FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

徳大寺有恒、という生き方。

ご冥福をお祈りします。

ショックやね。

 

s-DSC05562

 

間違いだらけの車選びというより、俺にとってはNAVIの人。

 


そういえば、一度会ったというか見たことがある。

小雨降る広島の全日空ホテル(現クラウンANAホテル?)のエントランスに、オープンにしたRX-7のカブリオレをかって颯爽と乗り付けたところを目撃。

そりゃまあ、格好良かったよね。

 

車について語るだけで、それが生まれた思想、背景、文化、経済を伝えることのできる希有の論客。

車の潮流を俯瞰の視点でかつ未来を見据て整理した上で、車の本質とその価値観を評価軸がぶれること無く語り、かつ読者にプレゼンテーションできる存在。

少なくとも、ものさしを持ち出して小さいだとか大きいだとかじゃなくてね。リモワは出て来たけど。(^^ゞ

 

日本車がどうあるべきに留まらず、その先に日本の人としての有り様、生き様、物の考え方さえ見えていたような気がした。

 

時に、歯に衣着せず、、、。

考えてみれば、最近車評にそれ程辛辣な意見を見かけないような気がするのは気のせいか。

CMの大事な収入源を車メーカーに依存する車雑誌、考えて見るとよくも許容されたもんだ。

逆にその姿勢が日本車の進化に加速を与え、欧州車に劇的に近づき、なおかつ韓国車に未だアドバンテージを確保することに寄与したことは否定できまい。

そもそもその批判の矛先はメーカーに留まらず時にユーザーへも向いていた。

 

そして、ダンディー。

これがなんちゅうか誤解を恐れずに言えば、体格的にも顔的(大変失礼だが)にも、頑張ればこのくらいにはなれそうな、現実的な夢をも見せてくれた。(笑)

 

紛れもなく、

俺の価値観を形成する上で、その影響を大きく受けた人の一人。

要するに、偉そーに自分ぶって意見してても、所詮ここらに必ずネタ元はある訳だ。(^^ゞ

 

日本人男性の平均寿命が80歳、つまりはそれ程早いわけでもない。

でもね、もう少しいろんな話しを聞きたかったような、、、。

電気自動車への評価、、、

 

 

てか、、、、、生きざまとか。(*^_^*)

r.i.p.

7390:No title
ご冥福をお祈りいたします。
今、この人以上にものを言える人って、畑村さん(元マツダのエンジニア)くらい?
けど、あの人はどうみても兼坂さんのキャラをパクっているとしか思えないんだよなあ。
そう思うと、やはり徳大寺さんは偉大だったと思います。
ジャグアーにメルチェデス、原稿を載せる雑誌側も忠実に守っていましたね。
7391:No title
車を持つこと、そして車と過ごすことの愉しさを教えて貰いました。
彼の本を読んで以降、車に対する見方は、たしかに変わったように思います。
小林彰太郎さんとの共著、わたしの宝物です。
ご冥福をお祈りします。
7392:No title
  私の最初の輸入車VW GOLF IIは明らかに彼の著作である「間違いだらけ・・・」の影響でした。田舎だったので、世間から学習する事ができず、書籍から。周囲からそんなの買うなら2.8Lのソアラだろと当時揶揄されたのは記憶してますが、選択は間違っていなかったと信じています。彼の最後の「間違いだらけ・・・」シリーズは売ってるのかなぁ。是非それで。
.  黙祷。
7393:No title
僕もNAVIを愛読していたので、かなり影響を受けました。
年末には「間違いだらけの・・・」を楽しみにしていました。
いまは手元にないNAVIや「間違いだらけ・・・」を、
50歳が近づいた現在の視点で読みなおしてみたいなぁ。
そうか。
僕はもうあの頃の徳さんと同じくらいの年齢なんだ。(汗)
7395:No title
ポール・フレール先生が去り、小林彰太郎氏が逝き、ここで徳さんも。
活字を通してクルマを教えてくれた人たちから、もう教わることができないのは悲しいことです。学んだのはクルマだけではなく、正しく物事をとらえる姿勢でもあったように思います。
合掌
7398:No title
>YAPさん
影響相当受けてると思います。
車だけでなく、考え方とかもっというと思想とか。
そういえば、後輩に言ったら、ジャグアーの人?って言われました。(笑)

>ナツパパさん
我々の世代の車好きには特別な存在でしたよね。

>きんちゃん
ゴルフとソアラのやりとり、痛いほど解るな~。(笑)
結局のところ、BMWに乗ってるのもここらの影響ですね。(*^_^*)

>ヴィーノさん
それと正月号つまりは2月号の○と×。
50歳ってある意味恐ろしい歳ですよね。(^^ゞ

>あるあるさん
そうなんよね。
結局のところ、あの頃読んだ本とか記事とか、話ししたこととか。
そういうので、俺たちはできてる気がします。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>