FC2ブログ

トリバンドラムからの使者

ナイルレストランに行ってみた。

 

s-P1040604

 

そして、注文はムルギランチ。

そもそも、メニューを示される前に、「ムルギランチですか?」とくる。

 

 

創業者はケララの州都トリバンドラム生まれ。インドの独立活動家として戦前の日本へ留学。

だから、南インドの系統だと思っていたし、そもそも南インド料理のレシピ本なんかも出版している。

 

ところが、、、、、。

このカレー。

確かにチキンは柔らかく十分に煮込まれ、うまいのだが、だからと言って南インドのそれと違ってスパイスが効いているわけでもなく、ゴクゴク普通のそれ。

もっと言えば、北インドのそれらとも違う。というか、誤解を恐れずに言えば日本のそれ。

何度もいうが、うまいのはうまい。

 

s-P1040607

 

使者の来日が早ければ早いほど、オリジナリティーの保持より同化を要求される。、いや、伝えたいからこそ、その保持より啓蒙の方向へ舵をとるのかも。

もし今それを求めるのであれば、新しい、そしてもしかしたら日本人のほうが現地のテイストを再現しているのかもしれない。その使者は同化ではなく、伝承に力を注ぐのだ。

ということを、再確認することとなった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本で生き残っていくには、やはりなじんでいくことが必要だったんでしょうか。
ダイバーシティが浸透してきている今であれば、そのご苦労もなかったのかも。

No title

ナイルレストラン、小さなお店なんですね。メディアで取り上げられることが多い店なので、意外な感じがしました。ホームページを見たら、1949年開業とありました。当時の日本人相手に、本格インド料理で成功するのは、難しかったんでしょうね。

No title

>YAPさん
というより、黎明期のカレーってこんな感じだったのかな?って。

>ヴィーノさん
そうなんですよね。しかも並ぶこともなく。
南インド料理の本格レシピ本なんかも出しているくらいですから、全てを判った上で確信犯的に提供している料理ということですね。
プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>