FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

レトロ Vol.2

門司には、旧国鉄時代「門鉄」と称してこの辺りのヘッドクオーターが置かれていた。ちなみに、母方の祖父はそこに勤めていた。

そういった、少々の因果を思い起こしつつ。

こちらは門司港駅。

 

 

本来はこちらが一番のポイントなのだろうが、残念ながら工事中。(-_-;)

 

 

 

九州鉄道博物館は、時間の関係でパス。(-_-;)

 

 

こちらの観光トロッコ列車は、GWにつき残念ながら終日フルハウス。

 

 

こちらが展望タワーからの門司港駅全景。中央に小さく先ほどの駅舎が写ってます。

下関側を眺める。

 

 

コンテンツは範囲は限定されど、十分だと思う。

ただ、方向性はこれでいいのか?

あまりにも、目先の商売に特化されたそれは、そこにあるはずの深みをたたえるに至っていない印象を受けた。

箱そのものはいいとしてそこにもう少しアカデミックな何かを、、、。

う~んアカデミックね~。

エンターテイメントか?

それは、バナナのたたき売りに求めた時点で終わってるな。(-_-;)

 

なんというか、自らを二流と自覚した上で整備されている印象を受けた。

もしかしたら、北九州という集合体として構成される都市、そしてその中で決してメジャーではない区故、あ!都市故なのか、、、、。

そもそも、対岸の下関ともう少しタイアップした一体としての構成があってもいいようなものである。

県境を跨ぐ、しかも海峡で隔てられて、、、。

そうなると、先日の渡船がもう少しクローズアップされてもいいようなものなのだが。

一言、勿体ない。

そうなると、面的な広がりも出てくる。

繰り返すが、これほどのコンテンツってざらにはないと思う。

さらにそこに時代の変遷というか時間軸を加えればさらに魅力が加わると思うのだが。

 

いや、好天に恵まれたGW後半でした。(笑)

6489:No title
私もGW前半で訪れました。展望デッキから関門海峡を航行する船を、写真と同じ夕暮れの時刻に、ぼんやり眺めました。なかなか素敵な眺めですよね。
門司の街は確かにもうひと頑張りって感じがしました。焼きカレーは美味しかったです。
6490:No title
私も、この場所はこのままでは大変もったいないと思います。

関門海峡の歴史はかなり遡ってたどることができますし、行政の枠組みを越えて下関と組めば、それこそ平清盛から武蔵と小次郎、幕末から明治の文明開化に至る展開ができるのに、と思います。

いまだに、地元の足として渡し船が定時船として乗れる海峡なんて、もうあんまりないですよ。
6491:No title
門司港駅はまだ工事中なんですね。
深い考察になるほどと思いました。
私が訪れたのは、予定外でたまたま数時間立ち寄った程度でしたので、その目先の部分を眺めただけでした。
たしかにバナナの叩き売りは、なぜそれなの?と疑問はありましたが。
6496:No title
>fjipopさん
え!そっち方面になんかあんの?
焼きカレーどこで食べた?(笑)

>びわ子さん
ですよね。下関側にも当時の建物残ってて、かつ歴史の舞台。
遡れば維新は当然、それ以前も、、、。
このコンテンツを生かせてないって、なんて勿体ない。

>YAPさん
ここらは、下関との対峙の構図もあるんだとは思います。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019年のブレードランナー (09/09)
  • teamLab (08/28)
  • 磔磔 (08/26)
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 2019-09 (3)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>