FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

Promeade of Peace

光から広島に入ったのは17時30分くらいだったろうか。

とりあえずはホテルにチェックイン。

マップで調べると徒歩でも12分くらいの道程。

川沿いに下ってみようか。

 

s-DSC07367

 

広島駅周辺の急速に再開発が進みつつあるドヤ街を抜けて川沿いの道に出る、

 

 

遊歩道の足元にふと目をやると、

“Promenade of Peace”

の文字がプレートに。

「平和の道」

 

広島においては、これらの文字が途端に大きな意味を持つことになる。

ついついいろんなことを夢想してしまうのだ。

 

s-DSC07369

 

平和って何?

正義って?

北朝鮮が核を保有することの是非。日本は?

原発再稼働の是非。

憲法9条。

自衛隊の派遣。

専守防衛。

はじめて広島の地を踏んだ後輩にはやっぱりお好み焼きかな?

大挙してやって来ている外国人はこのプレートを見て何を思う?

そもそも外国人は何を思って広島を訪れ何を感じ何を祖国に持ち帰ることになるのか?

って、考えて見れば日本人だって同じことだ。

サンフィレッチェがクラブ選手権で3位となったって意味があることよな。

 

s-DSC07380

 

川沿いの遊歩道に面して洒落た店が散見される。

特別な空間。

こういう空間って貴重よね。

足りないのは人影。

ま、真冬やしね。

季節が上向いたら少し歩いてみようか。

ミッションもあることやし。(笑)

7773:No title
広島エリアにも3年ほど住んだことありますが、もうずいぶんと前の話なので、今はもういろいろ変わっているんだろうなと思います。
カープの本拠地も立派な球場に移ったようですし。
平和という言葉の重みは、ここの人が最もわかっているんだろうと思います。
7775:No title
>YAPさん
確かに変わってるかも、地下街だってあります。(私も今回知ったのですが。(^^ゞ)
7777:No title
広島は会社員時代の一昨年、なんと25回も出張しました。
しかしながら泊りの出張は二回だけであったため、残念ながら散策はあまりできていません。
広島平和記念資料館には外国人がたくさん訪れていて、皆、静かに館内を見学していました。
これからも平和を発信する地であることを続けていただきたく思います。

お好み焼きは絶対に喰わなあきまへん。
できれば、尾道ラーメンも(^^♪

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>