FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

おそうざいふう外国料理

最近、土曜日の夜、夕食を担当することがある。

そうなると、多少は凝ったり、手間のかかることをしたいってのが人情。

ただ、我が家は高、小の二人の男の子がいるので、冒険は難しい。

以前トライした、タイ風カレーとかバターチキンは正直撃沈。

香辛料を抑えないといけないのだ。そうなると、ただの中途半端なカレー?に成り下がる。

 

ってことで、最近は学習の上、コンサバな料理で、手間のかかるものにシフト。

ちなみに、独身時代に加え、海外生活でも出来るだけ自炊していたので、いわゆる普通の料理は下手な新米主婦よりまともに出来ると思う。信条はは、普通のものを普通に作る。

 

ってことで、本日は水餃子にトライ。

 

s-DSC05432

 

そういえば、インドでは皮も含めて作ったな~。ただし、豚は入手が難しいので鶏だったけど。

 

 

ちなみに、レシピはこちら。

 

s-DSC05429

 

俺にとっては、おふくろの味。

こちらの和食版もあってその二つがネタ元だった料理が多い。

まあ、こういうのって伝承のされるもののようで、おばさんや妹の料理を食べると驚いたりね。

 

初版1972年。記述には、「スパゲチ」なんてあったり。

ちなみにこちらは、かみさんが新婚当時買ったもの。

当時、海外の料理の一般家庭への普及に大いに貢献したんだろうと思われる。

執筆陣も一流で、かつ家庭に普及させようという気概を感じる。

 

ちなみに、「味の素もしくはいの一番を一振り」なんて記述もあるから、化学調味料は便利なものとして受容するなど実用書として上手く仕上がっている。

 

曰く、、、、

 

すてきなあなた
あなたの愛するひとに
ご主人にお子さんに
ごきょうだいにお友だちに
すてきなおいしい料理を
ご馳走してあげてください
おいしいものを食べるとき
私たちはとても幸せな感じに
なります
おいしいものを食べたとき
心はゆったりとして
なにかひとにやさしいことを
して上げたいような気持が
しみじみとひろがってゆきます
そのためのお役に立つように
心をこめてこの本を作りました
この本にもしも一つだけ
足りないものがあるとしたら
それは〈愛情〉という名の
香辛料です
それができるのはいとしいひとよ
あなただけなのです
すてきなあなた
あなたの大切なひとに
すてきなすばらしい料理を
作って上げて下さい

 

てか、今となればジェンダーの問題に引っかかりそうやし、ちとくさいが。(-_-;)

7372:No title
私もたまに休日の昼に作ったりします。
たまにしかやらないと、やたらと凝ったりしてしまうんですよねえ。
今のホテルにはいちおうキッチンついていますが、とても自炊する気になれないです。
仕事で疲れると、そこまでの気力が出てきません。
7373:No title
料理も出来るなんて、多才過ぎる~

僕も時間が作れるときは、料理に挑戦中です!
僕の場合は魚料理に注目です。
(良いのか悪いのか、時間が作れるようになって来ました。)
7375:No title
ふふふ...わが家でも餃子はわたしの受け持ちです。
皮から作ります...美味しいですよ。
ただ、週一のリクエストは勘弁して欲しいぞ。
7384:No title
そうですか、トリバンさんのご家庭も「暮しの手帖」派ですか。我が家にはその和食版と「一皿の料理」とがあります。独身時代に自分で買ったものです。和食の方は眺めるだけでしたが、「一皿」の方は時々作ってました。(Arm-chair travellerはあるのに、どうしてArm-chair cookはないのだろう?)いまになってみれば、さすがに、印刷も褪せてきましたが、基本を押さえてあります。素人を相手にしながら、しかし気合が入っています。(花森安治の装丁も気持ちが良い。)出張に出て泊まる安ホテルで油だらけの料理や生焼けにぶつかったりした時は、「お前らプロだろ、これで勉強しろ」と言いたくなります。
7385:No title
>YAPさん
逆に海外のまずい飯(失礼、てか少なくとも飽きる)で仕事する気力が出ます?(^^ゞ
あ、行ってる地域の問題ですね。(笑)

>名無しさん
うーん。誰だ?監督さんかな~?(^^ゞ
魚は不得意かも、でも、インドではマナガツオが重宝しました。

>ナツパパさん
ないものは作るしかないので、インドでは皮作ってましたね。
餃子は包んでいるときちょっとだけランナーズハイ気味になりません?(笑)
7386:No title
>TAMさん
TAMさん宅もそうなのですね。
子どもの頃は少し洒落てたんでしょうね。
おかげで、我が家のスパゲチは未だに椎茸入りです。(笑)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>