありがたく。
続きを読む

電子化

コロナに伴う自粛がきっかけで、デジカメ以前のフィルムプリントの電子化をはじめた。

s-200614-001.jpg


今どきのインクジェットは、大概複合機で、当然のようにスキャナーを兼ねている。
それこそ、進歩したもんで、写真を4枚適当にならべてPC側ソフトから操作すれば、上下を調整して4枚のJPEGファイルを作成してくれる。
まあ、十分便利なんだけど、大量に連続するとなると、ソーターはないので並べて蓋を閉めるのは当然のようにマニュアル。
続きを読む

弦高をめぐるエトセトラ

ギターの弦高がどうも高い。
てか、テクニック的にというか奏法的にどうのこうのとか、
そもそも、そういうレベルではないのでそういうレベルの高い話ではなく、
    弦高高い=左指先が痛い
だろうから、というレベル。

測定してみたところ、ローポジ側は標準的、いんだけど、ハイポジでどうも高い。
てことはさ、そもそもハイポジ側はほぼ使用しないので、関係ないじゃん!
なんだけど、、、、。
判明すると気になるやん。(^^ゞ

s-200613-004.jpg


12フレットの6弦下で3mm弱が標準的ということで、2.7mmをチョイス。
ダイソーの100円ノギスにて。
さて、皆さんノギスの読み方覚えてます?(笑)
続きを読む

31日

東ティモールに次ぐのは、ベトナムの64日、そして、ホンジュラスの31日。
本駄ブログが再開されたのは、2007年。ベトナムはその渡航記がアップされてるし、ホンジュラスも後半は再開後で既報なので、省略。
そうなると、ホンジュラスと同日の31日で並ぶのは、カンボジア。
ちなみに、これ以下の滞在となった各国は全て本駄ブログに収録済なので、本シリーズ?は、これで了となる。

滞在したのは、1993年の4月~5月にかけて。
つまりは、UNTACの明石代表、自衛隊派遣と思い切り被った、総選挙前の混沌とした時期。
ポルポト派の虐殺の数年後。内戦の傷跡残る、いや直後、いやまだ地方においては終結していない状況。
故に、公用パスポートで戦争保険加入。
でもって、初海外、飛行機さえ2回目という状況。
ちなみに、29歳独身。

s-200531-001.jpg


露出オーバーもご愛敬。当然のごとくフィルムカメラのプリントスキャンです。

続きを読む

選択した地

自宅のある場所は、
古くは万葉集にも詠まれ、
室町時代に詠まれた歌を発端としたことわざの発祥の地だったりする。

その地にある神社、単に一番近い神社というだけなのだが、飛鳥時代!の創建と伝えられていたりする。
ここで、その真偽に言及する気はないが、少なくとも前半の2つは事実。

s-200606-045.jpg


前回アップの鳥の写真の道すがら、、、、
というか、鳥を発見出来ず、結果として辿りついたのがこの神社。
要は、今後、ご近所の写真をアップする機会が増えそうな気もするので、
そのプロローグとして。(笑)
続きを読む

羽ばたく

鳥にターゲットを絞って近所に自転車で。
そううまいこと、鳥が居る訳でなく、てか、それが目的なら近所というのではなく、ポイントってのがあるのだろうとは思う。

結果、コサギとハクセキレイ。
まあでも、初心者には狙いやすいというか、十分。

s-200606-051.jpg


かといって、それを目的に行動を起こそうというところまでの気は、今のところない。(笑)
続きを読む

荒野にて

恒例のトリバンムービーアワード。
2020年第二四半期のそれは、ノルマ100/4=25本のところ、36本!
一頃、やむない在宅による消化に加え、NETFLIXが貢献。

ただ、正直抑揚のない、秀作はあってもその上に出会うことのない四半期となった印象。
対象の36本は、
ある少年の告白、君の名前で僕を呼んで、A.I.ライジング、アメリカン・アニマルズ、ウトヤ島、7月22日、コンフィデンスマンJP、GO、
僕たちは希望という名の列車に乗った、レプリカズ、マイ・プライベート・アイダホ、アマンダと僕、僕はイエス様が嫌い、ピンクとグレー、アリーキャット、HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ、アップグレード、ウォールフラワー、ベン・イズ・バック、青の帰り道、マリッジストーリー、ダンガル きっとつよくなる、イントゥ・ザ・シー、バード・ボックス、50年後の僕たちは、TOKYO!、ニワトリスター、スタンド・バイ・ミー、パッセンジャーズ、タイラー・レイク-命の奪還-、彼の見つめる先に、1922、僕と世界の方程式、キングダム、メメント、スノーピアサー、サニー/32

その中で、ベストは「荒野にて」



そして、僅差で、「僕と世界の方程式」



秀作には事欠かない。
続きを読む

愛と幻想のファシズム

出会いは、就職後の独身時。
村上龍は認知していたものの、当時本を読むという習慣はなかった。
横尾忠則の鮮烈な装丁が目に入ってのものだと記憶している。

s-200519-002.jpg


それがね、なんかツボにはまったというか、2、3日で読破した覚えがある。
続きを読む
  • コールドとクール (07/01)
  • 再開に寄せて (06/29)
  • スキャンされた時代 Vol.1 (06/27)
  • 今故の、 (06/24)
  • 準備万端?! (06/23)
  • 梅雨の晴れ間 (06/21)
  • 電子化 (06/19)
  • 弦高をめぐるエトセトラ (06/16)
  • 31日 (06/13)
  • 選択した地 (06/09)
  • 2020-07 (1)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>