FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

中継ぎのプライド Vol.1

ヤフオクの中古で購入して、4年と2ヶ月。

その間ほぼ毎ウィークデイ、行動を共にした。

去年はハンドルが破断して、カスタムショップのものに装換。また、片方のラチェットが壊れたり、様々な不具合。

さらに最近、接地するプラスティックの4箇所の足の偏摩耗によって、電車内の床置き時に不安定となり、いよいよ実用に支障をきたすように。

 

s-P1010386

 

ゼロハリが丈夫だというのは、筐体が一次的な負荷に対して相対的にというだけで、経年変化には当然、、、、というか付属パーツの類の強度と耐久性は敢えてなのか相対的に低いといわざるを得ない。

つまりは、その強度を確保するためには絶え間ないメンテが必要。その発想はプロユースのそれに近い。

 

 

問題はその修理代が高いこと。まあ、その定価に対する修理代の比率でいえば許容範囲なのだが、問題は格安で中古品が手に入ること。

つまりは、修理するくらいなら、ヤフオクで中古を調達する方がはるかに安いということ。

これって、そもそもゼロハリの設計思想に相反してないか?(^^ゞ

 

s-P1010383

 

で、今回入手したのは筐体は全く同じでロック機構、外装の仕上げ、内装の異なるこちら。

 

ただ、そうはいっても先代に愛着もある。

修理の間の中継ぎという位置づけとしておこう。

7962:No title
いいものを修理しながら長く使う、というのは大切なことだと思いますが、修理費が高いとちょっと迷いますよねえ。
この手の製品であれば、メンテしながら相当持つとは思うのですが。
7963:No title
発想がドイツ車のそれに似てるのは面白いです。
メンテナンスは丁寧に、しかし代金が高い...
階級社会の産物なのかなあ。
7964:No title
ゼロハリスト、ここに究めり!? ^^)
7968:No title
>YAPさん
いや、修理する予定ですよ。
うん。修理します。すると思います。多分。(^^ゞ

>ナツパパさん
それが、本国でも同様に高いとすれば文句はないのですが。

>監督さん
ただ、最近のモデルには全く興味持てないですね。
ここらが、問題ではあると思います。
やっぱ、日本資本入ったからかな~。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 禅の進行形 (02/19)
  • 白の世界 (02/18)
  • 太陽柱の朝 (02/14)
  • マチ浅の勝算 (02/03)
  • アンチエイジング (01/24)
  • ロルバーンの故 (01/22)
  • 冬の夜長に (01/21)
  • 2019 (01/14)
  • 青春の嗅覚 (01/08)
  • 願望と予測と (01/06)
  • 2019-02 (4)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>