FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

幻想の行く末

たかが無名の個人のブログ。

されど、その門戸は世界に向けて開かれている。

相変わらずの自己顕示欲満載で申し訳ないが、紛れもない事実ではある。

 

今年何度か取り上げたMotoGP。

歴史に残る一年になるという情報を世間に垂れ流した。

それはある意味正しい情報となったのだが、俺が告知したのと逆の負のベクトルを描くこととなった。

自分なりにその情報発信に対するケツを拭く必要はあろう。

 

と、自覚しつつも、その筆を持つ手というかキーを叩く手をこうやって動かすのに1ヶ月弱の期間を要することとなった。

 

s-IMG_0629

 

正直、未だにこころの整理を出来ずにいる。

ただ、一つ言えるのは所詮MotoGPに俺が抱いていた感情は幻想に過ぎなかったということ。

 

 

事実関係は、興味ある方は各自ググって頂きたい。

正直ここにそのレジュメを書く気にもならない。

 

結果として、新旧両雄の二人ともに幻滅したというところか。

正直、来シーズンMotoGPをウォッチするかどうか。

 

原田哲也とカピロッシを彷彿とさせるが、その二人はチャンピオン争いの当事者であった。それに対し、今回一方は当事者でなかったのだ。チームメイト、さらには同メーカーのライダーでさえない。まさに水を差した状態。

それに対する一方の過剰反応。

 

一番の被害者はチャンピオンかもしれない。

 

ここ数ヶ月で気持ちを立て直せれば、、、、。

少なくとも、幻想の続きを見たいものだ。

いや、見たいと思っている。

7732:No title
何があったのかと思い調べてみましたが、過去のF1でもあったようなことがこちらでもあったんですね。
私は、セナのプロストへの「特攻」で幻滅しました。
7733:No title
スポーツは喧嘩ではない。
スポーツマンシップと言う言葉を大切にしなければ、スポーツそのものが成り立たなくなることを、その世界に身を置くものはしっかり理解しなければいけない。
憧れて入ってきた世界を自ら壊しにかかるのは愚かだということに気づいてほしい。
7735:No title
>YAPさん
ただあの二人は当事者だったではないですか。今回はそうじゃない。そこが問題です。

>監督さん
やっぱ、そうはならない部分がある。きれい事ではない。ここまではある意味理解出来るんです。今回私が違和感を感じるのは、それが当事者同士ではないことです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • インプレッションの立ち位置 (10/16)
  • 暗がりのアドバンテージ (10/15)
  • ボケの正体 (10/14)
  • 梅田 in モノクローム (10/12)
  • Proの定義 (10/07)
  • Drive my car (10/06)
  • 白物家電化の自覚 (09/24)
  • 据え置きに求めるもの (09/22)
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019-10 (6)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>