FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

容認出来ない構図

今日は、少々堅いことを言わせてもらう。

ただし、しょうもないことなので、途中でどうでもいいと思ったら、スルーして下さい。(笑)

 

 

まずは、上も写真を見て、言いたいことを想像して頂こう。

指摘したいことは、2つ。

ま、つまらない主張なので、少々クイズ形式でお楽しみ頂こう。(笑)

 

 

まず、これらのチケット購入の経緯から説明する。

当初、山口での打合せは午前中に終わる予定で、新大阪のオフィスに寄れることを前提に左下の乗車券を購入していた。

ちなみに、普段はEX-IC(新幹線のチケットレスサービス)を利用するので乗車券と特急券は一体なのだが、今回はたまたま(でもないが、割愛)乗車券のみを購入。

ところが、昼から広島での別件打合せが入り、広島で途中下車することに。

これは多くの方がご存じだと思うが、JRの乗車券というのは基本的に何度途中下車しようが、重複して同一路線に乗らない限りオッケー。極端に言えば期限内であれば、各駅ごとに降りることも可能。乗車券というのは距離が長い程、単位距離あたりの運賃は安くなるので、旅程があえば、少々日にちをまたがっても分割して買うより大概安くなる。

つまり、今回の場合も乗車券の変更の必要はなく、特急券を分割して購入すればオッケー。

それが、上中央のチケット。

 

ところが、次のステップとして、帰りが遅くなるので、オフィスに寄らずに直帰することに、故に京都行きに変更しようとした。

駅員さん「差額は630円です。」

え?

俺「普通に買えば540円ですよね?」

駅員さん:「はい、そういった発行もできます。ではこちらで。」

で、出てきたのが、右下のチケット。

要は、私鉄競合路線の料金設定がある故のギミック。

そもそも二重価格、しかも、自分の都合で生まれたもの。

でも、そこは敢えて許容しよう。

しかし、、、、次の店員さんの一言が、結果この記事を俺に書かせることになった。

「お客様から申し出はあれば対応することになっています。」

確かに、その駅員さんはそうおっしゃられた。

つまりは、マニュアルがあって、そこにはそう対応するよう謳ってあるということ、駅員さんはあくまでもそれに忠実に従ったまでだ。

断っておくが、とても感じのいい女性の駅員さんで、その対応に何の文句もない。

 

知っている人には対応するが、知らない人からは90円とはいえ、巻き上げろってマニュアルに書いてあるということ。

たかが90円。そうよね。90円。

でもね、結果として知らない人≒社会的弱者(あくまでの傾向としてね)から余計に金を巻き上げるってことよね。

俺が言いたいのは、巨大企業かつ市民の交通インフラを半ば独占してかつ国有物継承して経営しているJRがそういう姿勢であるということ。

これは俺には許せない。

たかが90円?されど90円。

「知らない者は損をする。」「知っているものは徳をする。」

その論理は、敢えて認めよう。

でもそれは出来るだけ避けないといけないでしょう。

しかも、投資とかそういったところならまだしも、少なくとも社会的インフラに係る費用にそれがあってはいけないと思う。

そういった構図は容認できない。

JRはただちに見直して欲しい。

マニュアルに書いてなくても良いじゃん。良心的な駅員の皆さん、そこはうまいこと泳いで下さいよ。

 

マニュアルでそういった姿勢が貫かれていたとしたら、

そもそも、老齢の方が、東京に行くのに京都に立ち寄る、そのチケットをみどりの窓口に買いに来たとしよう。その方が最初の途中下車は日にちを跨いでも原則可能ということを知らずにその切符を買おうとして、上記の事情を説明して乗車券は通しで発行するといった気遣いをするとは思えないのだ。

 

ってことで、さくらで、広島へ向かいます。

 

 

あ、話しは全く逸れるが、SUNLINEって広島なんやね。

 

 

追伸:

その翌日ですが、何故かというか何故かではないのだが、

何故か、博多におります。(-_-;)

6638:私の場合・・・
岡山から京都に行くとき、
時間に少し余裕がある場合、
新大阪で新幹線を降りて、在来線の新快速で京都に行きます。

乗車券もそうですが、
特急券料金が跳ね上がる・・・。

もうひとつ
以前、関空までの乗車券で、りんくうタウンで前泊のため途中下車しようと
自動改札機を通ると、とうせんぼされた!!
6639:No title
お怒り尤もです。
知っている人にのみ対応し、何も知らない人から多くお金を取ろうとしているようなこの姿勢は、私も受け入れられません。
実は私も最近似たようなことがありまして。
記事にしようと思っていますが、最近ネタがあふれていていつ文面にできるか。
携帯電話がらみの話でした。
6640:No title
JRどころか、至る所そんなものばかりでは?
身近なところではマックのいろんな商品を単品でかったときの組み合わせトリックとか。親切な店員さんはこの組み合わせの方が得をしますよと教えてくれますね。

やや話はずれますが、たしか野球のルールでも、タッチアッププレイ(フライ捕球後にランナーが走塁を始められること)がフライをキャッチした後かどうかは、守備側が「離塁がキャッチ時より早かったからアウトじゃないの?」と審判に聞かないと審議してくれません。いわゆるアピールプレイに分類される事項だったとおもいます。

マックもJRもアピールプレイ適用ですかね?
6645:No title
>おろ・おろしさん
おと、それは参考になります!
京都下車多いですし。
りんくうタウン。なんででしょうね?
特定区間だったのかな?

>YAPさん
携帯電話もありそうですね。
このような事象が、契約社会の正体であるなら、それは許容したくありません。

>kurokoさん
マックは親切なレジが勝手に安いセットにしてくれませんでしたっけ?
確かに野球はアピールプレイってありますよね。もうちょっと身振り手振りでやりますか。(大笑)ちなみに、今回窓口では全く文句も言わず、ジェントルに振る舞いました。てか、私に対して問題があったわけじゃないですし。あくまでも姿勢の問題です。
6733:台風18号の余波で
本日は、交通機関メタメタですが、
フェイスブックに下記内容を書き込みました。
・・・・・
JRの規約は理解しにくい・・・。

クレーマーと思われても困るのですが。

今回、次女は、岡山・名古屋間の普通車指定席特急券をエクスプレス予約で
手配しましたが、台風の影響で、指定した列車は、新大阪で折り返しとなり、そこから先は、 地元駅の駅員さんの説明によると、
「1時間に2本程度、ひかりかこだまが運行します。」とのこと。

駅のポスターに下記のような案内(特定額という表現はなく、全額払い戻し)があったので、払い戻しについて質問しましたが、よくわかっていないふうでした。

具体的な対処案内を、特急券発行窓口で配るべきじゃあないのかなあ?

ところで、特定額って、いくらよ?

(これは、ホームページhttp://expy.jp/faq/detail.php?id=185より)
・乗車中の列車が目的地までの途中で運転を取り止めた場合は、後続の他の列車(東海道・山陽新幹線に限ります。)にご乗車いただけます。この場合も、ご予約いただいた区間ごとの「特定額」を払戻しますが、グリーン車をご利用の場合の払戻額は、普通車指定席の特定額が適用されます。

駅のポスターに記述のあった通りの内容もありました。
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/06.html#3
乗車中の特急列車が目的地までの途中駅で運転をとりやめた場合は、後続の特急・急行列車(運転をとりやめた列車が急行列車の場合は急行列車)にご乗車になれます。この場合、運転をとりやめた列車の特急・急行料金は全額お返しします。ただし、品川から東京間(東海道新幹線を含む)、大阪から新大阪間及び東北、上越、長野新幹線の大宮から上野・東京間または上野から東京間のみ運転をとりやめた場合は、特急・急行料金の差額のみのお返しとなります。寝台料金は、使用開始後朝6時までの間に一部区間または全区間をご利用いただけなかった場合に限り、全額お返しします。
・・・・・

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • Joshua Tree (12/10)
  • 沼の終焉 Vol.2 (12/08)
  • 沼の終焉 Vol.1 (12/06)
  • ビリヤニの隠遁 (12/04)
  • 早朝出勤の報酬 (12/02)
  • モメンタムの行方 (12/01)
  • メジャーデビューの定義 (12/01)
  • いつか、そう遠くない初冬に (11/27)
  • 月明かりのリベンジ (11/14)
  • 函館 Vol.3 (11/11)
  • 2019-12 (7)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>