FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

サイレントマジョリティーの正体

連休初日、時々激しく降る梅雨明け間近の雨をぬって、舞鶴は北吸桟橋へ。

 

s-IMG_6827

 

護衛艦みょうこう。

護衛艦であって、軍艦ではない、、、、、、、

らしい。

妙高型というより、高雄型やな。(笑)

 

 

s-IMG_6830

 

結局のところ、この間の閣議決定についても、この辺りを曖昧(そもそも曖昧でも何でもないのだが。)にした上で、その行動規範を規定しようってのだから、そもそも無理な話しである。

 

しかし、そこらをきちんと議論しようにも、同じ土俵で話しが出来ないジレンマ。

構造としては、原発の賛否と同様。

真っ向からのちゃんとした議論が出来ない。

なぜって、そもそも違法なものであり、あってはならないものってことにするから。

言いたいことは理解できる。

ただ、往々にして、オルタナティブを示すに至ってない、もしくは全く現実離れしているかの何れか。

 

これでは議論に発展しない。

入り口が異なるのだから。

 

s-IMG_6813

 

この構造って全くもって不幸で、現実的な折り合いを見つけることが出来ず、結果としてサイレントマジョリティー側のある意味一方的な勝利となり、物事は反対派の意見を取り入れることなく進行してしまう。

 

ただし、サイレントマジョリティーは結果として物言わぬから、反対派の意見だけが取り残され漂うこととなる。

 

誰が悪い?

誰も悪くない?みんな悪い?

そういう議論が日本人は下手なんだろうね。

そして、少なくとも前回の大戦においてはこの資質が結果として大きな不幸を招いたことを忘れてはならない。

 

じゃあ、どうすればいい?

うーん。

もう一度丁寧にかつ客観的に、

第二次大戦に至ったサイレントマジョリティーの正体を分析すべきだと思う。

一部の軍部の暴走とか、一般国民はみんな戦争は反対だったとかそういうのってそろそろやめようじゃないか。

今のままじゃ、戦争前、まともな人はみーんな戦争に反対してたってことになる。

 

最後に、舞鶴名物(?)、海軍カレー。

 

s-IMG_6796

 

だまされてはいけない!(^^ゞ

7203:No title
私は今回の問題は、集団的自衛権が云々という中身よりも、それを成立させるために憲法を改正しようとするも困難と見るや否や、解釈を勝手に都合のいいように変えたその強行さというか一方的な行動こそが問題だと考えています。
それがとにかく怖い。
誰が悪いかというと、みんなが悪いんでしょうね。
選挙で選ばれた政党が決めたことですし、その暴走を止められたかもしれない無党派層(特に若者)の多くは選挙権を放棄しているわけですし。
7204:No title
安部首相は、持論として「戦後レジームからの脱却」を掲げていますね。
これはヤルタ体制の否定につながるのでしょうから、現在国連の常任理事国は
とうてい認めることは出来ないものだと思います。
同盟国たるアメリカにとっても容認できないでしょうね。
この先も、日本は敗戦国であり、国連では「敵国」な状態が続くでしょう。
おそらく21世紀中も、我慢を強いられることになる、というのがわたしの偏見です。
それを我慢する根気とそれを如何にしたたかに利用するか、の知恵が必要と思いますねえ。
7205:No title
まあ、このカチカチ山の様な船は粉うことなき兵器なんだし、英語表記はあっさりDDHなんだから、日本語だけ言い換えたって意味ないよね。
法律論議は別にして、兵器って根元的に正しいのか?
正しくなくても存在して、宇宙世紀になってもなくならず、やがて黒歴史になるのだけれど。
美味いカレーの方が正しいよね。

7206:red
母や祖母から 戦前の恐ろしい空気を聞いて育ちました
赤狩りということで 戦争反対は天皇への冒涜を意味し徹底的に弾圧されました 現在そこまでには至っていませんが、マスメディアを見ていると 近い傾向にあると思われます 今更分析なんて目をつぶっているだけですよね

>一般国民はみんな戦争は反対だったとかそういうのってそろそろやめようじゃないか。
100%同意します
7212:No title
>YAPさん
確かに、そもそも論としては憲法ですよね。
ただ、そのハードルが高い故、何らかの対処は必要ということなんでしょうか。
要は、サイレントマジョリティーはそれを容認している訳です。
問題なのは、それに自覚がないこと。
意見を聞かれれば、感想として反対だとだけ言う人々です。
私もですけどね。(-_-;)

>ナツパパさん
結局のところ、自己主張には大きな代償が時として必要ということなんでしょうね。
どっちとるの?
みんな貧乏だったらどうってことないって思ったりもするのですが。

>あるあるさん
カレーですが、文字通り「だまされるな」で。(-_-;)
食べないことをお薦めします。
まずくはないんだけど、コストパフォーマンスを考えればCoCoに行った方が間違いなくマシですね。(^^ゞ

>chandraさん
戦争に至った経緯ももう一度再検証すべきと思います。
要は、国民の大半は賛成だった訳です。
それを前提に考えないと、次回の教訓となりません。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>