FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

蓮花の惨憺

琵琶湖の有名な蓮の自生スポットが壊滅したというニュースは、全国版で流れていたのでご存じの方も多いと思う。

 

となると、

毎夏、通勤路のローカルスポットで写真撮ってブログにアップが恒例だった身としては、そこの状況が気になる。

その不安は的中していて、

 

ちなみにこちらは、2013年の状況。

 

489962848105566320129965198038127m1

 

って、こんくらいの写真でも貼っとかないと、今年の写真じゃスルーされてしまう。(笑)

 

 

ちなみに、こちらの写真は2013年は7月30日。ただ、こちらの状況が好転するとは思えない。

 

これが、今年は、、、、。

 

s-P1020941

 

かろうじて端のほうに。

 

s-P1020939

 

1ヶ月近いギャップがあるのでなんともいえないが、現時点でつぼみを確認することはできない。

 

つまりは、蓮の消滅は、局所的な減少ではなく、琵琶湖全体の傾向なのかもしれない。

(といいつつ、いずれも東岸。湖流としては野洲川の影響が卓越している箇所ではあり、本流たる西岸ではない。)

 

こういった事象で取り上げられる要因としては、水質悪化、外来種の卓越、気候変動。

そして、今回これらの単独にその要因を見いだすに至っておらず、その複合ではとの報道になっている。

じゃあ、複合がこれほどのインパクトを与えるのか否か。

 

ここで、一つだけ考えられるべきは、水質の悪化ではなく、良化がその要因である可能性だってある訳だ。

そうであれば、ある意味本来の生態系へ戻りつつある過程なのかもしない。

視点を変えれば、将来の生態系への変遷の過程。

 

そもそも、本来蓮は自生していたのか?

てかさ、この蓮、在来種なのか?

何が言いたいかというと、こういう問題提起って結局、目に優しかったり、利害関係が必ず伴っていないか?

 

まあ、そもそもこれらの専門家では当然ないし、活動家でも勿論ない。

そもそも、ここで語るべき知識さえない。なら、語るな!って?(^^ゞ

 

ただ、もう少し、環境に対して謙虚であったほうがいい気がする。

一方で、蓮の花が拡がる景色が欲しければ、蓮田にしちゃえばいいのだ。

そういう、ある意味の自然との共生が、日本の原風景ではないのか?

8288:No title
うちの近所は、緑がかなり多いのですが、「造られた」景色なんですよね。
アメリカザリガニやミシシッピアカミミガメが多く見られ、これはもう日本の自然の景色ではないような...
8292:No title
>YAPさん
結局のところ、拡散したらその時点で容認せざるを得ないのだと思います。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • Joshua Tree (12/10)
  • 沼の終焉 Vol.2 (12/08)
  • 沼の終焉 Vol.1 (12/06)
  • ビリヤニの隠遁 (12/04)
  • 早朝出勤の報酬 (12/02)
  • モメンタムの行方 (12/01)
  • メジャーデビューの定義 (12/01)
  • いつか、そう遠くない初冬に (11/27)
  • 月明かりのリベンジ (11/14)
  • 函館 Vol.3 (11/11)
  • 2019-12 (7)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    月別アーカイブ

    12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>