FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

もう1つの選択

腕時計の、ゴールは既に手に入れている。
それは、当駄ブログにおいても公言しているはずである。
それは、2010年の秋のこと。
(ブログって備忘録として機能してるよね。)

でもって、
今回のこれについても、このこんなとこで既に公言している。
それは、2014年まで遡ることができる。
ただ、この想いは、随分前からあった。

s-P1080050.jpg


バウハウスへの憧景と共に。

腕時計は、父子で受け継ぐもの。
そして、それは次男が生まれた際、じゃあ次男には?
という問いに応えるべくその思考のトリガーを引いたのだ。


正直もう一本と比較すると、こういう言い方は好きではないが、釣り合わない。
でも、考えてみりゃどっちもムーブメントは、ETAの7750系やしね。


どっちがどっちをってのは、俺が死んだ後、ゆっくり争って頂くとして。(笑)


ただ、それは二次的な問題であって、あくまでも自分が欲しいもう一本ということになると。
ジャガー・ルクルトとか憧れるのだが、残念ながら俺の体格とか風貌には、絶対にフィットしない自信がある。(;_;)

s-P1080054.jpg

s-P1080053.jpg


こちらも、どっちかと言えば上品だし、俺のテイストではないのだが、そもそも薄いし、、、、、。

と、
思うでしょ?
実はそうでもなく、意外とふくよか。

バウハウスへの憬景。
1908年生まれのマックス・ビルがこのデザインを生み出したのは1962年。
俺が生まれる1年前のことになる。


追記:
いつか、バルセロナとか思ったりもする。(^^ゞ


8703:
いいね、ユンハンス。秒針見つめて時を忘れそう。
まだそっち側にいるのね。オレはもう、川を渡ってしまったよ。Fitbitを買って以来、スピードマスターもチュチマもボストークも1秒も時を刻んでいません。便利なんだもん。

バルセロナって、ミースの椅子のこと?いいですね、素晴らしい。あれに合う家が必要になるけど。
あの書斎に一つ置いて一人で座るの?それなら最高だね。
8706:
僕もユンハンス好きです。ジンとかノモスとかランゲとか、ドイツの時計デザインはシンプルでいいですね。どちらかというと、ツウ好みな気がします。
8707:
>あるあるさん
これがね、秒針ないのよ。(^^ゞ
そっち側へは渡れない気がする。
ちと今の書斎には無理なんで、部屋から考えんとあかんかな。(^^ゞ

>ヴィーノさん
これって、私にはギリギリなシンプルさなんだと自覚の上。
正直、羨ましス。(^^ゞ

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019年のブレードランナー (09/09)
  • teamLab (08/28)
  • 磔磔 (08/26)
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 2019-09 (3)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>