FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

T2 再稼働

CONTAX T2。

いうまでもなく、銀塩再末期を飾った高級コンパクトカメラブームのはしり。

俺の場合、欲しくて手が出ず、結果結納返しの品に指名。(笑)

つまりは、18年程前の話。

 

久々に電池を買って火を入れてみることに。

 

 

 

当時は一眼でEOSの廉価機のサブという位置づけ。

38mmという画角はスナップには最適で。

 

ただ、正直当時の写真ってのは、フィルム代に始まり、現像、プリントとそれなりにコストのかかる趣味で、実際写真を撮るために写真を撮った(?)記憶はあまりなく、使いこなしたという記憶は全く無い。

 

かつ、フィルムについても未だにそれなりの種類が並んでいて、何を買ったらいいかさっぱり判らないので、店員さんに相談する始末。(-_-;)

 

 

結果、室外の昼間限定の白黒ネガフィルムという指定で選定して頂いたのは、FUJIのNEOPAN400 PRESTOという銘柄。本来ならISO100のところ、そうなると36枚撮りしかなく、結果こちらの推奨。

 

しかし、コンパクトといっても、昨今のミラーレスより一回り大きい。

ま、考えて見ればこれでフルサイズな訳で、、、、ってそれを言い出すと写るンですでさえフルサイズだが。(笑)

 

しかし今になってみるとなんともシンプルな操作系。

 

 

基本(というかそれしか出来ない。)、絞り優先で、他のパラメーターは露出補正のみ。

 

実際、電池を入れるとあっけなく作動。

今のところ不具合はない様子。

軽いシャッター音に続き、フィルム自動巻き上げの大げさな音が続く。

考えて見たら、少し前までこれが当たり前だったのよね。

てか、手動巻き上げなんて普通だったし、、、。

 

入っていたカラーフィルムの残りを撮影すると、自動巻き戻し。

いよいよフィルムの装換であるが、週数年ぶりの作業に少々緊張。(笑)

 

いや、シャッター一押し一押しにちょっとした緊張があるよね。

約100円/枚といってもそれ程大げさではないはずだ。

それに引き替え、デジカメは画期的よね。

結果として、素人の写真のクオリティーは随分向上し、スキルもアップしているはずだ。

その上、その少し前までオートフォーカス自体が大きなブレークスルーだったはずだし。

 

現像は数週間先となろう。

乞うご期待。(大笑)

 

しかし、プリントしたはいいが、スキャナーでデジタル化?

それって、やってくれるの?(-_-;)

6045:No title
逆に、私にはデジカメってほんとにありがたいです。
軽くて便利で気軽に風景を写せて楽しめるうえに、何度失敗しても自分で消せることができるんですもん。湖岸や街をお散歩しながら、SONYの10倍ズーム生活楽しんでます。
その分、かなり雑な写真が増えたことも確かですけど(^_^;)。

でも、男の人には、こういうマニュアルっぽい機械の方が本格派みたいでいいんでしょうね。
6046:No title
古いカメラで遊んでみるのも面白そうですね。
書かれていますとおり、一枚当たりのコストが高いしフィルム一本の撮影枚数が限られていますし、一枚一枚が入魂ですよね。
私は数年前に手元のネガをほとんどスキャンしてデジタル化しましたが、最近のプリンタ複合機って、フィルムスキャン機能がもう搭載されていないようなんですよね。
今のプリンタが壊れたらお店に頼むしかないのかな...
6047:No title
小型軽量で良いカメラでした。
CONTAXブランドはもう復活しないのかしら。
6048:No title
フィルムカメラって、不思議な凝縮感がありますね。こないだ、
本当に久しぶりにCanonA-1を触ったら、これにデジタルバック
付かないかなと思わせるものがありました。
ちなみに、A-1はEOS5、F-801と一緒にある若者のもとへもらわ
れていきました。復活です。

ちなみに、今のデジタル一眼レフカメラのメカ部分はフィルム時代
に比べて数倍強化されていて、ケタ違いの耐久性と静粛性を備え
ているそうです。撮影カット数が多いし、動画撮影をするから。
6056:No title
私も実家にT3が放置プレイしてありますw。日本でしたら、現像屋さんでそのままCDに書き込んでもらうのが楽ちんかと思います。残り枚数を最近全然気にしなくなりましたよね。
6060:No title
これが欲しかったけど、思いついた時はディスコンでした。ネガフィルムは現像の時に一緒にCDを焼いてもらう(フジカラーCDなど)とお手軽ですよ。
6065:No title
>びわ子さん
デジカメって本当に画期的なブレイクスルーでしたよね。多分、当時と較べると素人の写真のレベルは格段に上がったはずです。

>YAPさん
1枚100円と躊躇する自分と、24枚早く撮りきって早く現像に出したい自分が葛藤しております。(笑)

>ナツパパさん
それが今となっては大きいんですよ。

>あるあるさん
確かに撮影カットは異様に多くなりそうですね。
私も、後輩に払い下げたEOS(多分650)回収しようかな~。(-_-;)

>pepeさん
そうなんですね。現像さえすればプリント不要。結構リーズナブルでした。
こういうルーチンが確立しているんですね。

>hideyuki2007yさん
確かに高いカメラでした。
私も結納返し、千載一遇のチャンスでしたね。
返信

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>