FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

アンマンからお伝えしました

ここ最近、ニュース枠のほぼ半分を占拠し、その間に連呼される「アンマン」。

数回に渡って都合、そうやねなんやかんやで半年くらいは滞在したことがある。

日本大使館、”懐かしー”な~んて言いたいところだが、数回行ったことがあるとはいえ、正直覚えちゃいない。

 

s-DSC00870

 

ヨルダン、そしてその首都ヨルダン。

よくそんな危ないところにとよく言われた。

しかし、、、、。

 

 

実際は、西側の打ったくさび。

報道機関がここに集まるのも外電をはじめ、ここに支局があるところが多いからだ。

つまりそれだけ安全な場所ともいえる。

 

西洋化も外のイスラム諸国に較べれば進んでいて、キリスト教徒も少数とはいえいる。

イスラム教の規律も比較的緩く、例えばラマダンであっても食事を摂ろう思えば何とかなるレベル。

西洋人も多い。

日本食レストランだって数軒。(まあ、高いしろくなもんじゃない。)

しかし、一度自炊となると、スーパーに食材は溢れかえっている。豚肉類を除いてね。

 

s-DSC06677

 

親日の人が多い。これは事実だと思う。

実際、日本人に対する感情はすこぶるよい。

これは、俺が知っている範囲であるが、中東諸国に共通していると思う。

曰く、

アメリカに自ら喧嘩を売った唯一の国、原爆を落とされたアメリカの被害者、戦後の驚異的復興、MADE IN JAPAN、某国のようなコピーじゃない(そもそも日本もそうだった時期はあろうが)。

 

マスコミのいう「親日」という報道は正しいと思う。

国王が微妙な判断を迫られ苦しい立場にあるというのもその通り。

さじ加減一つで爆発する要素は間違いなくある。

 

s-DSC01033

 

s-DSC08567

 

s-DSC08872

 

でもね。

親日であるというのは、ISにおいてさえそれ程違いがあるとは思えない。

今回、安倍総理が表明した援助に対する誤解で敵視するようになったな~んて報道もあるが、これはまずないと思う。そもそも、誤解する程情報収集能力と判断力がないハズがない。

いろんなことを包括した上での行動。

そこんとこを考えた上での慎重かつ時に大胆な行動が必要とされるのだろう。

敵国側の一つと分類されていることは間違いないのだ。

 

アンマンというのは治安がよくて、例えば当時夜中に酔っ払って街中を歩いたりしてもどうということもなかったが、それは今考えれば、確率の問題であって、例えば東京で同様の行動をした場合のリスクの桁は下手したら二桁違っている。あくまでもそういう場所だったのは間違いない。

 

一昨日、首相官邸前を通ったが、普段の警戒の3倍の印象。物々しい空気が漂っていた。

つまりは、そういうことなのだ。

グローバル化、対等、日本として、、、、独立国として。

そうなると、こういった問題には必ず直面する。

逆にいえば、欧米諸国の一部は今までもこういった状況にさらされて来た訳だ。

そこから逃れるという選択肢はあるとも思う。

そうなるといつまで経っても二流国云々、、、、。

いざとなったら、アメリカの特殊部隊に救出してもうか!

 

まあ、二流国でいいという考え方もあろう。

 

右傾化。

確かに進行中なんだとは思う。

勿論、それには一定のかつ合理的、理性的は上限というかそういったものは絶対に必要だが、

その方向自体は、いいんだとも思う。

 

でもね。

二流国がいいかどうかは別として、原発問題しかり。

少なくとも、みんなで貧乏でもいいんじゃないの?という選択肢ってあるんじゃないの?

とも思ったりもする。

 

って、

結局のところ、どっちよ?(^^ゞ

それは選挙で一票、考えた末に最善に投票すればいいのだ。

これだけは断言するが、今の日本の選挙制度。

本気になれば革命は絶対に起こせると思う。

それだけの、求心力が働くなにかは必要なのだが。

 

何の話よ?(笑)

トリバンがアンマンからお伝えしました。(笑)

7471:No title
中東もそうですが、中南米とか、やばいところばっか行ってはりますよね。。。
国益のためにもなるんだろうし、家族を養うためでもあるし、相手国のためでもあるし、仕事とは言えほんとに凄いし頑張ってはりますよね~

7473:No title
いろいろ共感しました。
豊かになった今の世の中で、「みんなで貧乏」というより、そんなにガツガツしなくてもいいんじゃないのというのは思います。
選挙で自民党が圧勝したといっても、有効票の中の得票率では3割とかそんなもんですよね。
半分近くは権利を放棄しているわけなので、有権者全体で見れば2割にも届いていないはず。
浮動票がまとまれば、一気に革命的に情勢は変わるんですよね。
いろいろなことを他人事としか捉えていない人たちは何を思っているのか?
私のコメントも発散してきました。
すみません。
7478:No title
>riprapさん
確かに、カンボジアにはじまり、東ティモール、スーダン等々PKOにも縁がありましたね。(^^ゞ

>YAPさん
みんな無血革命が可能なことに気が付いてないですよね。
結局のところ、そこまでの不満を孕んではいないということで、
悪い事ではないような気もしますが。
7484:No title
一流の国家は最盛期を過ぎても、緩やかに衰退していく度量を持つ...
などという学者がいましてね、知人に。
イギリスオランダ等々...日本もまた、緩やかな衰退を許容していかなければ、
といいます。
高度成長よもう一度はもはや無理、なのは分かっている筈なのになあ、官僚方は。
この国の伝統を守りつつ緩やかに規模を収めていくのは悪いことではないと思う。
その結果、観光などで食べていければ、それはそれで良いんじゃないでしょうかねえ。
7486:No title
>ナツパパさん
その意見同意します。
ただ、発展を目指してようやく穏やかな衰退、もし穏やかな衰退を目指せば急激な衰退を招くといった、ある政治家の意見もまた正しい物の見方のような気もします。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • インプレッションの立ち位置 (10/16)
  • 暗がりのアドバンテージ (10/15)
  • ボケの正体 (10/14)
  • 梅田 in モノクローム (10/12)
  • Proの定義 (10/07)
  • Drive my car (10/06)
  • 白物家電化の自覚 (09/24)
  • 据え置きに求めるもの (09/22)
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019-10 (6)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>