FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

沼の終焉 Vol.1

かねてからの、そしてある意味永遠の課題でもある、フルサイズ移行問題。
結論が出た訳ではなく、、、、、
てか、まあ逆にいえば、金さえあればさっさと移行する訳で、結局のところ、現在の懐事情にどうそれをフィットさせるかという、実は至極単純な課題な訳で。
結果として、その時の必要性とか、欲求とか、もっと言えばきっかけにどうリアクションするか、、、、、。
そう考えれば、話しは単純なのである。

つまりは、フルサイズの必要性と欲求、そしてきっかけがあれば、歯を食いしばって、中古でも買っちゃう訳だ。
多分。(笑)

そうでもない状況で、ここ最近マクロが欲しいという欲求に火が付いた。(笑)
でもこれがね、例えば花が撮りたいとか、虫が捕りたいとかそういう直接的な欲求が芽生えたというのではなくて、俺も欲しい的な何とも主体的でない欲求という、何ともたちの悪いもので。(大笑)
そこで、自らのその主体的でない欲求を抑えるだけの、理性を持ち合わせているわけでもないのだ。(^^ゞ

まあ、相変わらずめんどくさい話を並べて恐縮なのだが、要はマクロレンズを買っちゃいましたっていう話しですが、お付き合い頂いてありがとうございます。(笑)
事実として、ここでそれを報告するという行為自体も、その購入動機の一つだったりするのだ。

実際このマクロレンズの購入で、自分の中ではほぼ全ての画角というか距離を網羅することになる(はず)。
あくまでも、APS-Cでね。

当然、フルサイズ移行問題に結論が出た訳でもなく、今回もそれなりに熟考、、、、、というより自分を納得させる行為には結構な時間を割いた。(笑)
フルサイズで得られる効果と、それに対するAPS-Cの限界を整理した上で、今回の判断として、、、、。
①背景のボケ具合は、APS-Cレベルで十分。
②望遠系は、もしフルサイズを購入したとしても引き続きAPS-Cで十分、いやむしろその方が好都合。
③そうなると、必要となるのは標準から広角にかけての領域。
④そのうち、超広角に関しては、もうAPS-C用のレンズを買っちゃったからまあそれで良い。
⑤となると、フルサイズが必要なのは、標準領域のズームもしくは単焦点。それに加えてマクロ。
⑥ここで、マクロが出てきたのがややこしいが、上記のようにマクロに対してそんなに大きな欲求がある訳ではない。
⑦そこで、もう一度整理すると、結局フルサイズが欲しいのは標準領域のみということになる。
⑧①でいきなり、ボケは十分と書いておきながらなんだが、要はそれ以外のフルサイズの長所である、解像度と暗所対応、ここらが捨てがたいということ。
⑨特に、たまに星を撮影(これとて、撮影に暗所に赴いてなんてレベルでなく、お手軽撮影なのだが。)するとき、どうしてもAPS-Cではその限界が足かせになる可能性がある。(その前に解決すべき、ピントだとか露出の設定だとかそういうそれ以前の問題がそもそも山積しているが。)

というロジックで思考した結果として、星の撮影に本腰で取り組むのなら、その時がフルサイズ移行の時なのだということに今回はなった。
結果として、それ以外の撮影時にも標準領域で改善が期待できる。
まあ、逆にいえば、最新機能云々ではないから、中古で十分な領域。
ただし、標準領域の結構いいズームレンズとの組み合わせは必須ということにもなる。

ここまで、読んで頂いてありがとうございます。m(__)m

s-191130-002.jpg


結果、EOS Kissのダブルズームの2本も併せて、
   SIGMA DG 50-500mm 1:4.5-6.3 APO HSM
   Canon EF-S 55-250mm 1:4-5.6 IS
   SIGMA DC 17-70mm 1:2.8-4 MACRO HSM
   Canon EF-S 18-55mm
   Canon EF 50mm 1:1.8 II
   SIGMA 8-16mm 1:4.5-5.6 HSM
に加え、今回、
   Canon MACRO EF-S 35mm 1:2.8 IS STM
の、計7本。

これで、沼は遂に終焉を迎え、少なくとも片足は硬い大地に降ろした。
フルサイズ問題は、沼とは別の領域なのだ。

で、とりあえず目の前の被写体を探す。

s-191130-021.jpg


確かに、マクロだ。

8805:
いつの間にかこんな数になっていたんですね。これなら全ての画角がカバーできますね。でもきっとこれで終わりにはならないと想像します。沼ですから(笑)。という僕も、いま換算300mmを買おうか悩んでいます。(^ ^)
8806:増えましたね(笑)
マクロ良い写真ですね(⌒‐⌒)
8807:
50-500、重そ~!
2Kgぐらいあるんとちゃいます?
でも、欲しい~(^^♪
8808:
いつの間にやらこんなにレンズが充実してたんですね。
私もトリバンさんと同じような理由で、フルサイズには手を出してません。
レンズは画角としては 18-250 と 11-20 の 2本で今のところ事足りてます。
便利ズームはそういうものと割り切るしかないのかもしれませんが、もう少しカッチリ写るものがあればなあと、思うのはそれくらいです。
8809:
>ヴィーノさん
なんですよね。自分を説得する作業なんですよ。結局。(笑)
でも、それはレンズ沼でなく、CCD沼?
しかも、それは一線を越えるか否かの単純なもので。
でも、その一線の先には新たなる沼が待ち受ける、、、、。(^^ゞ

>老上SSSコーチさん
お久しぶりです。
こつこつとここまで。(笑)

>YAPさん
なんですよね。もう少しカッチリってのの正解がどこにあるのか。
レンズ?F値?それとも、CCDのサイズ?
多分、その前に使いこなしというのがあるんだと、、、。(^^ゞ

>監督さん
そうなんです。重いんです。
かつ、ズームを常に操作しつつ。
1試合で概ね1,500ショットくらい。
これが、子供の試合一日だと、2,000ショットを越える。
いいストレッチでした。(笑)
8811:
最近一眼を棚から出してないです。バッテリーやばいかも。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • たらればと格 (01/18)
  • 月と狐 (01/13)
  • ベランダから見えたもの Vol.2 (01/11)
  • ベランダから見えたもの Vol.1 (01/07)
  • 500×2=1,000 (01/05)
  • 目標のその先 (01/04)
  • 巡航性能の違和感 (01/02)
  • トリバンムービーアワード2019 (12/30)
  • 2019年の5/10 (12/29)
  • 部屋飲みの作法 (12/25)
  • 2020-01 (7)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>