FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

変化

大きな被害をもたらした台風18号。

湖南も例外でなく、確かにこれだけ降れば何らかの障害が生じもするだろうと実感する程降った。これが、300mmね。

 

翌朝は典型的なは台風一過。

  

 

実は、弊社は休みということで、riprap店長のガイドで琵琶湖に浮かぶ予定だったが、痛恨のボート屋クローズ。

 

 

ってことで、久々の早朝よりの陸っぱりにシフト。

 

          

 

3/8ozスピナーベイト、4inパワーバルキーホグのテキサス、フリックシェイクのジグヘッドというセット。

ボードでのウィード戦を覚悟してラインは、それぞれ16ポンドナイロン、20ポンドフロロ、PE+20ポンドフロロに巻き替え済だったのに。(-_-;)

ま、このままのセットで陸っぱりもとりあえず。

 

この台風による雨で、水位は1m!上昇。-25cmから、+75cmへ。

バスはこういった変化を嫌ってナーバスになっているのは間違いなかろう。

そもそも、基本水位変化の少ない琵琶湖で1日で+1mってどうよ。

付場も変わるだろうし、ボトム付近でじっとってパターンは正直覚悟やね。

そもそも、濁ってるし、瀬田の洗堰は勿論どんづけの全開放流による激流で瀬田川方面は釣りになるまい。

 

本湖は、こんな感じで、公園の芝まで冠水している状態。

 

 

ってことで、木ノ浜方面の内湖を選択。

想定通り濁ってはいない。

そもそも岸際でウィードが群生してプロテクトされている場所では、濁りも少ない。

悠々と群れでクルーズする稚魚はたくさんいるものの、結局ノーバイト。

う~ん。

当面維持されるであろう湖流は魚の活性に好影響を与えるであろうし、一時チャンスなんやろうけどね。

秋やし。

6734:No title
そちらは、公園の芝の冠水にとどまりましたか。東側の方が平地が多く、農地に放水能力があるからかな。草津の知人も、農業用水が周辺にたくさんあるけど、溢れることはなかったと言ってました。

こちら西側では、逢坂山の土砂崩れのために琵琶湖線が止まり、1号線も通行停止のため、京都へ向かう車が西大津めざして大渋滞、しかも電車道つたいに土砂が流れてきて道路は泥水で冠水。湖岸の一部には避難勧告。いやはや。京阪は復旧までしばらくかかりそうです。

でも、気温の上昇で湖面が藻で淀んでいたのは解消されたかも(・・;)
6740:No title
>びわ子さん
そこは正に琵琶総のおかげなんですよね。
というか、これだけ降れば、こうなるんですね。
はじめて実感したような。(^^ゞ

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>