FC2ブログ

マチ浅の誘惑

ここ最近、ゼロハリバートン導入は、2016年5月。(左から2つめ)

その時は、その前のモデル(右から2つめ)の修理の間の中継ぎと宣言しておいて、結果修理してない。

その言葉を借りれば、少々ロングリリーフということになるが、正直なところ修理の切迫性とそのコストがつり合っていない故。

ただ、その二つのモデルともディメンジョンは同一。(中央の2つ)

 

この手のブリーフケースではマチが深いタイプ。

1~2泊の出張には何とか対応できる容量を備えているのだが、つまりは通常の通勤には大きいというか深すぎる。

ってことで、浅いモデルを試してみることに。

 

ここ最近、ゼロハリバートンの中古流通価格が一段と下がっていることもその要因。

1万円台が1万円以下というのが、ヤフオク!での相場観。

この機会に是非!(笑)

 

s-P1070227

 

浅いモデルというか、本来こちらがゼロハリバートンのブリーフケースとしては標準なのかも知れない。

最初に買った、一番右のケースは薄いのだが、コンピューターケースを謳うモデルで、いわゆる派生モデル。

いろんな意味であまり気に入ってはいない。

なんかさー。こういうのって本質を理解するまでににこういった失敗っているよね。

というか、若さ故の機能の本質の無理解。

俺は、多々あります。(^^ゞ

 

 

つまりは、日常は今回の薄いモデルで、出張時は今までのモデルというコンセプト。

 

s-P1070230

 

概ね、2cmほど薄い。

 

s-P1070228

 

バレンチノ・ロッシの46番も踏襲。

ちなみにこの46番。

最近物議を醸している。

 

まずは、「乃木坂46」のファンですか?

おいおい!

54歳のおっさんがそうとしたら相当気持ち悪いだろ!

(そもそもシールを貼る54歳ってどうよ?ってのはおいておいて。)

まあ、今を風靡するグループだし、そうなるよね。

 

それがね、俺のファーストネームからですよね!

って、、、、、。(゚_゚;)(゚_゚;)(゚_゚;)

そりゃ、恥ずかしい。(笑)

てか、この番号を特別な番号としてから、もう十数年。

自分では全く気が付かんかった!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
就職したての頃、こういうケースが似合うようになりたいと思っていました。
かっこいいですから!
車通勤だといいかも。ウィーンの勤務時にゼロにすればよかった、、、

東京メトロに乗ることが多い私は、今のところTUMIですね、、、
プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>