FC2ブログ

57歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

束ねるもの

そういえば、、、、、。
昔の記事、つまりは海外行ってたことの記事って、現地からの報告に加えて、グッズだとかステーショナリーに関するものが多かったような、、、、、。
以降は、その時に応用で対応してて新機軸も少なく、この手の記事って減ってるよね。

さて、
皆さん、ケーブル類、束ねるというかまとめるときどうしてます?
簡単に済まそうと思えば、針金にビニルがコーティングされてるやつね。
ちなみに、これ名称ないよね。商標的に「ネジラー」とかいうらしいけど、一般的ではない。
こいつで機能的には十分で、例えば一方をケーブル繋いでおいて残りで束ねてねじればオケ。
でもね、これって結構あっという間にちぎれるのよね。
あと、食パンを開けた時にもう一度とじるのに使う平たいやつとかね。こいつは正直イマイチ結束感がないしそもそも意外に嵩張る。
まあ、同じようなことを考えている人は多いみたいで結構多岐な商品出てるのよね。
ファンシーな奴も多数。
それが、いずれもイマイチ。(使わずとも明らかなものを入れて。)

と、
試行錯誤の末、辿りついたのがこちら。

s-201030-001.jpg


故にちと記事に。
続きを読む

奏でるもの

ギターを再開して、いろいろ周辺機器を揃えたのだが、実はピックは買ってなかった。
かみさんが使ってたと思われるものがあったので、不要だったってだけのことなのだが。
そのピックは標記はないが、多分ミディアムの標準的なそれ。
材質は、わりと柔らかいというか柔軟性があるというか、粘度?があるプラスチック。(割と淡い色が多いタイプね。)
要は、そこそも俺が使っていたタイプではなかった。

俺は、固めのものを好んで使っていた。
材質の比較的硬質なそれ。(鼈甲柄もしくは黒いタイプのやつね。)

そもそもが、ピックの材質を語るようなレベルにないし、だからなんなの?って話しではあるのだが。(笑)

s-201017-001.jpg


てかさ、よくよく考えてみたら、買やいいのよ!
天下のマーティンのそれでも、1枚110円。
56歳のおっさんが躊躇するような金額ではさすがにない。(大笑)
続きを読む

年に一度

J2リーグは、全22チーム、ホーム&アウェイの総当たり戦。
コロナ禍の今年も、その枠組みは変わらず、開幕戦以降の休止期間を埋めるべく、通常週1回開催のところを週末以外の水曜日に試合を組む過密日程。

つまりは、ホーム以外での観戦の機会が半分あるのだが、いかんせん関西のJ2チームは、ここ京都のみ。
去年までいた岐阜はJ3に降格中、その次に近いとなると、徳島、次に岡山、金沢となる。
京都は貴重な関西唯一のJ2チームな訳で、京都サポーターには申し訳ないが、昇格してもらっても困る訳だ。m(__)m


s-201018-008.jpg


その京都は、今年から亀岡にサッカー専用スタジアムを構えているのだが、この試合が、アウェイサポーターを受け入れてのはじめての公式戦となる。
続きを読む

月齢27.7の夜

本日(10月16日)の月齢、27.7。
明日、明後日は新月。
ただし、曇りもしくは雨の予報。
星の撮影。
これは、その巡り合わせとの闘いでもある。

まあ、どうしようもないよね。
ってことで、帰宅して夕食をとって、マンションの非常階段。
残念ながら出て来た雲の切れ間をぬって。

s-201015-002.jpg


うーん、リサイズすると、なんなんだかさっぱりやね。(^^ゞ
続きを読む

放浪の作法

職場がフリーアドレスに。
時代の流れなのかと思いつつ、これって日本発の形態で、かつそうだとは思ったが、和製英語なのね。

その善し悪しは実地を経てとして、大きなインパクトの一つは、机の引き出しがないということ。
つまりは、ステーショナリーだとか、書類だとか、それこそ場合によってはティッシュとか小物も含めて、まずは机上に展開する必要がある。

ってことで、こちらを購入。

s-IMG_5153.jpg


最小限の文房具ということなんだけど、まあこれで確かに事足りるよね。
続きを読む

10月初旬の弾丸帰省 Vol.2

彼岸花に誘われた散歩の後は、裏の畑へ。
人の手を失った畑は徐々に自然へ回帰すべくその地を覆い尽くそうとするものを今は、エンジンの力を借りた文明のツールで定期的に抗うしかない状況。
そんな中、幾ばくかの残った被写体。
そこにそれ程の季節感がないのは、必然なのかも知れない。

s-201004-024.jpg


24-70mm一本勝負。
つまりはトリミングは前提でお届けします。
続きを読む

10月初旬の弾丸帰省 Vol.1

コロナ禍第2波の影響でお盆前後の帰省を断念。
介護、医療関係においては、そもそも県外の人間との接触は、その業務の遂行を中止する程のインパクトとなる。
だた、考えてみれば、仮にそこを基点に発症すれば、クラスターとなるリスクは大きいし、その場合の影響は甚大となり、
現時点で、それ以外の選択肢があるかとなると、、、、。

10月の声を聞いて、第2波も収束に向かいつつあるという判断らしく、規制も緩和され、少なくとも一時的な帰省は許容された。
ということで、先週末1泊2日の弾丸帰省となった。

s-201004-005.jpg


彼岸花が終わりかけ。10月初旬の山口はそういう季節感。
珍しくもなんともない景色だし、そもそも滋賀県だってそこら中で見かける景色ではあろうが、新鮮な景色。
考えたら、帰省って基本、正月、GW、お盆。
この時期の帰省ってのはイレギュラーな訳だ。
続きを読む

Might as well JUMP

青春が逝った。
本当の話、ファンだったとかそういうのではないけど、
当時って、少しでもバンドに関わってたり、否、洋楽好きだったら、
チャートのベスト10くらいはみんな共有してたし、聴いてもいた。
ついでに言えば、深夜のベストヒットUSAは、待ち構えて毎週観ていた。
てか、まだビデオなんてない時代。

そんな時代の、ギターヒーロー。
ジミヘンとかクラプトン、ジェフベック、ジミーペイジ辺りはもはや伝説の域。
そんな中、サウンド的にもポップで、当時のサウンドも取り入れた上で、ボーカルにも個性に溢れる才能を配置。
舞台は整っていた。
そのうえで、そのギターサウンドはオリジナリティーに溢れ、その存在を主張。イヤ、それを凌駕さえしていた。
ギターありきのバンドだった。
いわゆる暗黒の80年代を支えた、ポップな、でも時代を反映した存在感のあるバンドだったと思う。
PVの存在は、これらの事象を加速させる存在でもあった。
まさにギターヒーロー。



この映像、メッチャ貼られてるやろうね。
r.i.p.
続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから

トリバンムービーアワード2020 第3四半期。
てか、今年も残り3ヶ月なのね。(^^ゞ
この第3四半期でのベストは、こちら。



これがね、この第3四半期、何と37本。
Netflix効果が継続中故なんだが、どうも最近飽きてきてというかやっぱりレンタルで手に取ってという価値観に再び目覚めて(無論一番は映画館でってことなんだが)、最近TSUTAYAに回帰中なのは既報のとおり。

といいつつ、こちらNetflixのオリジナルなのよね。(笑)

ちなみに、37本は、追記に譲るけど、いわゆる傑作に辿りつかなかった代わりに、秀作には数多く。
その中で、俺の中の秀作の要素を全て満たした、まあ簡単に言えば好みの映画。
なんというの?
なんのことはないんだけど、あくまでも日常なんだけど、そして大きな出来事ってことはないんだけど、そして、これからどうなるんだろう的な余韻があって。で、映像が美しく、映画的で、ついでの音楽も、、、、。
そこを極めた傑作。
だと思う。
まあ、正直そんなに周辺の映画好きの共感は得られなかったんだけどね。(笑)
続きを読む

中秋の名月

なんだかよく判らんが、中秋の名月は満月とは限らないらしい。
兎にも角にも、2020年の中秋の名月は、10月1日のそれということらしい。
(そんなに面倒な話でもないのだが、特に興味ないので(^^ゞ)

s-201001-001.jpg


換算1600mmで狙ってみた。
続きを読む
  • 久々に島に渡る (04/15)
  • ショットグラスの要件 (04/06)
  • 超絶技巧 (03/30)
  • 桜咲く (03/28)
  • 新世界の1ピース (03/25)
  • 春めく Vol.2 (03/19)
  • 春めく Vol.1 (03/16)
  • 啄木 (03/07)
  • キングフィッシャーの所以 (03/04)
  • オーセンティックの意味 (02/27)
  • 2021-04 (2)2021-03 (7)2021-02 (13)2021-01 (10)2020-12 (14)2020-11 (12)2020-10 (10)2020-09 (11)2020-08 (10)2020-07 (12)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別アーカイブ

    04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>