FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

自分に言い聞かせるストーリー

ここ半年以上、ずっと懸案としていた次期コンデジ。

ようやく導入した。

 

 

お前、SONYの軍門に、、、、。(-_-;)

だからこそ、

自分に言い聞かせるストーリーが必要となる。(笑)

 

 

まず、当稚ブログにおいても度々触れているが、

種々の条件は考慮に入れず、つまりはそれなりのメーカーのデジカメということを前提とすれば、その画風等アーティスティックな部分を除けば、デジカメの性能および光学特性は、ほとんど「CCDのサイズ」で規定されるということ。

 

無論、CCD自体の性能(SIGMAのFOVEONはその典型であるが。)、画像エンジン、レンズの設計つまりは明るさ等々様々な要素があるのは百も承知。

異議もあろう。

つまりはCCDが取り込む光量でほぼ一義的に規定されるということ。

ここは、残念ながらエレクトロニクスでどうにかなる領域は少なく、光学的もしくは物理(狭義のね)的に対処するしかない。

では、光学的にとなると、レンズ設計において如何に明るくという話しであるが、F値によって改善される度合いに較べてCCDの物理的サイズを上げるほうがよほど効果があるのは明らか。

ただし、そのサイズを上げることによってのデメリットは計り知れない。

当然、CCDサイズが大きいとその分焦点距離は長くせざるを得ず、接写能力等どこで妥協するかという話しになる。つまり、大きくするか、レンズのひずみをある程度許容するか。必然として大きくなる。また、CCD自体も含めてコストアップに繋がる。

コンデジ=コンパクトデジカメという言葉とは相反する要素である。

これは、一眼レフ、特に最近流行りのミラーレスでも顕著で、メーカーによっては、小さいCCDを採用した、なんだかな~一眼、なんちゃって一眼を世に出したりもする。

メーカー全般に少し前までCCDの大きさを云々する説明が全くなかったのはこのためであろう。

その中で唯一、CCDの大きさに最もこだわりを持ち、それを形にし、主張していた量販メーカー(つまりSIGMAを除く)のがSONYだ。

αシリーズのミラーレスはあの筐体でAPS-Cを採用しているし、最近はフルサイズのコンデジ(笑うしかないか)を世に問うている。

そして、このRX100、このサイズで1インチ。

 

 

NIKONのミラーレスと同じサイズ。このサイズだと何とかぼける。28mm広角側ではそれなりに寄れる。

つまりは、俺的には壺にはまる落としどころな訳だ。

そりゃ売れるわな。

ま、ここ半年で複数のフォローワーが排出されることになろう。

そう、RICHOのGX100の時と同様。

でもこういうのって、やっぱ最初に出たものに価値があるわけで。

俺としてはそのコンセプトメイクに敬意を表したい。

好きなメーカーのフォローワーを待つってのは俺的にはいただけない。

 

それともう一つ。

CONTAX T2ユーザーとしては、

 

 

Vario-Sonnar T*の系譜を受け継いだとも付け加えることが出来る。

 

と、

自分に言い聞かせている。(笑)

6271:No title
私など、とっくにSONYの軍門に突入しております(^_^;)

以前は、素人の私でさえもSONYのカメラ?などと考えたものですが、ことコンデジに関しては、「もう深く考えるのよそうっと」という安易な考えで、10倍ズーム、軽い、色がきれい(ここらへんが私立文系女子!)ということから選びました(^_^)v 扱い易ければ、それでいいの。
6272:No title
新しいカメラはこれでしたか。
モノのよさを理解する技術者の正しい選択ではないでしょうか。
いや、私もこれには興味あるんですよ。
S100を買う前にこれが出ていたら、こっちになびいていたでしょうね。
6273:No title
そこまで解ってて、なぜNEXを買わ~ん!
レンズ径とセンサーサイズに勝るものはないね。
重けりゃカラダを鍛えよう!3kgまでは手持ちじゃ。
フルサイズなら”空気”を写すと思うぞ。
6274:No title
  SONYで、そんなに画像に凝るならNEXだと私も思いますが...。
6275:No title
>びわ子さん
そうですね。扱いやすいというのは大事な評価軸の一つです。

>YAPさん
バランス的にある一定の人種の的を得ていると思います。

>あるあるさん、きんちゃん
①そもそもミラーレスという存在に疑問を持っている。
②気軽にカバンに放り込ん常携。故にサイズは小さくないと。
③1台でなんとか完結する。(比較的広角でズームはそこそこ。比較的寄れる。)
④一眼は現時点でKissで満足している。
実は最後までG1Xと悩んだのですが、②と③の寄れない故にこちらとなりました。
NEXは同様に①と②、④の理由によりそもそも選択肢に入っておりませんでした。
そもそもSONYの選択は苦渋の決断でして。(笑)

と、
まじめに反論したりして。(笑)
6277:No title
ようやく次期コンデジの全貌が明らかになりましたね。(笑)
最近のコンデジでもっとも惹かれるのは、私もSONYです。
ま、「電気屋のカメラなんて」と、まったく意味のない理由で
遠ざけていますけど・・・
試写の記事、楽しみにしています。 (^-^)/
6278:No title
あ、このカメラ、わたしも欲しいんですよねえ。
色合いも好きですし。
センサーサイズも大きめで好感が持てます。
これで、もう少しボディーが大きければなあ。
わたし手が大きいので、このボディーサイズは
手の中で動いちゃうんですよねえ。
返信
6281:No title
>ヴィーノさん
私も、全く同じ理由で躊躇していました。
なんか思考(嗜好?)似てますよね。(笑)
故に、自分に言い聞かせる必要があった訳です。(-_-;)

>ナツパパさん
SONYの色合い、あのコントラスト確かに嫌いではないですね。
確かに相当小さいです。これ。
返信
6284:No title
何も、そこまでエクスキューズしなくても....
NEX2台使いとしては、歓迎しますよ~~~
返信

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>