LIFE PROOF

iPhone導入以来ずっと使っているLIFEPROOFの防水防塵耐衝撃ケース。

現在のnuudに装換したのが2015年の10月だから、概ね1年と4ヶ月が経過。

 

s-P1020693

 

その間に4回壊れた。(^^ゞ

 

 

時系列に辿ると、1/18、7/29、11/14、2/17。

その度に2日程度の未装着期間を伴うものの、その度に新品となる。

つまりは写真は5代目。

ちなみに、毎度壊れているのは、写真下方のLingtning接続部ハッチの開閉用の爪。

こいつがプラスティックで、どうしても一日に数度は改正するため、ストレスがかかってしまうため。

そりゃ折れるわ。(^^ゞ

 

その部分のアッセンブリ交換に対応しておけばいいのもの、一番の売りである防水性能を担保するもっとも重要なギミックの一つだけにそうはいかないのか。

でもね、これだけ続くと、新品になる嬉しさより、うっとうしさのほうが勝る。

 

でもさ、メーカーだって大変だろうと想像する。

なんせせいぜい1万円の単価の製品を5度納品している訳で。原価自体はたかがしれているってのは間違いなかろうが、そこに事務手続きが伴うわけで。

 

しかも、1年保証なのだが、代替品納品の日からあらためてカウントされるので、まあ製品がなくなるか(なくなった場合は勘弁とある)、俺がiPhone6をリプレイスしない限り、このサイクルは継続されることとなる。

 

この辺りはそもそも製品のコンセプトのど真ん中の施策であるから、敬意を払う必要はあろう。

 

ただし、その度の保証は、製品登録を怠らないことを前提としているであろうから、俺みたいに何度も交換するやからはマイノリティーなのかもしれない。

逆にそこらは十分考慮した上での価格設定だろうし、ポリシーではあろう。

 

まあでも、そりゃ贔屓にはなるわな。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケースは使わないので、こういうのには疎いです。
防水しようと思ったら、端子部のところが肝になりますよね。
それだけ何度も交換しても使い続けているということは、トリバンさんのお眼鏡にかなっているということですね。

No title

>YAPさん
そうですね。結構気に入っているかも。
といいつつ、理想は何も入れないということでしょうが、その勇気はありません。
でも、最近のiPhoneって防水になりましたよね。そうなったらどういう選択となるのか?
プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>