FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

ノリックの残像

土曜日の夜、月曜日の早朝のMotoGPの録画予約をするべく、スカパーの番組表をめくると、、、、、

G+のMOTOGPアーカイブス、94年鈴鹿。

 

s-DSC07919

 

3年前の鈴鹿日本GPのワイルドカード参戦で、シュワンツ、ドゥーハンとドックファイトを演じた末、残り3周で転倒リタイアという、鮮烈なデビューの末、YAMAHA移籍。翌年のフルエントリ-、ランキング9位という結果を残した、フル参戦2年目の第3戦。

 

1982年の片山敬済以来の日本人ライダー(ここの議論はやめときましょう、日の丸をしょっていたの間違いない。)による500ccクラスの優勝を飾る。

その時、ノリック、若干20歳。

 

 

s-DSC07927

 

s-DSC07928

 

当時は、WOWOWで観戦していた。

そりゃもう。興奮なんてもんじゃない。

考えて見て欲しい。

F1での日本人優勝、テニスで言えばグランドスラムでの優勝に等しい。

そして、

日本人の最高峰クラスでのチャンピオンの誕生を確信した。

もはやそれが、いつなのか?が最大の関心事。

 

しかし、、、、、。

確信は願望に変わり、、、落胆、、、、そして、絶望へと変わった。

その後は、確信を抱くに至らず、そして再度の絶望さえ味わった末、今、静かに2016年シーズンを迎えている。

 

結局のところ、

ロッシが好きなのは、ノリックの残像をそこに見ているんだと思う。

ロッシフミ。

 

新たなる確信が訪れるまで、静かに、その残像を追いかけるとしよう。

7862:
日本のジェームスディーンに近いものを感じます。
何故に・・・((T_T))
7863:No title
サーキットでの事故であれば、もしかしたら納得できたのかもしれません。
けど、一般道での交通事故、しかも交通違反をしたクルマに巻き込まれての事故となると、やるせないものを感じました。
日本の財産を失ってしまったようなものでしたよね。
7875:No title
>監督さん
そうですね。
だからこそ、というのはあります。
ひととき、いい夢を見せてもらったと思います。
それは、確信でさえありました。
(注:「確信」:Rider's Club用語)

>YAPさん
ですね。聞いた時は仕事が手につかなくなりました。
ただ、その時には確信が願望になっていたことも事実ではあります。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>