FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

KLCC

ホテルから徒歩圏内のショッピングセンターまで、夕方決まって降るシャワーの間隙をぬって食事へ。

 

         

 

ペトロナスツインタワーのお膝元。

 

 

 

公園を挟んで広がる摩天楼ジャングルを眺めながら、好物のヒューガルデンホワイトも普通にあったり。

 

 

ショッピングセンターもこんな感じだし。

 

         

 

これで賃金安くて、かつ資源も豊富となると、、、、。

そりゃ、これはこの国にほんの一部で積み残しはたくさんあるのは承知の上でも、日本の立ち位置が微妙になるのもそりゃ仕方ないわな。

 

でも、ひどく悲観的になる必要もなく、何れこの国も今の日本と同様な壁にもぶち当たる訳で。

その時、日本はその先をどこまでアドバンテージをもって待ち受けるか。

今はその正念場に違いない。

今回の選挙、そう考えると重要な訳で。

 

党首討論なんか聴いていると、共産党まで含めて総論でいえばその主張は同じようなもの。そりゃ、そうだよね、何をどうしなければいけないかってのは誰にだって判っている訳で。その方法論の違いだけでここまで物事が進まない。兎にも角にも、野合だろうがなんだろうが、実行力、推進力のある政権となって欲しいものだ。

加えて、毅然と凛としてこの難局に向かいたいものだ。

6154:No title
夜のペトロナスツインタワーが美しいです。

選挙や政治に関しては、まったく同感です。
ただ、どこも選挙に向けた都合のいい話を並べているだけで、どこに投票しようか迷うところです。
私にとっては、いつになく事前に学習する選挙となっています。
6161:No title
>YAPさん
本当は割れた上で集合すればいいのでしょうが、、、、。
この乱立、どうにかしろよと思いつつ、党の中で決まらないよりはマシなのかも。
問題は、その後政策ごとに上手くまとまってくれ、その政策が統一性のあるものであればいいのですが。
なんせ、やらなければいけないことは判っているのですから。
6168:無党派
一時期、滋賀県庁の周辺では、にわかに脚光を浴びたこの地味な県庁舎に、連日在阪キー局の中継車が駐車してましたよ。

今回の選挙、私も皆様と同様、迷いに迷っておりますです。本当に、どうしたものか…(-_-;)  
あんまり使わないアタマをフルに回転させても心が決まらない、師走です。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>