FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

構想

新大阪駅の新幹線高架沿いに隣接した用地。

今は仮の姿であろうが、フットサルコートとなっている。

 

s-DSC07555

 

なんとも場違いな若者の歓声と光量それに人工とはいえ緑が映えて何とも不思議なコントラスト。

なんだが、ここだけ異次元な感覚がある。

そもそもこの用地は阪急新大阪線のホームとなる予定だった場所のハズだ。

ぐぐって見ると、まともな北口はないのは、阪急が40年以上もの間方針を決めかねて手をつけなかったせいらしい。なるほどね。

最近建った阪急ビルってそういうことよね。そして、北口への答えがこれですか。(^^ゞ

 

 

 

s-DSC07558

 

s-DSC07560

 

駅の定番であるタクシーの列と駐輪場も、高架下故の証明の色のコントラストが面白い。

 

しかし、新大阪駅の開発を語る場合、この新幹線と御堂筋線の交差部が明らかにネックやね。

完全部分断されてしまっている。

新幹線の高架自体も、地上の在来線からの離隔は十分ではなく、せっかくリニューアルが進んでいるのだが、結果天井の低いコンコースがどうしてもパッとしない。

そもそも平行に配置せずに交差させたもんだから、駅全体の配置、動線に加え、駅前広場なんかも最悪。

とてもじゃないけど、大阪の表玄関として、、、、、

 

キャプチャ

 

これって、どうよ!

まあ、なんというか、接続すればいいってもんじゃないでしょ。

例えば、新幹線をなんとか在来線と並行して、御堂筋線との間に配置すれば全く違ったものになった気がする。

 

高度成長期の末期、新幹線をオリンピックに合わせて期限内に整備。当時のことだから、用地買収の問題も大きかったろう。その辺りの余裕のなさ、先見性のなさが今となっては何ともしようのない結果をもたらしているといったところか。東京の日本橋の上の首都高と同じやね。

 

そもそも淀川の2度に横断のコストを考えた末大阪駅まで延伸せず新大阪駅となったとのことだが、結果としてどうよ。

ま、確かに大阪駅周辺は阪急もあるしね。

 

関空しかり、、、、。

大阪人ってそういうのダメなんかな~。

7131:No title
いやいや、大阪に限らず東京も似たようなものだと思いますよ。
けっきょく、都市をデザインするという意図がないんだと思います。
目先の「再開発」だけを見て、つぎはぎだらけの街が造られるんだと思います。
7137:No title
>YAPさん
やっぱり、一番最初の基本が継ぎ接ぎだとどうしようもないですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>