FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

バックヤードの情景

バックヤードって随分意味が違うよな。

裏の畑です。

 

s-P1010211

 

ポチは鳴いてないが。(^^;;

 

 

s-P1010207

 

s-P1010204

 

夕暮れ時、現時点では適度に人の手が加わった、管理された情景が形成されている。

 

s-P1010209

 

s-P1010214

 

s-P1010219

 

心地良い空間。

それは、管理され抑制されているが故。

一度、自然が攻勢を仕掛ければ、みるみるうちに一旦は荒廃という言葉で現される状況に向かう。

その先は間違いなく自然への帰依という段取りに繋がるのだが。

それは、地域社会にとって許容されるものか否か。

 

そういえば、万博公園というのは壮大な里山への回帰の実験と聞いたことがある。

その辺りの研究と実践の知恵をそろそろ身につける必要があるのだろう。それなりの、人口密集地帯で。

7919:No title
たしかに、美しい自然の風景というのは、そこには人の手が入っている場合が多いですね。
特に、田園や森林となると、手の入っていない景色というのは決して美しくはないはず。
人の手さえ入っていない自然の美しさというと...砂漠や荒野の系統ですかね。
日本にはないですね。
7920:No title
帰りなんいざ、って詩がありましたねえ。
田園まさに荒れなんとするにいずくんぞ帰らざる...
...って続くんだけど...
荒れた田園は見ていて辛いものです。
しかし、そういう光景が次第に多くなるのはどうしたものか。
7921:No title
写真きれいですね。
3枚目、5枚目のボケがいいですね~。

職場の近くに、自然の森の創出を目指して整備した
「大手町の森」という緑地があります。
ビルが立ち並ぶ大手町ではちょっと異質ですが、
面白いことやってるなぁと、毎日眺めています。 
成功しているかどうかはわかりませんが・・・ (^_^;)
7922:No title
>YAPさん
そうなんですよね。
日本の自然というのは、基本的に人の手が入っていて、それが原風景を構成しているんですよね。
自然の剥き出しに決してノスタルジーを感じないはずです。

>ナツパパさん
やっぱり、農業の法人化がキーなんだと思います。
やっぱり、決して保護の中での発展はないような。

>ヴィーノさん
とりあえず、LX-100のオート頼りです。
万博公園のそれは、それなりに里山っぽくなってます。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>