FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

青春の嗅覚

高校の3年間、SLの走る単線のディーゼル車で通学。
最寄りの駅まで自転車、そして学校側の駅からも自転車で、駅通りを進みそれと垂直に交わるアーケード街を高校側へというのがいつものルーチン。
その交差点の近くにその発生源はあった。
今はその場所から移転している。

s-IMG-3277.jpg


その朝の通学時間、まさにスープ仕込みの佳境だったのだろう。湯気と一緒に付近には独特の香り、いや、匂い。
それは、高校生でとんこつラーメンがなんたるかを知るよしもない当時の俺にとっては、とてもじゃないが食欲をそそるような匂いでななく。
そのおかげで、足を運ぶこともなかった。
それは毎日、そして3年間。
その匂いの記憶は、脳の結構深いところに刻み込まれていたようで。
だから、店の数十メール手前で、臭覚が反応した。
というか、その匂い自体を覚えていた。
なんというの?その匂いの構造自体が判るかのような記憶。
それは、三十数年の歳月を経て全く変わってなかった。

さてと、それを今確かめることになる。

s-IMG-3278.jpg


これがね、初めて(多分)であるにも関わらず、味さえ懐かしいのよ。
匂いがそのまま味となったような。

九州ラーメンの聖地の、しかし、海峡を挟んだ隣県。
それが数十年も続いている。
(正直、博多ラーメンに精通している訳ではないので、これが本流なのか亜流なのかは判らない。ただ、少なくとも細麺ではなく、中太麺)
だからといって、そのフォローワーはなし。
孤高の存在。
メニューはほぼ単品。(ラーメンに加えてチャーシュー麺とライス類とその大小)
高くもない。
さて、その行く末は?
8618:
豚骨系はとんと食さなくなりました。
昔はけっこう好きだったのですが、家系も含めて、この手は最近躊躇を余儀なくされます。
はい、爺さんは塩です。^^;
8619:
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
福岡で学生生活を送った私は、ラーメンと言えば豚骨です。
地元には名物になるようなラーメンがなかったので、初めて食べたときはけっこう衝撃的でした。
8621:
>監督さん
最近その気持ちが判るように。味覚的にはオッケーなのですが、胃が、、、。これが時間差で来るんで食べる時の欲求には抗えず。(^^;

>YAPさん
豚骨系って圏外の人にとっては相当癖の強いものみたいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>