FC2ブログ

57歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

首相官邸前にて

金曜日夕刻の首相官邸前。

 

 

大飯原発再稼働の首相方針に対するアジテーション、いや、これはデモンストレーションやな。

 

ここにこうやって集結して、自分の意見として原発反対を唱える人々には本当に敬意を表する。

しかし、ここに集結した人の一人でもこの訴えが届くとは思っていまい。

予定調和。

 

ここでのこの手のデモンストレーション、ここ数ヶ月年中行事となっていた。

しかし、本当に訴えるべきは、首相ではなく、声あげぬ市民に対してだろうに。

 

首相の原発再稼働の方針というのは、国の立場としては至極当たり前の、ある意味まっとうな意見であって。

単純化すれば、リスク評価のさじ加減の違いな訳だ。

政府だって馬鹿じゃない。

国民の大半は結局容認派と判断している訳だ。

その判断は正しいと思う。

最大野党は口をつぐみ、急先鋒は社民党という有様。

 

逆にいえば、

これらを覆すことができるのは、ひとえに国民の声。

例えば、100万人がデモで首相官邸を埋め、一日でも首都の交通を麻痺状態に陥れれば、無視は出来ないハズだ。

 

つまりは、こんなところでどうせ届きはしないシュプレヒコールを繰り返すより、路上でプロパガンダに励みビラを配ったほうがよっぽどましだと思う。

ここで、こうやって活動していると、マスコミが取り上げるから?

って、この期に及んで電力会社に楯突けないマスコミに何を期待しているの?

彼らにとってそして大方の国民の関心事はAKB総選挙でありワールドカップ予選なのだ。

それを証拠にこの姿を捉えようとするメディア、明らかに外国のメディアが目立っっていた。

マスコミが呟く、大半の市民の思いとかけ離れているというコメント、ちゃんちゃらおかしい。

 

一方でそういったマスメディアに頼らなくとも、今日ネットからの情報発信によりそういったプロパガンダは比較的容易なハズなのに、少なくとも俺の耳にも届くようなムーブメントが形成されたという話しを聞かない。

 

審判は下された。

国民は総意として、原発再稼働を容認したのだ。

ただ、漠然と反対!、俺は我慢出来ると思ったところで、意思表示をしなければて所詮意見でもなんでもないのだ。ただの感想。

あくまでも俺を含めた声あげぬ市民は原発再稼働を容認したのだ。

以降、これがもたらす結果を人のせいにしてはけない。

自分達が選んだ道だ。

本当は俺反対だったんだ、それみろ!なんて絶対に言ってはいけない。

その資格はない。

その十字架を背負う義務がある。

 

俺達は声をあげなかったのだ。

自責の念を込めて。

5745:No title
私は 自分のサイトで 意思表明しています
twitterやFBでも 多くの方が意思表明しています
ちょっとだけ 自分の意見をだせばそれでいいんです
大したことではないんです
その結果の適正な犠牲をはらう覚悟はもちろんあります
 
5747:
電力が不足すると、中小企業の経営、ひいては雇用に重大な問題が生ずるとの現状での政府の選択は、理解せざるを得ないと私も思います。生活が回復できないままの福島の方々には大変申し訳ないと思いながら、中小企業が多い関西では電力の不足は死活問題となりかねないでしょう。

おまけに今の原発はたいていが田舎にあり、これがなくなれば雇用を失う人々が大量に出現するシステムになっています。沖縄の基地問題と同じような二律背反的な状態ですから、そこを考えると簡単に反対と言っていいのかと思います。

いや、これらはきれいごとで、極論を言えば、言論の責任はとりたくないし自分は可愛い、のです。黙々と働き、羊のように声をあげず従順に生きていくしかなく、時には生け贄にされても仕方ないと思う。村上春樹や坂本龍一のような才能があればね、と呟きながら「事故が起きませんように」と神頼みの毎日です。(自嘲)
5748:No title
仰られていることが胸に痛く響きます。
私も何かあるごとに自分の意思は表してきたつもりでいました。
それはブログのちょっとしたコメントであったり、同僚との議論であったり。
ですが、そこで止まってそれ以上の行動をとっていないということは、やはりその程度と言われて仕方のないことだろうと思います。
けっきょく日本人は自分の意思を明確に示すことができない民族なのか。もちろん私も含めて。
何にせよ、止まらない機関車は走り始め、私たちはそれに乗ってしまったわけで...
5750:No title
現場にいらっしゃった方の声は貴重ですね。
既成マスコミの色眼鏡では分からないことが分かったような気がしてきました。
5752:No title
>chandraさん
それぞれの考え方次第なんでしょうね。

>びわ子さん
村上春樹と坂本龍一の併記というのが何とも示唆的ですね。
私も結局のところ、そういうスタンスってことなんだと思います。

>YAPさん
いや、自分の意志を明確に示すことができないのではなく、結局のところ、どうでもいいんですよ。本当にまずいと思ったら行動に移すはずです。
私も含めてですが。
日本人は、こうやって、戦争の道をひた走ったんだと思います。

>hideyuki2007yさん
果たしてこの日、この件に関して日本のテレビは報道したのか?多分CNNとかBBCあたりはしたのではないかと想像します。
日本の報道ってずっと前から気になっていたのですが、どうもそういった視点が明らかにずれている気がします。
極論すると、オウムの最後の残党狩りよとよっぽど大きなニュースだと思うのですが。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【首相官邸前にて】

金曜日夕刻の首相官邸前。  大飯原発再稼働の首相方針に対するアジテーション、いや、これはデモンストレーションやな。 
  • ロックダウンの島 Vol.2 (06/19)
  • ロックダウンの島 Vol.1 (06/17)
  • デリーでカレーライス 【後半】 (06/14)
  • デリーでカレーライス 【前半】 (06/13)
  • ケララチキン 【後半】 (06/11)
  • ケララチキン 【前半】 (06/08)
  • 森林へ (06/05)
  • 渓谷へ (05/31)
  • 撒き餌の今昔、そして、、、、。 (05/28)
  • リペア (05/22)
  • 2021-06 (7)2021-05 (10)2021-04 (9)2021-03 (7)2021-02 (13)2021-01 (10)2020-12 (14)2020-11 (12)2020-10 (10)2020-09 (11)2020-08 (10)2020-07 (12)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2021/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>