FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

1敗

愚息のサッカー少年団。

6年生の最後の公式戦が終わった。

 

s-P1020351

 

県大会出場権を賭けたトーナメント戦。

故に敗戦=最終戦となる。

 

 

実は夏から本大会のシード権を争う公式戦の結果、我がチームは2部。初戦は3部チームとの対戦となり、3-1で快勝。第2試合は1部のシードチームとの対戦となった。しかも、クラブチーム。

 

前半の立ち上がり、相手のスピードに対応出来ず、あれよあれよの3失点。

その後は相手のスピードにも慣れ、互角の攻防となり、以降はスコアレスとなった、悔しい敗戦となった。

結果論で言えば、序盤のばたつきを1失点で抑えることが出来ればその展開ままた違ったものになっていたかもしれない。

 

s-IMG_7955

 

この試合で勝って、次の試合で勝っていれば県大会本選だっただけに、、、、、、。

逆にいえば、1回勝っただけ。

これって、スポーツの世界ではあたり前の話なんだろうけど、半分のチームは1度も勝つことなく、その闘いに終止符を打つ訳だ。最後まで負けないチームは全国でたったの1チーム。

 

各チームとも、生活のかなりのパーセンテージをサッカーにあてがって、それぞれにベストを尽くした結果。

そこには、それぞれの思い入れもあろう。

ただ、これは6年生の試合。

 

来年はお前達の試合やで。

6年生の涙と、その後の笑顔に何かを感じ取って欲しい。

 

さて、あと一年。

どのように向き合うのか。

別に、必死にやれとか、そんな風に思ってはいない。

楽しめばいいと思う。

でも、そこにはいろいろな想いが交錯するもんよ。

そこにきっちり折り合いをつけて、やりきって欲しいとは思う。

 

親父は、楽しませてもらおうと思う。

8095:No title
浦和で生まれ育ったので、サッカー少年団に入ることは当たり前のことでした。
野球をやってると、「なんで?」って感じで見られましたからね。
でも、少年団での記憶は負け試合の記憶のみです。
中学でも部活はもちろんサッカーでしたが、あまりに皆が上手すぎて気後れして早々に退部。その後は陸上部、バドミントン部と転々。^^;
ちなみに、私たちの一代下の学年には水沼貴史がいて、彼が3年生の時に我が中学は全国制覇してます。気後れしたのも許される気がする…!? ^^;
8097:No title
>監督さん
居るんですよね。確実に。数千人に一人?
こちらでも、乾はどうだったとか、宇佐美はホントに大きくて凄かったとか聞きます。
ほんの、十年くらい前だったんですよね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • 2019-08 (5)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>