FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

さくらに集う

インスタグラムでインスタ映え。

ってのが席巻しているって訳でもないのだろうが、

事実としてスマホの普及で街を歩く人の大多数がそれなりの性能を有するカメラを携帯しているという事実。

そうなると、当然サクラの開花は年に数度のイベントとなる。

故に、この時期、人はサクラの下に集う。

 

s-P1040625

 

新大阪の標準木(俺にとってのね)は、5分咲きといったところか。

 

 

それらの画像データは、その一部は何らかの形でマスメディアに流れ、本ブログのように自らがネットにアップ、もしくはクラウド、はたまた、それぞれの家庭のHDD、PC、そして携帯電話に保存される。

それらは大概の場合、意志を持って消去されることはなく、残存する。

そして、現時点でこららを強制的に消去する機会は限られる。

つまり、毎日毎日膨大な量の画像データが蓄積されつつあるのだ。

 

そう、遠くない将来、これらの発掘が考古学の主たる作業となる可能性すらある。

考古学的に現在、デジタル期(!?)のまさに黎明期にあるのかもしれない。

 

s-P1040627edited

 

s-P1040630edited

 

なんじゃかんじゃゴタクを並べるのも、この時期サクラの記事をアップするときの常套手段。wwww

 

ただ、厳然たる事実として、サクラは1年のうちの多分長くて二週間だけでは、何にも負けない求心力を持つということ。

それに相応しい薄紅を日本の情景に添える。

 

s-P1040638edited

 

さて、見頃は週末あたりか。

そして、京都、滋賀と数日のギャップをもって北上していく。

いつものように。

8474:No title
よく考えたら、こんなに日本中が騒いで開花や満開がニュースになるはなって、桜だけですよね。
それだけ日本人の心に大きくいるのでしょう。
8475:No title
>YAPさん
ですよね。
待望の春を告げるだけでなく、美しさ、はかなさ、まさに日本人好み。
でも、こういうのって以外と歴史は浅かったりするんですよね。
そもそも、子供の頃ってこんなに桜が溢れてなかった気もしますし、近年の並木整備、少々桜に偏りすぎとも思います。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • VEGI HARB SAGA (06/17)
  • もう1つの選択 (06/15)
  • 2019 (06/12)
  • 棚に並ぶもの (06/10)
  • 密室のエトセトラ (06/08)
  • NO MUSIC, NO LIFE. (05/30)
  • リジットの作法 (05/28)
  • 延命処置 (05/26)
  • 水田の中のウユニ (05/24)
  • あれは8年前 (05/21)
  • 2019-06 (5)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2019/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>