FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

海峡に隔てられたもの

街で噂のスリランカ料理。

そして、記憶の中では南インド料理に近いそれ。

大阪では未だ南インド料理の店を見つけることが出来ないので、その代替(失礼)として、ランチに行ってみた。

 

s-IMG_0614

 

ギャラミセット。

いわゆるミールスの類。

勿論南インドのそれとは随分と違う。

 

 

これをごちゃ混ぜにして、出来れば手で食するのがスタイル。

まあ、ミールスに近いのは近い。

味のニュアンスは基本同じ。

 

s-IMG_0613

 

 

昼下がりで客も引けてきた時間帯だったので、気さくそうなシェフにそのことを告げると、「全然違う!」とのリアクション。(^^ゞ

曰く、南インドのそれはあくまでもベジタリアンであるのに対し、スリランカのそれは、マトン、チキン等々ノンベジでバラエティー豊かとのこと。

まあ、そりゃそうやわな。

 

s-キャプチャ2

●トリバンドラムが、トリバンの由来たる1年間を過ごしたケララ州の州都)

 

ベジとノンベジの違い、これは宗教に起因する根深い違いでもある。

要は、ヒンドゥーのインド、イスラムのパキスタン、仏教のスリランカ。

勿論、それなりに抗争はあるものの、お互いにそれらを排除しようと表だっての動きがある訳ではない。特に、ヒンドゥーと仏教はある意味親戚の関係と言えなくもない。

といいつつ、海峡を隔てて両国にはそれなりの緊張があって、例えば、インド~スリランカ間の国際便は2度に渡る両国によるチェックがあったりもする。

ちなみにポーク海峡には約30kmのアダムスブリッジという浅い砂州で隔てられただけの場所もある。

 

故に、上記の発言は加護できないものでもあったのだ。

ただ、テイスト自体は少なくとも俺にとっては同じなので、南インド料理が懐かしくなったときの大阪でのオルタナティブを得たことの意義は大きい!

うん。大きい。ただ、結構便悪いのよね~。会社からも家からも。(^^ゞ

淀川に隔てられ、、、。(笑)

7713:No title
パキスタンとインドは仲悪いのを知っていたけれど、
スリランカとインドも×なんでしたか。
タミル人ゲリラとか独立派ってあったなあ。
...あれって、インドが後ろにいるんですか?
7714:No title
それぞれの国の人にとっては、こだわりというか、アイデンティティがあるんですよね、きっと。
日本だって、東と西じゃいろいろなものが違うし、そんなものかも、いや、やはり宗教も絡んで、それ以上に違うと主張したいのでしょう。
7715:
初めてスリランカとインドの国境付近の地図をしげしげと眺めました。
なんとなく思っていたより近接する隣国同士なのだと思いました。
1年以上親しんだ土地の料理って懐かしいですよね。それ、「あるある!」です。
7717:No title
>ナツパパさん
そして宗教がからむと俄然複雑な様相を呈してしまいますね。

>YAPさん
ですね。アイデンティティー。日本人って出色に少ない気がしたりするのですが。
いいことなのか、悪い事なのか。(^^ゞ

>hideyuki2007yさん
近いし、人種的にも全く同じ。海を隔てて価値観は大きく変わります。
料理って面白いですよね。当時は食べたくもなかったのですが。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • インプレッションの立ち位置 (10/16)
  • 暗がりのアドバンテージ (10/15)
  • ボケの正体 (10/14)
  • 梅田 in モノクローム (10/12)
  • Proの定義 (10/07)
  • Drive my car (10/06)
  • 白物家電化の自覚 (09/24)
  • 据え置きに求めるもの (09/22)
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019-10 (6)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>