FC2ブログ

57歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

直6の憂鬱

いつもの滋賀-東京往復途中の東京駅八重洲口、久々にBMW-Studioへ。

BMWは同大会のスポンサーのようで、当日の展示は東京マラソンのオフィシャルカー。

 

 

その1台はフルモデルチェンジされた3シリーズの日本導入の先鋒328i。

 

 

 

 

前モデルの発表時までは概ね堅持させていた、シリーズナンバー×100+排気量(dL表示?)のモデル名称は、その規律をマイナーチェンジ過程で放棄され、その出力レベルを暗示するアイコンと成り果てている。

その主役は、同一エンジンのデチューンと過給器。

 

しかも今回は、のっけからツインターボと組み合わされるとはいえ、328iながら2.0L、しかも4気筒と来たもんだ。

ちなみに、今春導入予定の320iは同一エンジンのデチューン番。逆にこちらは、ある意味正当なネーミングとなる。

さらに、今秋導入予定なのが、直列6気筒ツインターボにモーターを組み合わせたアクティブハイブリット。名称は、、、聞いたけど忘れた。(-_-;)

ここまでが、現時点での日本導入予定のモデルということらしい。

ハイブリットが現335i同等モデルということになるんだろうが、果たしておいくらに?5シリーズのボトムモデルと当然競合するだけに興味あり。

 

まあ、環境重視で、エンジンをダウンサイジングした上で、過給器で効率的に混合気をコントロールして燃費とパワー、を両立させるという、近年のトレンドにBMWとしてもいよいよシフトしたということなのだが、、、、、。

 

ただ、328iというネーミングでその名に恥じない出力とトルクさらには出色の燃費を誇ると言いつつ、4気筒の2Lエンジン。前モデルで同じく先鋒をになった直6搭載の325iの当時の価格と比べると、概ね50万円高い印象。

確かに全長が5cm大きくなり、その他装備も充実しているとは言え、、、、。

 

この疑問をディーラーの担当者に後日ぶつけたところ、逆に安くなっているとの反論。曰く、今回の328は旧モデルの330にあたり、同じく320は前の323、ハイブリットは335にあたる故。確かにエンジン出力を比較するとそれは言えなくもない。エンジンだけでなくシャーシやサスペンション等々も出力相応のものとなっているハズだし。

そんなんだったらネーミングそれに合わせろよ!所詮排気量標記は既に放棄しているんだし。第一そうなると旧(現)320相当のものは????あ、もしかして318の復活?

てかさ、やっぱどう考えても直6NAより直4ツインターボの方が随分安く出来ると思うのだが?

 

近年Audiにディーラーにおける値引き攻勢で販売面で守勢に回っているとの情報を鑑みると、その値引き分をカタログ価格に上乗せしているのかと深読みしたくもなる。

フォルクスワーゲングループでシャーシ等をシェアし、エンジンのダウンサイジングで先行するAudiと較べて、専用シャーシであるBMWが価格面で不利であることは否めないし。

 

 

たらたらと書いたが、リプレイスの予定はない。(大笑)

ただ、BMWのセールスポイントの一つである直6の敷居が随分高くなるんやなと。

逆に、リプレイスをしない理由を補強さえしているような。

加えて「直6はやっぱNAでしょ!」な~んて、ダメ押しを提供さえくれているような、、、、。(-_-;)

 

てかさ、BMWを選択する人の大半はその直6に魅せられて故だと思うのだが?

その辺りのマーケティングどうなん??????

5548:No title
欧州は確実にダウンサイジング+過給の道を進んでいます。
BMWの場合、新しいモデルはほぼフルラインナップで可変リフト(バルブトロニック)を採用してきておりますので、それなりにエンジンにコストはかけてます。
BMWはやはりエンジンの技術においては他社の数歩先を行っています。
間違いなく世界一でしょう。
それが逆にハイブリッド化を遅らせることになってきていますが、車両のライフサイクルトータルで見て、果たしてハイブリッドが環境に優しいのか、そこは微妙な気がします。
5549:6 or 4
6気筒NAより4気筒 Turboでは若干後者の方が高いそうです
共通部品の2気筒よりも複雑なメカニズムのターボの方が
かなりややこしいと言ってました
4気筒 TurboはトルクがNAの比ではないので
328はわからないではないのですが
高回転で云々 というのは残念ながらもう望めないですね・・・
(ToT)
5550:No title
うーん、わしは4発の方がいい。50:50の方を重視かな。
その意味ではどんどん大きくなる車体はちょっとね。
後ろに写ってる自転車の方がいいなあ。
5553:No title
>YAPさん
可変リフトは前モデルでも採用されていて、確かにそれなりに燃費と出力に貢献していたのですが、ダウンサイジングと過給器による積極的な制御って効くんですね。

>chandraさん
おお!待ってました。(笑)
へーそういうことですか!6気筒の方がコストかかると思ったのですが、確かにそうですよね!
まあ、私の場合、峠をどうのこうのってことは100%なくて、もっぱら高速道路での進入時や追い越し時のキュイーンに快感を得ているばかりですし。(笑)

>あるあるさん
そっか、BMWのどこにアイデンティティーを感じるかってことやね。
あなたは、どちらかというとそれが50:50、私はエンジンってことか。
てかさ、YAMAHA党とHONDA党の反対やん!(笑)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ロックダウンの島 Vol.2 (06/19)
  • ロックダウンの島 Vol.1 (06/17)
  • デリーでカレーライス 【後半】 (06/14)
  • デリーでカレーライス 【前半】 (06/13)
  • ケララチキン 【後半】 (06/11)
  • ケララチキン 【前半】 (06/08)
  • 森林へ (06/05)
  • 渓谷へ (05/31)
  • 撒き餌の今昔、そして、、、、。 (05/28)
  • リペア (05/22)
  • 2021-06 (7)2021-05 (10)2021-04 (9)2021-03 (7)2021-02 (13)2021-01 (10)2020-12 (14)2020-11 (12)2020-10 (10)2020-09 (11)2020-08 (10)2020-07 (12)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2021/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>