FC2ブログ

Under reapir, under construction and under ground

LX-100の埃は結局CCD全面ではなく、レンズ内ということで、2週間の入院。

そして、その間記事は途絶えることとなった。

その間、バックアップたるRX-100のリリーフ。鞄に常駐させていて、それなりに撮ってはいたのだが、どうも最近記事のアップに義務を感じることはなくなりつつあることから、、、、、、、って、つまりは、記事を書くにあたっての動機付けに乏しかったってことなだけだけどね。(笑)

そのLX-100は昨日無事退院。SDカードを戻すにあたってリリーフ間の撮影を取り込み。

 

s-DSC08037

 

その中から、つまりは、修理中の建設下の地下の写真。

 

s-DSC08053

 

それにしても、RX-100のハンドリングは別格。

これでいて、28mm-かつ、1インチのCCDでそれなりにボケる。暗所もまあまあ。

そりゃ、ベストセラーにもなろう。

ただし、24mm-、マイクロフォーサス、かつマクロの接眼の能力、そしてそれとトレードオフのサイズと重量。

光学的な性能故、ある意味どうしようもないのは承知の上で、どっかに新たなる妥協の接点があるのかもしれない。その原動力は無論技術の進歩ということになるのであろうが、そこに介在するすれが、電気的エフェクトであったとしたら、それは本質ではなく、、、、、。

まあ、そんなこと言いだしたら、デジカメの存在意義にけちをつけることと同義に行き着く訳で。

 

でも、結局のところ、その本質は光学であるわけで。

って、なんの話やねん。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水色(青色?)塗り塗りは何のため?

No title

所謂、「インスタ映え」のために、デジカメにユーザが戻る動きもあるようですね。
ミラーレスがその需要の多くを享受しているようですが。
けど、最近のコンパクトデジカメの進歩もなかなかですよね。
1インチセンサはもう珍しくなく、こちらのような 4/3 インチや APS-C サイズとかもありますし。

記事中の撮影現場ですが、なかなかこういうのはお目にかかれる場所ではないので興味深いです。
エンジニアの興味をひかれます。

No title

ブログが更新されなかったのは、愛機の入院のためだったんですね。LX100いいカメラですね。僕はもう少し寄れるといいなぁと思っていますが、それ以外はほぼ満足しています。まぁ望めばキリはありませんけどね。

No title

>監督さん
ええ、防水塗装でございます。

>YAPさん
これが、LX-100ってのは、小型ミラーレス+標準ズームより大きくて重いんですよね。

>ヴィーノさん
ブログの更新がなかったのは、単にネタ切れによるものです。RX-100は鞄に常に入れていました。確かに、もう少し寄れるといいですね。修理に訪れたパナソニックプラザで少し話をしたのですが、後継機の予定はなさそうです。
プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>