FC2ブログ

57歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

先進国の定義

お察しの方も多いだろうが、年末に母が倒れた。

その母を転院のため明石へ移送。

 

利用したのは、JR、つまりは新幹線。

 

 

ご存じの方も多かろうが、新幹線には必ずこのような多目的室があり、普通指定席料金で予約することが出来る。

予約利用者がいなければ、誰でも車掌に断って利用することが出来る。例えば気分が悪くなったとか、授乳だとか、、、。

 

 

このようにベットにも早変わり。

 

 

近くには車いす用トイレも。

併せると結構なスペースを占有している。

これだけのスペース、つまりはJRはコストをかけている訳だ。

 

そして、特筆すべきはその対応。

指定席購入時にみどりの窓口で依頼すれば、本人の状況、乗換方法等についてのヒアリングを行った上で、全ての乗降駅・列車関係者でそのサポート体制を組む。

当日は、それに乗っ取って乗車した新山口、新幹線乗換の岡山駅、新幹線から在来線へ乗り換えた姫路駅、そして在来線の降車駅の全てにおいて係員が必要にして十分なフォロー。

そりゃ、当たり前の一言、公共交通機関を生業とする企業の責務とかたづけるのは簡単だが、それだけの体制を組める人員を確保している訳で。

これは誇るべき事だと思う。

 

勿論、JRだけでなく日本の鉄道においてはほぼ同等のサービスが提供されていると思われる。

果たして中国の新幹線でこういったサービスが提供されているのか?

正直調べてないのでもしかしたら同様なサービスを提供しているのかも知れない。

しかし、それでも在来線も含めてっこういう体制ってことはことはなかろう。

ちなみにJR西日本では在来線でも車両によっては車いすスペース、対応トイレを整備つつある。

 

多分先進国ってのはこういうことなんだと思う。

日本だって、高度成長期にはこういった対応はなかっただろう。

成長にブレーキがかかってはじめてこういった事象に目を配れるようになるんだろう。

それを支える経済的裏付けも必要だ。

 

シンガポールしかり、この間のクアラルンプールしかり、昨今のアジア諸国には東京となんら遜色ない都市空間を形成している都市も多い。

ただね、前も書いたように、そこにある文化の集積というかそういったもに容易に追いつけるものではないと思う。シンガポールは東京に追いつけても、多分追い越すことは容易ではない。そして、同様に東京がニューヨークやパリ、ロンドンを追い越すってこともなかなか難しいんだと思う。

それと同様に、福祉だとか弱者に優しい都市創りだとか、実際には目につきにくい先進化ってのも、十分に速くはないものの着実に日本においては進んでおり、そう易々と追いつかれるものではないんだと思う。

 

心配せんでもむこうも、日本と同じステージとなればその発展は鈍化する。

そうなると、日本のこれからの立ち位置の目標は?

ある意味の着地点。

これまで以上の発展というか相対的立ち位置を本気で目指す?

それとも、ある程度の経済縮小を許容する?

今までの政治家は前者の立場をとりつつ、かといってその具体的指標なり施策を示すことはなかった。

そんな中、某話題の政治家のいうところの「目標として現状維持」ってのは、めっちゃリアリティーをもって響くのである。

5541:No title
たしかに日本はこういう交通機関のバリアフリーが進んでいると思います。
イギリスとか、鉄道のホームと車両に段差が大きくあったり、そういう点では不便そうなのですが、街を歩くと車椅子の人がかなりいます。
日本の比じゃありません。アメリカも多かったなあ。
周りの人々の配慮というか、受け入れる健常者の心のバリアフリーというか、そういう点で日本はまだまだだとそのとき思いました。
5542:No title
アメリカ人の弁護士さんが知人にいますが、サービスの進化とは個人の状況に対応できるカスタマイズが可能かどうかだといっておりました。
例えば、日本のレストランは対応はすごくいいんだけど、これをあーしてこーしてというと全く対応できないんだよねーと残念がっています。少しピントがずれましたけど・・・
5543:No title
お久しぶりです
そうでしたか、ご母堂様の早期回復をご祈念いたします

ところで、先進国 の定義をそれとなく考えてはいたのですが、鉄道に限らず日本のいたるところで弱者への配慮が見られます、時には行き過ぎで ”贅沢な!!”と感じてしまうことも有るのですが・・・・

トリバンさんの目を通して見た先進国って、やはり 回りに対する配慮の深さが深いということなのでしょうか
インドの交通事情でもわかるように、回りを無視した危険極まりない運転がまかり通るそれが開発途上国、いわば、未成熟な社会、またそこに暮らす人々のモラルも未成熟 ということなのでしょうか?
ただ、最近日本では開発途上国でさえ起こり得ない幼い子供が親に殺される事件が多く起きています
痛ましいと同時に、なぜ と思わずには居られなくなります
5544:No title
ご母堂さま、移動ができるくらいのご病状で何よりだと拝察いたします。

以前から新幹線で帰省するたびに、「多目的室」が気になっておりました。これなら、何らかの事情のある方でも、周囲を気にせずに移動が可能ですね。

公共施設のみならず、通勤電車中や路上で通常見受けられる健康な殿方の、年配の方や妊婦さん、子連れの女性に対する配慮のなさは、見苦しい限り。やがて「先進国」の紳士としてふさわしい振る舞いができるよう成長していただきたい、と切望しています。
5547:No title
>YAPさん
確かにロンドンの地下鉄は明かに古いというか狭いですよね。
インドで車椅子を持てない人が道を這っているのを見たときの衝撃は今でも忘れられません。

>くろこさん
確かに、カスタマイズに対応できる店が少なくなりましたね。
でもそいつはアメリカの文化だろうが!とも思っちゃいますが。

>IZACさん
そうですね。
そういう意味では日本も熟成期。
でも今の地位を確保するだけでも相当な努力と革新が必要な気がします。

>びわ子さん
そうでもないと思いますが、如何でしょう?
ただ、そう言ったのって自分で気がつかない人が多いんですよね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ロックダウンの島 Vol.2 (06/19)
  • ロックダウンの島 Vol.1 (06/17)
  • デリーでカレーライス 【後半】 (06/14)
  • デリーでカレーライス 【前半】 (06/13)
  • ケララチキン 【後半】 (06/11)
  • ケララチキン 【前半】 (06/08)
  • 森林へ (06/05)
  • 渓谷へ (05/31)
  • 撒き餌の今昔、そして、、、、。 (05/28)
  • リペア (05/22)
  • 2021-06 (7)2021-05 (10)2021-04 (9)2021-03 (7)2021-02 (13)2021-01 (10)2020-12 (14)2020-11 (12)2020-10 (10)2020-09 (11)2020-08 (10)2020-07 (12)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2021/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>