FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

環状の構図

通勤時間の大阪駅環状線ホーム。

 

s-DSC05092

 

ご覧のようにそれなりに混んではいるのだが、その構図は山手線とは随分違う。

 

 

s-DSC05091

 

そもそも、大阪環状線は21.7km/19駅に対し、山手線は34.5km/29駅と、約1.6倍の規模。

内側の面積ということになると、約2.6倍くらいになるってことなのだが、

そんなことより、東京、品川、渋谷、新宿、池袋、上野とターミナル駅が環状に繋がる山手線と趣を異にし、大阪環状線だと、大阪と天王寺、つまり南北の2箇所にほぼ集約される。

規模の違いについて語りたい訳ではなくて、東京が環状に形成されているのと異なり、大阪ってのは碁盤目状に広がっていることが大きい。

つまりは、碁盤目状に配置された地下鉄の構造を基本に街が形成されており、環状線はその付加的な色合いが濃い。

そして、その中心にみなみ、つまりは心斎橋~本町~難波が連なる。そしてその距離は梅田、天王寺とそれ程離れていない。と、考えて見ると碁盤目状というより一本背筋があるイメージかもしれない。

 

そのようなことから、

山手線の一部の駅でもローカル色が強いところもあるが、大阪環状線ではそれらが顕著で、一旦ターミナル駅を離れるとラッシュ時においても、比較的のどかな風景が広がる。

 

s-DSC05095

 

それにしても、環状線、海外事業部配属前までは基本内回りと外回りだけだったのが、今となっては油断すると、ゆめ咲線、つまりはUSJ行きの電車があったり、関空快速、紀州路快速、大和路快速等々下手すりゃ行き先を間違える、、、というか間違えた。

気が付くとUSJに向かいつつ、、、。(^^ゞ

7264:No title
山手線で例えると、緑のラインの電車が山手線を離れて舞浜の方へ向かう列車が紛れている、というようなイメージでしょうか。
だとすると、それは紛らわしい。
けっこう普段の習慣で無意識に乗って間違えそうですね。
7265:No title
そうです、わたしも環状線に乗ろうとして、行き先の多さに戸惑いました。
ホントあちこちに行くんですよねえ。
あ、綿下弁天町の某施設に行こうとしていたのですがね、大阪駅で
駅員さんに、「この電車弁天町に行きますか?」なんて聞いたわけですよ。
子どもの頃からの鉄道好きとしましては、忸怩たる思いをぬぐえませんでした(笑)
7273:No title
>YAPさん
そうなんですよね。
京浜東北線や総武線も微妙ですが、色違いますもんね。

>ナツパパさん
今はなき某施設でしょうか。(^^ゞ
実は私も弁天町で地下鉄乗り換えのハズが、USJ方面へ。(^^ゞ

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>