FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

ミールス

南インドのお昼の定食。

 

s-IMG_0527

 

東京出張の折、京橋にあるダバ・インディアにて。

 

 

何度か書いているのだが、再度。

 

日本のインド料理店の99%は北インドもしくはネパール料理。

しかも、日本人向けに相当なアレンジというかある意味素性をオブラートに包んでもいる。

(カーストの関係もあって、インドにおいても料理人の多くはネパール人だったりする。)

 

そして、南インド料理はスリランカ料理にも近いのだが、北インド料理とは随分と違う。

決して大げさではなく、中華料理と韓国料理くらいは違う。

南インド滞在時に北インドからのエンジニアが異国の料理に閉口していたくらいに。

そもそもナンやチャパティー等の小麦ではなく主食はあくまでもライス。

簡単にいえばクリーミーでなくさらさらしていて、酸味とココナッツ使いが特徴。そして、唐辛子辛い。

それぞれのスパイスが融合することなく、それぞれが独立した上でのアンサンブル。うーん。和音ではなく単音のグラデーション。ギターでいうと、ジャーンじゃなくてロバートフィリップ風。って余計判らんな。(^^ゞ

 

俺も滞在時にその違いにビックリしたし、正直北インドのそれよりなじみにくく、当時の憂鬱の原因の一つだったことは間違いない。

ただ、滞在も半年が過ぎると、その味に慣れるというか、理解できるというか、要は美味しく感じるようになる。つまりは、スルメ系。理解するのに時間がかかるが一旦判っちゃうと、忘れられない的な。

まあ、料理ってそういうもんかも知れない。

大概の外国料理って、幼い頃から何らかの形で家庭料理にそれなりに取り入れらていて、経験済みの味の先鋭化だから、ついていけるのであって、全く別のものであった場合、まずは拒否反応を伴うのでは。

 

少々話は逸れたが、一旦気に入ってしまった上で、帰国してそれが食べられないとなると、一種の禁断症状に陥ったりする。(笑)

そういうこともあって、当時、帰国早々にこの店を探りあてた(多分、南インド料理だと日本随一)のだが、正直その本場との味の違い(俺が行っていたのはケララ州であるのに対してタミルナード系だったはずでその違いもあろう。)に少々ガッカリした記憶がある。

つまりは、日本随一とは言え、多少の日本向けのアレンジというか本場のそれとは違いがあるのだろう。

 

ところが、今回行ってどうだ!

100%満足の懐かしい味。(笑)

要は、本場の味を忘れてしまっている。

人間の味覚の記憶力ってそんなもんなんやね。

 

イヤーうまい。

また行きたい。

東京出張の帰路、新幹線乗車前にちょこっと寄って腹ごしらえやね。

 

注:

美味しいことは保証します。

ただし、日本で食べる北インド料理のそれとは随分違います。

正直癖もあります。

多少の覚悟は必要です。

特に辛いのが苦手な方は。

行かれる場合は自己責任で。(笑)

ただし、繁盛してます。

出来れば、ミールスを選択下さい。

そして、出来ればノンベジではなく、ベジを。

エビとかチキンという甘い誘惑に打ち勝って下さい。

多分、本質はそちらにあります。

7662:No title
ダバ・インディアの前を通るたびに
「南インド料理」という看板が気になっていました。
南と北ではそんなに違うんですね。

ダバ・インディアは未訪ですが、
姉妹店の「カイバル」はお気に入りです。
お気に入りの系列店の味が
インド経験者のトリバンさんからお墨付きをもらえて
なんだか嬉しいです。(笑)
7663:No title
日本でも、北海道と沖縄では、同じ国の料理とは思えないですもんね。
私にとっては、スウェーデン料理がそんな感じかも。
IKEAのレストランで懐かしさを感じます。
7664:No title
わたしの住む街にも、南インド料理の店があります。
ケララ・バワンって言うんだけど、街の名前なのかなあ。
店主が知り合いで、ナンちょうだいというと悲しい顔をします。
ここはご飯で行って欲しいなあ、と呟きます。
7666:No title
私の実家のある北海道の田舎町にも最近南インド料理のお店が開店していました。さらさらのスープでとても辛くおいしかったのですが、ランチ(日本米)で1,200円程。これをインド米にアップグレードすると+200円程。ナンはなし。豆せんべいはあり。
田舎のランチとしては強気の価格設定ですが、とてもおいしかったので長く続いてもらいたいと思います。
7667:No title
おいしそう!
今度行こうよ
7675:No title
>ヴィーノさん
姉妹店あるんですね。
是非行ってみます。

>YAPさん
住まないと判らないことってありますよね。
そして、好きになれないことも。
一旦好きになると、今度は禁断症状。(^^ゞ

>ナツパパさん
聞いたことあります!
今度是非行ってみたいと思います。
その時は是非!

>Pakistaniさん
おお!
なんか最近南インド勢いがあるような、、、。
東京でも何気に増えているような。
反面、大阪にはないんですよね。神戸にはあるらしいのですが。

>clareさん
東京駅京橋側徒歩圏です。
是非!

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>