FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

6.18の総括

結局、島本駅近くで電車内待機4時間の後、線路上に降ろされ、1時間程度の情報収集&昼食後、新幹線が動き始めたとの情報を得て、タクシーで京都駅へ向かい、そのまま広島に向かう。

 

s-P1060024

 

正直、電車走行中の揺れだったためそれを体感することもなく、社内でも空調が効いた状態で基本快適、降車後も比較的簡単に昼食を入手出来たし、その周辺は電車が泊まっている以外は日常そのもの。

つまりは、地震後の緊急事態を全く自覚することなく、そうはいってもそんなに苦労せずに広島泊。

どのみち、関西に留まっていても帰宅難民確定だったわけで、まあ運がよかったと思う。

 

でもって、その被害を実感するのは、2日後の帰宅後となった。

それもネットで。

 

s-アイラ

 

高槻の行きつけのバーの被災。

 

こちらは正にニュースで、新大阪駅のいつもの書店。

 

s-本屋

 

 

ところが、帰宅すると、

 

s-449D8471

 

水槽の揺動による漏れ、引き出しの吐出、棚からの落下。

まあ、大したことはないのだが、オールドバカラのショットグラス、ティファニーのロックグラスが割れていた。

ここで、初めての実感。(^^ゞ

 

亡くなった方が現時点で4人。

いずれも、誤解を恐れずに言えば、いずれも備えの問題であって、技術的な話ではない。

ただ、その克服ってのはなかなか難しいんだと思う。

つまりは、所有者の問題。

ただ、技術的には少なくとも震度6弱の揺れには大方の目途は立っているのだ。

それって、スゴイことだと思う。

極論を言えば、人が死にさえしなければいいのだ。

それを前提に、不休の地道な努力の出番になっているんだと思う。

ただ、津波どうするよ。

これって、残念ながらきちんとした答えが出てない気がしてならない。

8530:No title
震度6弱程度の地震にはしっかりした準備ができているというのは同感です。
それだけに、手抜き工事のブロック塀が残念でなりません。
8531:No title
写真を拝見して、改めて揺れの大きさを思い知りました。高槻のバーはかなりの被害額でしょうね。今回ガスの復旧に時間がかかったのが意外でした。カセットコンロのボンベの備蓄を増やそうかなぁと思っています。
8533:No title
>YAPさん
そうなんですね。
でも、逆にこっからが本番な気もします。

>ヴィーノさん
バーはすでに復旧していて、被災した瓶の残ったものをろ過して集めたものをブレンドして「震災ハイボール」として売り出し中です。
東京ガスと比較して、大阪ガスは更新を先送りにしているとの噂を小耳に挟みました。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 冬の夜長に (01/21)
  • 2019 (01/14)
  • 青春の嗅覚 (01/08)
  • 願望と予測と (01/06)
  • しぶんぎ座のホワイトアウト (01/04)
  • 夢と願望と予測と (01/01)
  • トリバンムービーアワード2018 (12/29)
  • 2018年のクリスマスイブ Vol.2 (12/26)
  • 2018年のクリスマスイブ Vol.1 (12/24)
  • 波及効果 (12/21)
  • 2019-01 (6)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    12 | 2019/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>