beats

近々、電話と携帯ミュージックプレイヤーの融合が予測される。

ってことで、ヘッドセットなからそれなりに音が良い奴をと少し前からいろいろ物色していたのだが、結局としてこいつを選定。

 

 

評判は上々。

このブランド、空港のDUTYFREEでよく見かけていて気にはなっていた。

 

ま、若作りともいう。(^^ゞ 

で、黒に赤。(^^ゞ(^^ゞ

 

 

音は、十分及第点。

そもそも、ロックやエレクトリカルポップに焦点を合わせた音作りしているだろうし。

低音、高音ともそれなりに出ているのにクリアなちょっと不思議な音。

ソリッド感があるというか、、、、。

筐体が金属製でそれなりに重量があるのが効いているのかもしれない。

不要な振動の排除。確かに効くよねこれ。

 

ただし、その重量、装着の安定性とトレードオフの関係ではあって、少しずつ位置が甘くなる傾向にはある。

逆に、その装着位置というか、埋め込み深度、つまりは鼓膜との位置関係が音質を大きく左右するのもまた事実な訳で。ドライバーの出来よりそっちの方がよっぽど影響でかい気がするのは俺だけ?

ま、耳の穴に自信のある方にはお薦めできる。(大笑)

かくいう自分は、、、、微妙やね。

少なくとも自信はない。

 

 

ぐぐって情報収集すると、Amazonのマーケットプレイスあたりでさえコピーが出まわっているということで、今回は価格度外視で正規代理店でポチッと。

安心と確実性を選択。

 

 

それにしても、豪華なパッケージ。

ある意味コピー品対策なのだろうが、コピー品もここらは抜け目ないらしく、なかなか判別がつかないらしい。

なんか価格の1/3くらいはパッケージと付属品に費やしてるんじゃないかと思ったり。

本体のディテールの作り込みも尋常ではない。

 

まあでも原価安いんだろうね。

商品というか、肝心の商品力だけでなく、ブランドコンセプトとイメージで成功した例ということなんだろうけど。

ま、この間の聴覚障害者(?)のゴーストライターみたいなもんで、本質だけでは売れず、そこにイメージが必要なのもまた事実。

そもそも、ビジュアルをポップスほど要求しないハズのクラッシック業界だって、女性奏者、知ってる範囲で美人しかおらんやん。

世の中そういうもんよね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

電話とミュージックプレーヤーの融合って、もしかして iPhone 導入ですか?
私もそれを考えはしたのですが...事の顛末は次の記事にしようと思っています。

No title

今度携帯を新しくする予定なんです。
今までは電話としての使用だけでしたが、
やり方分かれば(笑)音楽入れて聞けるんですね。
...息子に教えて貰おう。

No title

>YAPさん
WWWWW。
あくまでも構想ということで、、、、。

>ナツパパさん
記憶容量と電池が心配ですが、やはり1つで済むのは魅力ですよね。
プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>